トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

伝統のチカラ

ルーマニアのトランシルヴァニア地方、
カルパチア山脈ぞいに点在する村々。

セーケイと呼ばれる、
ハンガリー人の兵士たちの暮らす地方。
そこから森を越えて南へ下ると、
ドイツ系のザクセン人たちが暮らしていた地域が
広がっている。

アーラパタクはちょうど、
その境にある村である。
中心には、円形屋根のルーマニア正教教会、
そして高台にはハンガリー系のカルバン派教会が
たたずんでいる。

橋をこえて、
小さな通りに入る。
埃っぽい乾いた道には、
放たれた羊たちの茶色がとけこんでいく。

ICIRIPICIRI34 112

ひときわ鮮やかな緑の壁には、
木彫りのチューリップとロゼッタが
光りと影を生んでいる。
木彫り職人のデーネシュ・ジュルジさんの家。

ICIRIPICIRI34 124

夏になると、庭の小さなスペースで
太陽の自然の光りをうけて刺しゅうに励む
奥さんのエニクーさん。

ICIRIPICIRI34 125

ピロシュカおばあさんは、
畑仕事をひとりでこなしながら、
空いた時間には針を持つ。
使い込まれてくたくたになった
古い刺しゅうの図案集を出し、
生地の一目一目に鮮やかな文様を写しとる。

ICIRIPICIRI34 115

橋のこちら側には、
手仕事の伝統が脈々と息づいている。
そして橋をこえると、
村の中心は新しい住人たちのものである。

ICIRIPICIRI34 131

ルーマニアとEUの国旗のたなびく
村の通りを行きかう、馬車。
浅黒い肌のジプシーたち。

ICIRIPICIRI34 141

ハンガリー人、ルーマニア人の
若い人たちは次々と
村を捨てて町へ越していく。
一方、空いた家に移住してくるジプシーたちは、
人口が増えていく一方。

ICIRIPICIRI34 146

伝統にしがみつく古い住民と、
新しい住民。
まさに、今のルーマニアを象徴するような村である。

ICIRIPICIRI34 156

河が流れるように移り変わっていく、
村の風景。
人々の中にまだ生み出すチカラがあるうちに、
その姿を目に留めておかないといけない。



トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-06-11_05:59|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ロバが頑張っていたり、そう言う風景が世界には多いですね。  前に ある国の方に「ロバは何頭いるの?」と聞かれ 戸惑った事があります。
手仕事 素敵ですね。 もうそれは自宅で飾って楽しむ以外 無いのでしょうか?
失って初めて解かる前に何とかしたいですね~。
Re: タイトルなし
昔ながらの農業、牧業の生活があって、
お祭りや手芸や踊り、歌などの娯楽が残っている・・・。
トランシルヴァニアの素晴らしさは、
まさにそこだと思うのに、
それに気づいている人があまりにも少ないのです。

秋には、この町で
展示会+ワークショップを開きたいと思っています。
失って初めて気がつく前に、
なんとかしないとと思いますね。