トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

文様と女性崇拝の美―ルーマニア、ククテニ文明

町の東カルパチア国立博物館というところで、面白い展示があるというので旦那と二人で行ってみることにした。

町の中心の公園に面した小さな建物。
中に入ると、人気のないロビーでふと不安になったが、すぐにチケット係のおばさんが現れた。チケットを求めていると、研究者らしいルーマニア人の男性が現れてきて説明をしてくれることになった。よっぽど暇なのであろう。

考古学はそれほど詳しくないので、退屈な石の道具か土器のかけらを集めたものだろうとあまり期待をしていなかったのだが、中に入ってみて驚いた。

小さな展示室に並べられていたのは、薄茶色の土器というよりも陶器といったほうがよいような大きな壷やスプーン、皿の数々。そのあまりの素晴らしさに目を奪われていると、研究者の説明が続く。

これらククテニ文明は、紀元前4600~3700年にわたって、西はここコバスナ県にあるEROSD(エルーシュド)、中心はヤーシ県にあるCUCUTENI(ククテニ)、東はウクライナにあるTRIPOLJE(トゥリポイェ)までの地域で発展を遂げていた。初期のものはエジプトのピラミッドと同じ頃である。
彼らは農耕民族で、素晴らしい芸術的才能を開花させたが、やがてアジアのほうからやってきた遊牧民族に滅ぼされてしまったと言う。

今はウクライナ、キエフの近くにある、大きな集落の跡の写真も飾ってあった。
現在、いろいろな地方で調査が続いているらしい。

それほど古いものであるにもかかわらず、陶器の上の美しい文様は驚くほどはっきりと鮮明に、その形をとどめている。流れる唐草文様、力強い幾何学模様、洗練されたフォームを見ていると、本当にこの文明の水準がいかに高かったかがよく分かる。
研究者の説明するように、ギリシャ文明のモチーフ、唐草文様の曲線との両方の特徴をククテニ文明の職人は持っているようだ。

Img_2306_convert_20080429231255.jpg

Img_2305_convert_20080429231632.jpg

他にも動物の形や、Wのような不思議な文様、魚のような形など、そのバリエーションの広さに見ていて飽きることはない。

Img_2304_convert_20080429231808.jpg

Img_2309_convert_20080429231038.jpg

Img_2307_convert_20080429231143.jpg

小さな部屋では、立てられた織物のような展示がしてあった。
説明によると、陶器の底に付いた形から、(形としては残っていない)当時の織物の模様などが分かったという。

そして最後の通路の展示では、小さな動物や女性のフィギュアが数多く展示されていた。
現代の美的感覚に通じる、美しいスタイルの女性たち。すっと長い足に、適度な大きさの腰つき、大きすぎない胸部など。

Img_2291_convert_20080429232111.jpg

そして不思議なのは、あちらこちらに穴が開けられていることである。両腕部分、腰の両側、両目、多いときには、顔にも6つほどの穴が開いている。
いったい何に使われていたのだろう?

旦那の推測では、髪をつけていたのではないか、ということ。
日本の美術という本にも載っているが、彫刻に髭や髪の毛の部分に本物をつけていた後が点々とした穴になって残っていることを示した。

面白いことに、遺跡のどこからも人骨は見つからなかった。この民族は、骨を火葬していたのだろう。だからなおさら、この人々に対する興味は深まり、その謎を解く鍵は人間の形の像に託される。

ある写真では女性像が円形に並べられていたので、何かと聞いてみた。
この円形に並んだ女性は、生命の誕生のときを示しているそうだ。
つまり足を閉じた女性の中に一つだけ足を開いたものがあって、そこでいつ妊娠しやすいかが分かるカレンダーだという。
それを聞いて思わず笑ってしまった。

Img_2310_convert_20080429230744.jpg

エジプト人やギリシャ人などのように歴史の表舞台にたった民族ではないが、武器を持たずひっそりと生活を営んでいたこのククテニ文化の担い手たちのことを想い、もっとこの文明に私たちが学ぶべきことも多いのではないかと思った。

ピアツァネアムトという町には、この文明の研究所と博物館があるというので、いつか必ず行ってみたい。

トランシルバニアをあなたの心に・・・
                    クリックをお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




スポンサーサイト

Theme:考古学(国外)
Genre:学問・文化・芸術

comments(0)|trackback(0)|アート|2008-04-29_23:57|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。