トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルバニア発セレクトショップ―ICIRI・PICIRI(イツィリ・ピツィリ)

ここトランシルバニア発のセレクトショップがオープンした。
東欧雑貨ICIRI・PICIRI(イツリ・ピツィリ)である。
ICIRI・PICIRIとは、ハンガリー語で「ちっちゃな」という意味である。
どうしてこんな名前にしたかというと・・・
他の人たちにとっては小さなものでも、ある人にとってはとても価値のあるもの、大量生産の品にあれている現代のものの中で、人の手から手へと伝わるそんな価値のもの、手仕事の優しさ、暖かみあるもの・・・そんな小さなものを探して集めてみたからである。

もともとトランシルバニアに惹かれたのも、そんな違う価値観が人々の中に存在することを知ったからであった。私の生まれ育った社会とは違う、もっと自由で、シンプルな生活のあることに気づかされた。

学生時代、ハンガリーの近代芸術、絵画や工芸、建築の面白さはどこにあるのかを追及しているうちに、村に暮らす人々の作り上げた造形文化(フォーク・アート)にあるということを知った。ちょうど100年前のハンガリー人芸術家たちが、ハンガリーよりも民俗文化が純粋に残るトランシルバニアに向かったように、私もそこで生活をしてみた。そして不思議な縁に引き寄せられて、また今もここに来ている。

東欧雑貨ICIRI・PICIRIでは、私が東欧の蚤の市で人々との交わりの中で発見した「小さな美」が数多く見られるだろう。東欧のものだけではない、私と同じようにまた不思議な縁でどこからか引き寄せられたものも見られる。北欧のテキスタル、ドイツの古着、フランスのカーテン・・・

この地の美しい植物の美に目覚めてからは、ヨーロッパの草花のデザインというものに興味を持つようになった。日本では見慣れぬ、不思議な形や色の草花のかずかず・・・きっとデザインの美の謎もこんな所に秘められているのだろう。
これからもその謎を探るため、蚤の市通いをすることになると思う。


ではICIRI・PICIRIをもっと詳しく紹介してみると・・・

1.カーテン
ロングカーテンからカフェカーテンまで大きさもさまざま。
これ一つで、お部屋も東欧色に染まります。きれいな色を損なわないように、後ろに別のカーテンを引くことをお勧めします。ヨーロッパでは、カフェ・カーテンをポールに通して小窓にかけたり、ベッドのそばの壁に飾るのが普通です。
たっぷりとした大きさなので、リメイクや小物作りにもお使いいただけます。

・ポップなお花のロングカーテン
生成りの生地に、大きなお花と小さなお花が可愛らしく配置されています。
のれんや、お部屋の仕切りとしても。

IMG_1648.jpg


・アップル・グリーンの花柄カーテン
新鮮なグリーンの色合い、70年代の雰囲気たっぷりです。

IMG_1647.jpg


・小花のひらひらカーテン
黄色と白の小花柄に、ひらひらのデザイン。乙女チックです。

IMG_1165.jpg


2.タペストリー
壁にかけるデザインのものです。
引っ掛けのないものは、フレームに入れれば風合いが損なわれないと思います。

・北欧クリスマスのオーナメント柄タペストリー
ちょっと季節は早いけれど、このおもちゃのようなデザインは魅力です。
ブルーと白の涼しげな配色。

IMG_1097.jpg


・北欧居間のタペストリー
ほのぼのとした雰囲気がします。お部屋の中に、小さな北欧の居間の空間はいかがでしょう。

IMG_0981.jpg



3.ハードリネンのクロス、タペストリー

素朴なリネンの風合いがそのままに、美しいプリントがされているものをセレクトしました。このハードな質感と色彩の鮮やかさの組み合わせが新鮮です。

・大きなお花のハードリネンクロス
70年代風のポップなデザインと、深いブルーに目をひきつけられました。
長いのでモチーフごとにカットいたします。

IMG_1072.jpg


・アールデコ風チューリップのハードリネンクロス
大きなチューリップが円形に並んでいます。シンプルで直線的なデザインは、20年代に流行したアールデコのそれを思わせます。

IMG_1424.jpg


4.クロス
テーブルクロスからミニクロスまで、テーブルの上にそっと置くと、食卓が優しい色で満たされることでしょう。小さなものは、お塩や砂糖、または花瓶を置いても。
ヨーロッパでは、クリスマス時期にろうそくを立てる場所にひいています。

・FONDUEのクロス
昔の商業ポスターのような、インパクトのあるデザイン。チーズをフォークに突き刺すウシ使いの少年が。スイス製です。

IMG_1323.jpg


5.刺繍
ヨーロッパの家庭で親から子供へと受け継がれてきた遺産です。
昔は地域によって特徴のあるモチーフがありましたが、20世紀の中ごろからは手芸雑誌の台頭とともに流行が生まれ、デザインもより自由なものになりました。
手作りの暖かさを目で、指先で味わってください。

・黄色いお花のクロスステッチ・クロス
うぐいす色の厚手の織り素材に、繊細なクロスステッチが施されています。
花瓶を飾るのにちょうどいいサイズです。

IMG_1222.jpg


・白いカットワークのクロス
薄いコットン素材に、レース模様が作られ、白い糸で刺繍がされています。
透明感のあるクロスですので、暗い色のテーブルに美しく映えることでしょう。

IMG_1012.jpg


6.ファッション雑貨
現代の世の中に氾濫する大量生産ではない、60,70年代のポップなデザインを主にそろえてい ます。今までのスタイルに一つ加わるだけでも、東欧ファッションに早変わりします。

・貝殻バックルのベルト
白いプラスティック製のバックルに、輝く水色のベルトが夏にぴったり。
ジーンズからちらっと見せると、おしゃれです。

IMG_1266_small(1).jpg

IMG_1267_small(1).jpg


・りんご柄のエプロン
カラフルなりんご柄のプリントに、鮮やかな赤のリボンと、フリルがついています。
楽しく料理ができること、請け合いです。

IMG_1195.jpg



東欧雑貨ICIRI・PICIRIの世界をどうぞご覧ください。
logo1_convert_20080502142217.jpg東欧雑貨ICIRI・PICIRI


*メールマガジンにご登録されると、新作情報がすぐに届きます。
これからもどんどんUPしていきますので、よろしくお願いします。
tououzakka_iciripiciri@yahoo.co.jp


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ



スポンサーサイト

Theme:ネットショップ・通販
Genre:趣味・実用

comments(6)|trackback(0)|その他|2008-04-30_15:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

以前は・・・
この前はどうもありがとうございました。

また、コメントを残しに来てください。
こちらこそ、ありがとうございます!
また必ず伺います。

とっても素敵!!!日本人にはない表現なのに、心惹かれるデザイン!
なるみちゃん、ありがとう!
まだHPがうまくできないけれど、がんばります!こんなに素敵なものを見つけて、私自身もとても嬉しいです。早くUPをして、皆様に見せて差し上げたいです。

まだまだ、素敵なデザインものがいっぱいありますよ・・・。
どれも素敵なものばかりだね。
ルーマニアへ行かなくても何か伝わってくるものがあるね。。。
HPは少しずつでも勉強していけば、自分の望むものが作れるようになるからマイペースで頑張ってね☆
ありがとう。
NATSUMIちゃんは、私の先輩だからとても頼りにしています。
コツコツと、気長にがんばります。
ショップの方もまだまだ、これから。

いつもアドバイスをありがとう。
これからも、よろしくね★