トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

森のふもとの小さな村-ヘルマーニ

ミルク色のふかい霧が
辺りをすっぽりと覆っている中、
バスを下車した。
朝9時前なのに、
太陽の光りは十分に届いてこない。

大バツォン村から小バツォン村までの、
小さな田舎道をゆく。
朝露にしっとりと濡れて輝く、原っぱ。
よく見ると、
細やかな真珠のように
水滴がくもの巣を飾り立てている。

Kisbacon 083

徐々に霧が晴れてゆき、
村の赤い屋根瓦や
遠くの畑などが少しずつ浮かび上がってくる。
神秘的な朝の景色に、
心が洗われるようだ。

太陽の光りを背に受けて、また出発。

Kisbacon 084

黄色と紫の野の花が、
まだら模様に緑のわき道を染めている。

Kisbacon 100


上り坂をあがりきったところで、
ふもとに村が姿を現した。
野原の上に腰を下ろして、
食べ物を広げる。
新鮮な朝の風景をおかずに、
皆で朝ごはん。

Kisbacon 119

今年はあいつづく雨のせいで、
麦の刈り取りが遅れているようだ。

Kisbacon 106

ひとふさ折って、
丁寧に皮をはがしてから、
一粒を口にいれる。
粉っぽいが、ほんのりと甘くて、
香ばしい麦の味。

Kisbacon 111

小バツォン村に着いた。
すでに太陽は高く上って、
背中をじりじりと照りつけている。

普段は小川の流れる音がさわやかな村も、
連日の雨で水量が増し、
川岸にはたくさんのゴミが流れついていた。

農業、畜産で生計を立てる村の人たちは、
水の氾濫が心配でならない様子。

Kisbacon 128

ダンナの学生時代の友人を訪ねる。
なんの連絡もなしに
ひょっこりと訪ねても、
自然なおもてなししてくれるのが凄いところ。
庭のテーブルの上になっている、
サワーチェリーを器いっぱいに盛ってくれた。

ふだん出稼ぎに行っている父親に代わって、
サビは町の高校で美術教師をしながら、
週末には畑仕事をしに村に帰る。
今のルーマニアで、こんな風に
村の生活を受け入れる若者はなかなか珍しい。

Kisbacon 194

ちょうど帰省中の姪っ子さんたちとも、
すぐに仲良しに。
子どもたちの手にかかったら最後、
大切な農耕器具も遊び道具になってしまう。

Kisbacon 330

「 先の村に行くのなら、
湧き水を汲んでいくといいよ。
この辺りでも最高の水なんだ。」
と勧められたのは、村からずいぶんと離れた水汲み場。

ここ「森の地方」には、
どこの村にも湧き水が出るといっても過言ではない。
ミネラルたっぷりの炭酸水。

森の中の特別な水汲み場は、
一見するとただの池。
それでも目を凝らすと、
底の方からゆっくりと空気の泡が浮かんでくる。
昔はこの炭酸水の池で、
水浴びをしていたという。

ためしに腕をつけてみると、
水の冷たさが骨にまで染みわたるようだ。
しばらくつけておいて、
すっと水から上げる。
皮膚がなんともいえず、心地よい。
冷たさのせいではなくて、
水の成分のせいなのだろうか。

「 冬のマイナス20度もあるときに、
 ここで服を脱いで入る人もいるんだぜ。」
それを聞いただけでも、
鳥肌が立ちそうだ。

Kisbacon 203

ここからは再び徒歩。
隣のヘルマーニは、この地方の最後の村。
その奥には、もう山があるだけである。

ヘルマーニはかつて陶芸が盛んで、
屋根瓦の工場もあったという。
奥まった村であるから骨董業者に目をつけられ、
価値がある古いものは
もうほとんど残っていないという。

Kisbacon 213

土の道がくねくねと曲がりくねり、
細く長く村を貫いている。
野生の犬たちが道を行きかっている。

Kisbacon 226

通りかかりのおじさんに、
ダンナが陶芸家について尋ねている。
町で生活をしながら、
故郷の村にたびたび帰るというおじさんは、
道案内を請け負ってくれた。

どうやら、野犬だと思っていたのはここの犬のようだ。
「 家に入れておいても、
 こんな風にすぐに塀を乗り越えてしまうんだ。」
2m近くはある塀を軽々と乗り越えてしまう。

Kisbacon 237

ひっそりしたこの村には、
あまり若い人がいないようだ。
いくら丈夫で立派な家だとしても、
主人がいなくては家は朽ちてしまう。

Kisbacon 232

門のところに立っていたおじいさん。
「 おいくつですか?」
「 87だよ。」
背筋がピンと張り、しっかりとした声が返ってきた。

hermany2.jpg

村の中心のカルバン派教会。
セーケイの門もどっしりと構えている。

村で見かける若い人や子どもは、
ほとんどがよそから村のはずれに移住してきた
ジプシーたち。
古い住民はハンガリー語を話すが、
彼らはルーマニア語しか話さない。

「 彼らは信心深いようで、
 今のところ問題は起こっていないよ。」

hermany1.jpg

最後の陶芸職人の家は、すでに跡形もなく
何も残っていなかった。

村には、水車小屋が二つもあるという。
今は改装中という部屋の中には、
無造作に道具類があちこちに置かれていた。
珍しい分銅のはかり。

Kisbacon 270

「 石臼は動くんですか?」と尋ねると、
「 もちろんだよ。」と小屋の脇の水路のゲートを上げた。
勢いよくベルト状のひもがすべり出すと、
上から白い粉が吹き出てきた。

Kisbacon 275

屋根裏部屋には、
巨大な歯車が回り続けている。
地の利を生かした、
祖先の知恵の結晶だ。

Kisbacon 284

大きな納屋には、こんなプレートが見られる。
「 神様の助けを借りて、バロー・イムレと
 妻ミクローシュ・エルジェーベトが建設。」
手を取り合う姿が美しい。

Kisbacon 294

「 うちの母さんにも会っていくかい?」
ずっと一緒について来てくれたおじさんが言った。

ブドウのつたが茂った木造の古い家。
そこに85歳になる母親がひとり、
暮らしているという。

Kisbacon 299

まだらに塗られた青い壁。
黒ずんだ古い家具に、刺しゅうやレースなどの
古い布たちが横たわる空間。
白熱灯のオレンジ色の光り・・。

Kisbacon 310

すべてがこの住人にふさわしく、
深みを増すように静かに年を重ねている。
やさしく微笑むおばあさんは、
それだけで十分にその生涯を語っているようだ。

Kisbacon 305

通りには、
ベンチで語り合うお年寄りと
飼い犬の群れが見られる小さな村、ヘルマーニ。
さあ、ひと雨くるまえに帰ろう。

Kisbacon 316






トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-07-28_14:23|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
やはり 老人が多いですね~。
日本の過疎の村と同じですね。
現金収入が無くては暮らせないし、働く場所も。

ここのおばぁちゃんの表情はいいですね。
そして美しくしつらえた室内、突然伺っても
こんなにきれいなのは びっくりです。
Re: No title
いつもどうもありがとうございます。
舗装のされていない道、
町から離れた小さな村なので、
やはりお年寄りが多かったです。

大きく美しい民家からは
かつての生活の跡がしっかりと感じられるのに、
今はこうして廃れていってしまうのは残念です。

博物館を見るよりもずっと確かで、
面白いのはこういう村ですね。
こうした文化の火が消えないように、
何かができるといいのですが・・。

おばあさんがひとり、こんな風に
美しく生活をしているのは感動します。
こんな風に年をとっていけたらいいのですが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。