トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

初夏の味

まるで梅雨が間違えてやってきてしまったかのような、
5月のトランシルヴァニア。
晴れの合間に
さっと暗雲がたちこめたかと思うと、
夕立のようにざっと冷たい雨を降らす。

そのせいで、森の中も緑が豊か。
小さなマーガレットの花が、
元気よく白い花びらを広げている。

ICIRIPICIRI34 318

日陰の森のなかに、
白いお花の小道ができた。
馬車の通り道であるため、
ここだけ草が生えにくくなり、
代わりに白い花が姿をあらわした。

ICIRIPICIRI34 324

森のなかは、実に音が豊富である。
鳥たちは、まるで人の姿が目に入らないかのように
大きな声で歌をうたい、
おしゃべりに花を咲かせている。

森までやってきた目的は、
春の味を探すため。
松ぼっくりの赤ちゃんみたいな
緑の小さな実は、
甘く清清しい香りの樹液をたっぷりと含んでいる。

ICIRIPICIRI34 327

それから、ニワトコの花。
甘酸っぱいような香りを放つ、
クリーム色の小さな花の集まり。

この花をレモンと砂糖水につけて、
ジュースを作る習慣がある。
他にたとえようのない、初夏の味。

ICIRIPICIRI34 335

飼い馬がやけに跳ねると思ったら、
前足だけがつながれている。
遠くへ行かないように、
放牧をしているのである。

落ち着きのない子どもに、よく喩えられる。

ICIRIPICIRI34 340

冬は真っ白のソリ場になる、小高い丘。
ここは野生植物の宝庫。

ICIRIPICIRI34 344

緑の茂みのなかに、
ぽつぽつと淡いピンクの花が咲きはじめている。
野ばらの花。

ICIRIPICIRI34 345

黄色いおしべは、
まるで線香花火みたい。
均整のとれた姿かたちと、
淡いやさしい色あいは夢心地にしてくれる。

ICIRIPICIRI34 350

この野ばらの花もあっという間に散りゆき、
やがて秋には、
ビタミンCに富んだ真っ赤な実をつける。

ICIRIPICIRI34 358

町のなかでは
日常が淡々と過ぎてゆくのに、
自然の世界はどうしてこんなにも
変化に富んでいるのだろう。

ビニール袋いっぱいの、
香り豊かな自然のお土産を手に、
家路に着いた。

トランシルヴァニアの初夏の味、
ただいま開花しました。



トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|自然、動物|2010-06-04_06:08|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ニワトコジュースですか、それぞれの場所での日常、いいですね~。
日本ではそろそろ梅酒の時期です。そして梅干作り。 赤いシソの葉も合わせて採れるし。 旬のもの同士を組み合わせて作る食材は無理がなく体にもいい、なんか・・・理屈ではなく この季節には理解できますね。
Re: タイトルなし
恥ずかしながら、
ニワトコという植物が日本にもあることを
初めて知りました。
縄文時代から、
お酒を造ったりしていたそうですね。
花はジュースに、
秋になって黒く熟した実をジャムにします。

日本の梅やシソ、
あの独特のすっぱくて爽やかな香りが懐かしいです。

季節のものを食べる、
当たり前のことですが時間にゆとりがないと
手に入らない贅沢ですね。


春の恵みは冬の縮こまった体を開放してくれるイメージが有りますね。
昨日(というか今日の明け方3時)に出張車が車で出発するのに併せてお弁当を作りましたが、その中にもオオバコとクサフジでおひたしを作っていれました。

野バラの実、コチラではシロップにしてそれを割って飲むのが好きな人多いです。お茶にもしますね。

まつぼっくりの赤ちゃんみたいな実はどうするのですか?
Re: タイトルなし
冬が長ければ長いほど、
春は美しいものなのでしょう。
一度、シベリアの春も体験してみたいです。
野草のお味も、美味しそうですね。

こちらでは、ジャンボツクシというものが
あるのにはびっくりしました。
通常の2、3倍くらいの太さ長さなのですが、
かさをとる手間が省けてよかったです。

モミの緑の実では、
一晩浸して、砂糖で煮てシロップにしました。
私も去年は新芽を使ったのですが、
こちらの方が香りが強くて、
効果があるとか聞きました。
咳止めにも良いといわれます。

いよいよご帰国されるのでしょうか?
お気をつけてください。
ジプシーの子たちと摘んだあの真っ赤なローズヒップの花ですよね。なんとかわいいピンク!
ローズヒップの実を見ると口に含みたい衝動に駆られます。ふふふ。

翼の王国みました。とても素敵な特集でした!刺繍はもちろんですが、お祭りの衣装も印象的でした。いつか本物を見に行きたいです。
Re: タイトルなし
成合さん、お久しぶりです!
野ばらのピンクはなかなかですよね。
こちらに来てから、
いかに野生の植物が美しいかに気がつきました。

本当に、あの秋の日の遠足は
忘れられないね。
子どもたちが握りこぶし
いっぱいに積んだ赤い実、
そのトマトみたいな甘酸っぱい、
濃厚な甘さ。

翼の王国も見てもらえてよかった。
謝肉祭の写真、素敵でしたね。
大酒飲んでお菓子をたらふく食べて、
歌い踊り、冬の象徴を焼き払う・・
昔ながらの
祭りの激しさが残っています。

いつか宮崎の美術館で
トランシルヴァニアの展示できたらいいなあ。