トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

旅のはじめに

旅に出るということは、
自分の殻をひとつ破って
外の世界へ飛び出すこと。
そこでは世界に対する好奇心がすべてのようだが、
実は自分の内面と向き合うことでもある。

旅をライフワークとする長年の友人がやってきて、
ふたり旅に出ることになった。
身が凍えるような夜行電車にゆられ、
向かった先はクルージ・ナポカ。
ここは、大学時代に忘れえぬ半年を過ごした町。
町はあれから大きく膨れ上がり、
今の私には大都会のように思える。

これから、北にあるゲルレの町へ向かう。
町のはずれからバスに乗ると、
「ねえ、あなた。もしかして・・・。」と後ろから声がかかった。
やさしい黒い瞳の彼女は、
大学時代に同級生だったマグディだった。
「 声ですぐに分かったわ。懐かしい!」

彼女と会うのは、
かれこれ8年ほどになる。
彼女の実家にも何度か遊びにいき
あれだけ仲良くしていたのに、
卒業以来、すっかり連絡も途絶えていた。

彼女はあれから、
民俗学者カッローシュ・ゾルターンの設立した基金で
働いていると話は聞いていた。

「 私の仕事は事務なんだけれど、
 そこの寮では、近隣の村から子どもたちを集めて教育することを
 目的にしているの。」

「 子どもを親から離して・・と非難する人もいるけれど、
 いろいろな家庭の事情で、弱い立場にいる子どもたちを
 良い環境で育てることを目的としているのよ。」

彼女は、昔ながらの優しい声で、
そして強く思いをこめて、
子どもたちがどんなに変わっていったか、
どれだけその寮が心の頼みとなっているかを語った。

「 今日からハンガリーの子どもたちがやってきて、
 サマーキャンプが始まるの。100人以上もだから、大変よ。
 雨が降らないことを願うばかりだわ。」

やがてバスはヴァーラスウートに止まり、
彼女は手をふり降りていった。

私はたった一人の子どもを育て、
その間、彼女はたくさんの子どもたちと日々接し、
世に送り出している。
それからもバスの中、
思いは10年前の学生時代を駆け巡っていた。

やがてバスは、小都市ゲルレに到着した。
セーク行きのバスが来るまで、
町を散策する時間がありそうだ。

町の中心の広場には、
真っ白いカトリック教会がそびえ立つ。

SzekesKalotaszeg 001

今日は日曜日。
ちょうど中では、ミサの合唱がこだましていた。

町のハンガリー名は、サモシュ・ウーイヴァール。
「サモシュ川の新しい城」という意味。
かつてはアルメニア人が移住してきて、
カトリック教会を中心に栄えた町だった。

トランシルヴァニアには
アルメニア人の多く住む町がいくつかあるが、
ほとんどはハンガリー人に同化していった。
ユダヤ人と同様に、商業を主として栄えた民族であったらしい。
私のダンナのお祖母さんの系統も、アルメニア系だという。

SzekesKalotaszeg 002

日曜日の静かな町並み。
馬車通行可の標識が、
のどかなトランシルヴァニアを象徴する。

SzekesKalotaszeg 004

バスの乗車まで時間があるので、
トイレを借りがてら、お茶を一杯のむことにする。
戸口の小さな、寂れたバーに入った。

エメラルド・グリーンの壁に、
酒のボトルが並んだカウンター、
目の縁を黒く染めた若い女性が支給する。

SzekesKalotaszeg 013

「こんな町まで何をしに来たの?」と不思議そうに尋ねられる。
かつての共産主義の名残をたたえる飾りに
目が釘付けになった。

SzekesKalotaszeg 006

日曜の昼どきに、
一人で飲んでいるおじいさん。
額縁に飾られているのはヌード写真なのに、
雰囲気のあるインテリアの中では
古い油絵のように錯覚される。

SzekesKalotaszeg 011

甘ったるいホット・チョコレートをひとすすりしてから、
バス乗り場へと向かった。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2010-07-12_09:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

アルメニア
あっちこっち飛び飛びでコメントいれてスミマセン。トランシルヴァニアにもアルメニア系の人がいたんですね。22、3才の頃にセルゲイ・パラジャーノフ(パラジャニアン)の映画を見て以来、
カフカス地方の文化にも興味を持っていました。ダンナがイランで仕事してたりもあって、中東にも多数暮らしている話は聞いていましたが、ヨーロッパ全土にいるんでしょうね。最近パラジャーノフのDVDを買おうか、迷っているところです。
私が東欧の文化に興味を持ったのは、自分の出自と関わりがあるのですが、私の父方の祖父は白系ロシアの血を引いていたそうです。子供の頃から祖父の眼が緑色してたのを不思議に思っていたのですが、生前は「黙っとけ」という聞いてはいけない雰囲気で、祖父の死後かなりたってから父から聞きました。白系ロシアといってもイコールロシア・スラブ民族ではなく、祖父は何も言わずに他界したので、調べるすべもないのですが、、。多分時代的に隠しておきたかったんでしょうね。以来何か自分にビビッとくるものを探しているのかもしれません。私事を長々と失礼しました。
Re: アルメニア
yuccalinaさん、アルメニア人はヨーロッパ各地の町に住み、
ユダヤ人のように商人をしていた人が多かったと聞いています。
ヨーロッパで始めてキリスト教を国教としたのが、アルメニアのようですね。

ここトランシルヴァニア地方ではいろいろな民族が暮らしていましたが、
同化したり亡命したりして、その豊かな多様性がなくなっていったのは残念なことです。
セルゲイ・パラジャーノフの映画、私も探してみます。

日本人も古代にはいろいろな出自があって混血しているはずなのに、あまり分からないのが残念ですね。
お祖父さまがヨーロッパの血を引いていらっしゃるとのこと、ちょうど戦争の時代でいろいろな思いをされたのかもしれません。白系ロシアがイコールスラブ系というわけではないのですね。
ロシアは広大で、他民族を抱えて、さまざまな文化があって・・・。世界は広くて、知らないことが多いとつくづく思います。