トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

上ドボイの彫刻の森

明け方に降った雨で、
しっとりとした空気が立ちこめる朝。
上ドボイの村へと車で向かった。

まだ眠そうな白いもやの中に、
うっすらと浮かび上がる広大な緑の畑。
ちょうどジャガイモの収穫で、
たくさんの人が駆り出されていた。

野原には、秋を告げる
イヌサフランのうす紫色がちらちらと目に付く。

ラツィおじさんの中古の車は、
大人4人、子供一人の重さでやや沈んでいるようだ。
ドアの隙間から吹いてくる風が、もう冷たく感じられる。

町から車で20分ほど行ったところにある、
なだらかな山のふもとにある村が上ドボイ。
3年越しでゆっくりと進める家作り。

概観は相変わらず屋根がついただけの状態だが、
中はコンクリートで地面が固まり、
だいぶん部屋らしきものが見えてきた。

山の斜面にある上ドボイ村。
家のある土地には、
崖を上ったところにもうひとつの小さな庭がある。
ここでも、イヌサフランの花が出迎えた。

doboly 0sz 002

日光があまり当たらない日陰なので、
透きとおるようなうす紫色の花びらも
ここでは色濃く咲き誇っている。

doboly 0sz 003

女性の仕事は、プルーンを収穫すること。
今年の5月に、たくさんのコフキコガネが飛び交っていた
あの木には、たわわに青黒い実が生っている。

プルーンには、
楕円形で種が外れやすいものと、
円形で種が外れにくく
プラムのように水分が多いものとがある。

細長いものはプルーン団子やジャムに、
円形のものはコンポートにすると良いという。
それでもほとんどは、
トランシルヴァニア名物のプルーン酒に使われる。

doboly 0sz 008

とてもじゃないが、
ひとつひとつ手でもぐことはできない程。
ダンナが木に上って、力いっぱい揺する。
枝が大きくしなって、
しっかり熟れた大きな実が
ボトボトと音を立てて飛んでくる。

doboly 0sz 011

甘いにおいを漂わせたバケツがいっぱいになると、
桶の中へいれ、その中で発酵する。
やがて冬になると、
その果実酒を蒸留させる作業があるそうだ。

近所のヒツジの群れが、やってきた。
向かいの家には、久しぶりに
イロンカおばあさんが帰っている。

doboly 0sz 017

去年足の骨を折って、
ひとりで暮らすことのできなくなったおばあさんは、
娘たちのところを転々としている。

「 私の息子はね、
 30の時にヒツジの群れに出くわして、
 猟犬にほとんどかみ殺されそうになったのよ。」

80を過ぎたおばあさんは、
来客があるたびに悲劇的な話を聞かせるのが常だそうだ。

doboly 0sz 005

ドボイの村には水道はなく、
みな共同の井戸を使っている。
今では珍しいつるべの井戸が、
少しきしんだ音を立てながらも活躍している。

doboly 0sz 024

そもそも、この小さな村に土地を買うきっかけになったのも、
2006年の夏、近くに家を買った友人を訪ねたことだった。
ブダペストの美大を出たあと、
静かな村の生活を選び、この村に越してきた。

doboly 0sz 029

バルニの家は、ちょうど森への入り口。
秋になると、夜な夜なクマが山を降りてくるらしい。
こんな証拠も残っている。

doboly 0sz 025

かつて白い涼しげな花をいっぱいにつけていたアジサイも、
秋とともに美しく朽ちていく。

doboly 0sz 031

入り口の高いところには、
木でできたウサギが立っている。

doboly 0sz 032

彫刻家にとって、
森に囲まれた住まいは理想のアトリエでもある。

doboly 0sz 033

ちょうど作りかけの作品は、
木のトレイ。
農村に残る木彫りの古いテクニック。
大きくカーブを描いた連続模様は、
まるで日本の波の文様のよう。

doboly 0sz 034

入り口の門も、
伝統的な形に習っている。

doboly 0sz 042

最小限の飾りで、
こんなにも美しい。
シンプルかつ素朴な模様。

doboly 0sz 044

十字架のオブジェに刻まれたハート。
これだけで、生命をも感じさせる。

doboly 0sz 050

切り株に何気なくおかれた釘や
雑草の一本でさえ、
アーティストの空間では何か意味ありげに
主張しているようだ。

doboly 0sz 051

部屋のなかに入るとすぐ、
真っ赤なタペストリーと緑の家具が
目に飛び込んできた。

doboly 0sz 036

手作りのベッドにかけられた
ベッドカバーとピロカバー。
そしてタペストリー。

どれも別の村の手芸なのに、
不思議としっくりとなじんでいる。

doboly 0sz 052

まるでアンティーク家具のような、
年季を感じさせる木の味わい。
黒ずんだ木の上をすべるように流れる、
木彫りのモチーフ。

doboly 0sz 053

「 これをコバスナで見つけたときは、
 真っ黒の布だったよ。」

家庭で染色されたデリケートな色彩は、
幾何学模様の鋭いかたちをさらに際立たせている。

doboly 0sz 054

私たちの土地へと導く
もうひとつの入り口には、
柳の木のアーチができていた。

ふたつの木がしっかりと手と手をつなぎあい、
これからだんだんと大きくなっていくのだろう。

doboly 0sz 059

生活をすることとは、
美しいこと。
村で孤高に生きる、
アーティストの丁寧な暮らしを垣間見た。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-09-21_06:42|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
まるで時間が止まったかのような 美しい静かな
村のレポートですね~。
家を建てておられる環境が よく解りました。
理想的なお住まいかと思います。

繊細な自然の移りを しっかり受け止めて観察される
tulipanさんの感性も 素晴らしいです。

黒っぽいプラム、いっぱい生るなんて素敵ですね。
Re: No title
普段の町でのあわただしい生活から、
ひとつ線を引いた村の生活は、
心を落ち着かせてくれます。

一日がプルーンやプラムを拾う作業で
あっという間にくれていきましたが、
まったく疲労させずに、心地よい作業でした。

私たちも友人のように、
丁寧な暮らしを実践できたらと思いますが、
なかなかはじめのうちは、
町の生活からは離れるのが難しいと思います。
徐々に、生活のかたちができてくるといいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。