トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小バツォン村の水車小屋

まるでおとぎ話の中のような、
小さな村がトランシルヴァニアには存在する。

お菓子の家のような美しい家がきれいに並んでいるわけでもなく、
この小バツォン村は、
その雰囲気そのものが素朴で
とても村らしい。
セーケイ地方の誇る民話研究者
ベネデク・エレクの出身地であるのも納得がいく。

その生家のすぐそばの小川をあがっていくと、
小さな水車小屋があるという話を聞いていた。
まさに、おとぎ話の村にぴったりの風景。

erdovidek 436

気さくなご主人さんに通されて、
うす暗い民家のなかへ。
部屋のどこそこに積み上げられた大きな袋。
小麦粉の粉のせいか、
中の空気もうっすらと白い膜をはったようで、
展示場か何かを見ているかのように
どこか現実味がなかった。

kisbacon.jpg

するとご主人が丁寧に、
水車小屋の仕組みを解説してくださる。
木造の古い仕掛けは、
すべてが何百年と全く変わらない。

erdovidek 374

実際に水車を回して、
小麦粉ができるまでを見せてもらう。
家の脇を通る小川の水を放流すると、
ゆっくりと水車が回りはじめた。

erdovidek 377

先ほどの大きな臼に力が伝わり、
あっという間に、真っ白な粉となって現われた。
こちらは家畜用の粉なので、
家庭用と比べると粒が粗い。

erdovidek 381

ひんやりと冷たい地下室では、
いくつもの大きな歯車が滑るようにして
力を送りつづけている。

erdovidek 388

こちらは屋根裏部屋。
村の民家では大切な貯蔵庫であり、
燻製なども行われる。

瓦からかすかに光りがもれて
神秘的な光景だが、
日中はとてつもなく暑い場所。

erdovidek 396

袋からこぼれた小麦粉がここにも。

erdovidek 397

山がちな地形を生かして、
トランシルヴァニア地方には至る所にあったという水車小屋。
共産主義時代にすべて国有となり、
政権交代後にはそれが持ち主に返されるどころか、
お金で買い取らないといけなかったという。
そのため、残ったものは数少ない。

この粉挽き場のすぐとなりの扉の向こうは、
ご主人のお母さんの住まい。

erdovidek 384

窓際に置かれた、小さな機織機。
エテルカおばあさんのアトリエはここ。

erdovidek 403

赤と黒の縞もようは、
セーケイ人の民族衣装のスカートに使われる。
きめの細かく整った織り目。

erdovidek 404

美しい発色の赤は、
トランシルヴァニアのハンガリー人にとって憧れの色。
長い冬を暖かく過ごすために、
うす暗い民家を少しでも明るくするために、
必要不可欠な色だったのだろう。

erdovidek 421

エテルカおばあさんは、
水車小屋の仕事や畑仕事の合間をぬって、
針仕事や機織をつづけてきた。
今は孫娘さんに、
その技術を教えているという。

erdovidek 411

チャキチャキと
いつも忙しそうに小走りで動く、
元気のいいおばあさん。

「 ちょっと、お待ちなさい。
 帰る前に、これを味見していきなさい。」と
手には大きなボールをかかえて。

erdovidek 425

エテルカおばあさん特製の、
霜降りロールクッキーを一つつまんで頬張る。
すっと口の中でとけていく
軽い歯ざわり、そのやさしい甘さ。
こんなに美味しいクッキーは久しぶりだ。

erdovidek 429

水車小屋で挽かれた小麦粉と、
村の新鮮な卵やジャムでできたから。
そして、あのエテルカおばあさんの
熟練の手で作られたから。

「 いつかは、あのイギリスの誰かがやって来られてね。
 このクッキーを召し上がっていかれたわ。
 ミクローシュバールのご主人さんもいっしょだったわ。」

erdovidek 427

おばあさんが小走りで部屋から
写真を持ってきた。
どこかで見たことのある顔・・・。

erdovidek 430

チャールズ皇太子は、
トランシルヴァニア出身の貴族カールノキ家と仲が良く、
たびたびこの地を訪れるそうだ。

erdovidek 431

もう一枚の写真は、
同じ霜降りクッキーを召し上がっているところだった。

そして小さな小箱を贈られたという。
イギリスの皇室からのプレゼントは、
水車小屋を守りつづけた一家への勲章なのだろう。

erdovidek 435

トランシルヴァニアのおとぎの村には
水車小屋があり、今でも
おばあさんが孫たちとなかよく
機織りをしているということです。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-06-29_09:06|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
英国王室からお客様、すごいですね~。
水車小屋、懐かしいです。
実家のそばに 昔 水車があって
実際に使っていました。

つい最近、東京都の中に麦畑を持って
麦を作り、粉挽き場まであって
そこで挽いた粉でうどんやクッキーを
作るひとがいるのを知りました。
これは全くの趣味ですが
昔、普通にあったものを捨ててしまった今、
その大切さに気付くことが何と多いことか。
Re: No title
霧のまちさん、水車を見て
育ってこられたのですね。
私は初めて水車小屋を見たので、
感激しました。

イギリスの作家エレナー・ファージョンの作品のなかで、
夢の水車場というお話があるのですが、
そのイメージもあって想像力をかきたてられます。
水車小屋から出ずに育ち、
空想しながら育った少女の話です。

昔は、きっと日本にもたくさんあったのでしょうね。
失って初めて気づく前に
こういう素晴らしい遺産を大切にしてほしいです。

No title
はい、水車は当時の日本にはたくさんあったようです。
昭和30年代でしょうか。笑
tulipanさんの描かれたものより もっと単純な作りの
水車です。 直径15cmほどの木の柱が上下するだけで
窪みの中のものが挽けるんです。
主として 玄米を挽いて白米にしていましたよ。
幼い頃、母に連れられて行き、よく覚えています。
Re: No title
そうなんですか!
昭和30年代・・・
その頃の日本へ行ってみたいです。

そういえば、ダンナが大分の陶芸村で
そんな水車を見たといっていました。
餅をつくみたいに、上から棒のようなものが下りてくるんですよね。

昔は当たり前だった風景が、
いかに美しいか・・・。
馬車だったり、水車だったり、つるべの井戸だったり。
そういったものに接していないから、
こんなに新鮮なのでしょうか。
息子には、そういったものを経験させてあげられて
よかったと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。