トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

森の地方への旅-上ラーコシュ村

夏の太陽が照りつける中、
車はセントジュルジの町を北西へと向かった。

この夏の計画は、
トランシルヴァニアに埋もれた美しい村々を巡り、
手仕事の作り手を探し出すこと。

その日は、
同じコヴァスナ県のなかにある
「エルドゥー・ヴィデーク(森の地方)」
を見てまわろうと出発した。

70から80年代にかけて、
社会主義時代のルーマニアでは、
盛んにフォークロア、フォークアートが奨励された。
数多くの良質な民俗学系の書籍に加えて、
刺しゅうや手織りの図案集なども刊行される。

「ウドヴァルヘイ地方の刺しゅう」と題された図案集では、
生地の繊維を数えて針目をすくう
クロスステッチ刺しゅうとは違った、
自由に下図を描くことによって刺しゅうをする
イーラーショシュと呼ばれるタイプのものがある。
今回の目的は、この刺しゅうを探すこと。


広大な森で四方を囲まれたこの地方は、
美しい自然と伝統的な村の暮らしが特徴的。

最近、もともとの持ち主であった
カールノキ家という貴族に返還されたばかりという
ミクローシュヴァールのお屋敷を後にして、
いくつかの小さな村を次々と過ぎていく。
「 ここ辺りの道路がいいのは、
 このカールノキさんのお陰だよ。」と運転手のラツィおじさんが言う。

やがて分かれ道で小さい方へと入ったその途端、
ガタガタと音をたてて、いきなり砂利道に突入した。

真夏の強い日差しで照らされた白っぽい道、
緑の畑が砂埃のなかにぼんやりと見える。
やがて、上ラーコシュ村に到着。

天に向かってまっすぐに伸びた教会の塔と、
かつて要塞であった城砦が
ぐるりとその周囲をかこんでいる。

erdovidek 243

教会の管理人にさっそく中を案内してもらう。
空のように青いセーケイの絵付け家具は、
隣村ヴァルジャシュのもの。

erdovidek 250

村には機織をする女性が何人かいるそうで、
教会の白い壁、空色の家具にあわせて、
赤い星もようがひときわ鮮やか。

erdovidek 252

地元の工芸品で彩られた教会は、
そこで暮らす人々の嗜好を物語っている。

erdovidek 255

聞けば、教会の女性組合では
毎週より集まって手仕事をしているという。
賛美歌カバーにだけ、
小さな赤い刺しゅうが見られた。

felsorakos.jpg

「 機織をする人を探しているんなら、
 そこの廃屋のすぐあとにあるよ。」とアドバイスを受ける。
昔は立派な民家であっただろうその家は、
青々と雑草の巣と化している。

erdovidek 264
 
家の前に現われた、ジプシーの親子。
彼らにかかると、
どうしても廃屋になる運命なのだろうか。

erdovidek 261

門をたたくと、
すぐに人懐こそうなエルジおばさんが
中へと通してくれる。
キッチンを大きく占領しているのは、
古くてがっしりとした機織機。
ちょうど今も、仕事の真っ最中だった。

古着を裂いて長い糸にしたものを、
じゅうたんにする。
トランシルヴァニアのどの家庭にでも見られる、
一番身近な手芸。

erdovidek 268

おけには、カラフルな糸がたくさん転がっている。

erdovidek 266

奥の部屋では、アンティークミシンの上には
手作りのブラウスが載っていた。

erdovidek 276

セーケイのブラウスやシャツには、刺しゅうが見られない。
都市の影響をいち早く受けたため、
刺しゅうの代わりにレースが取り入れられた。
襟のまわりの細やかなギャザーは、
ため息をつくほど美しい。

erdovidek 320

真っ白なエプロンは、手仕事の見せ所。
少女の装いにふさわしく、
真っ赤なバラのつぼみが可憐な印象。

erdovidek 312

古いプリント生地でできたエプロンは、
既婚女性のもの。
「 この結ぶひもに使うウールのリボンが、
もうどこにもないのよね。」
時代の移り変わりで素材が変わることで、
手作りも形を変えることを余儀なくされる。

