トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

小ボロシュニョー村の秋の一日

ある晴れた秋の日。
友人の別荘がある、小ボロシュニョー村へ招かれた。
その週末は、何家族かがあつまって共同で生活をし、
聖書を読んだり、お祈りしたりという
集まりが開かれるという話。

kisborosnyo 002

小さな村のカルバン派教会。
チューリップのもようが美しい、
教会の壁のレリーフ。

kisborosnyo1.jpg

村の中でもひときわ大きいお屋敷。
ここが友人の母方の家である。

kisborosnyo 030

100年ほど前に、
酒造工場を作って富を築いたという。
友人の祖父母の肖像。

kisborosnyo 028

古い家具や食器で飾られた室内。
祖父母の時代そのままに、
部屋の品々は呼吸をつづけている。

kisborosnyo 034

太陽のひかりが差しこむと、
その古い調度品は生き生きと輝きを取り戻す。

kisborosnyo 039

かつての納屋や蒸留工場は、
すっかり色あせてしまった。
こういう奥まった村へは、
若い世代は生活をすることができずに、
別荘として残すのがやっとのこと。

kisborosnyo 049

大家族がそろっての昼食会。
野外で薪を燃やして料理した、
豚肉とキャベツの煮込み。

kisborosnyo 054

広い庭で子供たちは走り回り、
小川でカエルを捕まえたり、
プルーンの木によじ登って食べたりしている。

柵のむこうは、ジプシーの一家が住む。
子供たち同士は相手に興味津々。
素朴な村の生活になじむ彼らは、
柳の枝で弓を作ったり、
小さな弟をバーベル代わりにして体を鍛えている。

kisborosnyo 047

かぼちゃも黄色く色づいてきた。
おいしそうに見えるが、
こちらは飼料用のかぼちゃ。

kisborosnyo 060

村の民家の中をのぞかせてもらう。
水道のない村のキッチンには、
大きなバケツが並んでいる。
ひとつが手洗い用で、もうひとつが飲料用。

kisborosnyo 068

ファル・ベードゥーは、「壁を守るもの」という意味。
飾りであると同時に、
漆喰で固められた壁を傷から守り、
ベッド脇では冷たい壁を暖かくしている。

クロスステッチで刻まれた信仰の心。
「 毎朝、目が覚めるたび、
 神様、あなたを祝福します。」

kisborosnyo 066

くし入れとブラシ入れ。
オンドリとバラのフリーステッチが素朴な味わい。

kisborosnyo 061

村の空き地に、白い雲のように群がる羊たち。
ひとりの老人がじっと佇んでいた。

kisborosnyo 089

やがて秋がすぎ、
この地方に緑が枯れると、
山を越えて、はるか遠くの土地へと
草を求めて旅をする。
厳しい自然に立ち向かい、
時には孤独と闘う羊飼いの姿は、神秘的である。

「 夏の間は孫といっしょに野原にいたんだが、
 もうすぐ学校がはじまるから、帰ってきたんだ。」

kisborosnyo 095

やがて家に帰っていた孫が帰ってきた。

「 将来は羊使いになるよ。
 僕の父さんも、おじいさんもそうだった。」としっかりとした眼差しで語る。
日本でいうと、中学二年生。

kisborosnyo 115

ゆったりとした時間の中で生きる羊使いは、
たびたび木の枝から美しい彫りのステッキを作り出す。
小さなナイフで少しずつ削ったという。
2007年の作品。

kisborosnyo 116

うっかり話し込むと
羊たちが隣の家の庭に入り込んでしまいそうになる。
慌てて少年は追いかけていった。

kisborosnyo 120

秋の光をいっぱいに浴びて、
ゆったりとすごした日曜日。
ダリヤの花も、美しく色づいた。

kisborosnyo 132




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-09-15_04:50|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
またまた素朴な村ですね。壁に掛かった白地の
ししゅうの柄、先日と同じような花の図案ですね。

世界のいろんな国に羊が飼われていますね~。
必然的に 羊飼いがいて・・・。
日本は 基本的に羊のいない国、羊飼いと言うと
何だかおとぎの国の話に聞こえてしまって、可笑しいですね。
Re: No title
この辺りは大分前から、
衣装の習慣などもなくなったところですので、
手芸本で伝わったような刺しゅうしか見られませんでした。

それでも手芸があるのとないのでは、
部屋の雰囲気がぜんぜん違います。
村の民家にはやはり手芸がぴったりと似合うと思います。

羊の放牧が日常で見られるのは、こちらで驚いたことのひとつです。
羊使いはキリストに、
羊たちは信者にたとえられることもあるそうです。