erdovidek 315

既婚の女性がかぶっていたスカーフ。
髪を隠すことは、女性が既婚であることの証だった。

erdovidek 317

6角形のテーブルには、
赤黒のクロスステッチのテーブルクロス。
こちらは比較的新しいもののよう。

erdovidek 304

壁にかけられた女の子と男の子。
向かい合って、ひそひそとおしゃべりしている。

erdovidek 319

エルジおばさんのお隣さん、
もうひとりのエルジおばさんのところへ。
陽気なおばさんたちの会話がはずみ、
たんすの中から次々に、
セーケイのスカートやエプロン、
手芸品を紐解いて見せてくれる。
「 こういう古いものを全て売ってしまう人もいるけれど、
 私は好きなのよ。」

erdovidek 322

このエルジおばさんは刺しゅうの名人。
セーケイの女性たちは、刺しゅう入りのハンカチを
想う男性に贈っていた。
婚約中には、ズボンのポケットから
刺しゅうのハンカチを垂らしていたそうだ。
愛の贈り物として、刺しゅうは
男女を結びつけるものだった。

erdovidek 335

上ラーコシュの、陽気でやさしい
ふたりのエルジおばさん。
小さな村で手仕事の伝統を守り続けている。

erdovidek 341



トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


*エルジおばさんのアンティーククロスについては、
 もうひとつのブログで紹介しています。
 ICIRI・PICIRIの小さな窓
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-06-20_03:26|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
手芸をする方々のことは 人づてに聞いて行かれるんですか。
気が遠くなるような びっしりの刺繍、凄いですね。
いつも思いますが こう言った手仕事をするのは
かなりの高齢者ばかりですね。
やはり お金に結びつかないと言う理由で 若い人たちは関わらないのでしょうね・・・。
Re: No title
この村にもはじめ降りたって、
道行くおじさんに聞いてみたら、
「ここには、そんなものないよ。」といわれて、
話しているうちに「教会へ行ってみたら。」という流れになりました。

自分が思っていることを相手に正確に伝えるのって、
難しいです。
特に村の人たちは、もうそういうものに
価値がないと思っている人がほとんどですので。

昔とは時間の流れも使い方も違うので、
同じような形で手仕事が残っていくのは難しいと思います。
それでも、何らかの形で収入になれば、
少なくとも故郷を離れなくてすみますし、
刺しゅうも継承されていきます。

それでも、この元気なおばさんたちと出会えて
よかったです。
No title
何から伝えれば良いか
何から聞けば良いのか
迷ってしまうくらい
胸を動かされています。

この手仕事が続かないのは
胸が痛いです。
そう言うことも考えて
個展では、こういった手仕事を
いっぱい詰めたブラウスを
作りたいです。
ますます時間がかかりそうですが
伝統的なものを組み込んだものと
私らしくしたブラウスを。。。

いつも素敵な感動を
ありがとうございます。
今週末から、また頑張ります。
Re: No title
そうなんです、
手仕事がかつての形のまま
残っていかないことも寂しいですし、
地元の手芸が注目されないことも哀しいです。
本当に大切なのは、
ここに住む人たちが培ってきた手芸のかたちを
後に伝えること。
失われてしまってからでは、遅いと思うんです。
そういう意味で、秋の展示会は意味のあるものに
していきたいと思います。

twelveseventeen さんのメッセージ、
きっとその指先から伝わると思います。
どんな言葉よりも雄弁な、
美しい針目というメッセージ。
きっと感動させてくださることと期待しています。

No title
おひさしぶり。ウィーンからです。
この前の記事、幼稚園の子たちが映ってて、この子たちと一緒にあそんだな~と懐かしく見てたよ。
みんな元気にしてるのかな?
ところで私のブログアドレスhttp://ameblo.jp/manamissin/です。
本当にたいしたことは書いていないのであしからず・・・
それから、7月はブダペストに行く予定なんてないよね?
Re: No title
Manamiちゃん、どうもありがとう!
クラスの半分近くの子が
小学校に進むので、寂しくなります。
それでも、またちびっ子たちがやってきて、
息子は年長さんになります。

ブログ訪問させてもらいました。
コンサートで演奏したんだね。凄い!
ウィーンでも活躍しているようす、
嬉しいです。

ウィーンまたは、
ブダペストでも会えたらいいね。
7月かあ、予定を調節してみます。