トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

上ドボイの教会

久々の秋晴れの日和。
抜けるような青空と
惜しげもなく降りそそぐ太陽の光に、
何となく心が弾んでくる。

日本からのお客さまを乗せた車は、
お姑さんの故郷、ツォーファルヴァへ到着した。

ダンナの祖母が今年の春に亡くなり、
主人がいない家となった。
かつては家族が住み、
多くの家畜とともに活気であふれていたこの家も、
だんだんと朽ちるに任せてしまうのだろう。

Arkos2010 012

秋の陽気をさえぎるようなブドウの木陰。
かつてここは、おばあさんのお気に入りの場所だった。
いすに腰掛けて、
通りの往来を眺めるのが楽しみだった。
今でもその姿が目に浮かんでくる。

Arkos2010 013

今や巨大な物置となった納屋の向こうには、
畑が広がっている。
トウモロコシ畑のなかに
鮮やかな黄色を放つ、大きなカボチャを見つけた。
持ち帰って、カボチャのランタンを作ろう。

Arkos2010 002

木曜日にこの町に到着したお客様、
貝戸さんご夫妻は東京での生活に区切りをつけ、
1年間をルーマニアで暮らすためにこちらに来られた。

そのお迎えにいった時、満月の夜に小猫と出会った。
「まるでミルクティーみたいな色。」と由希さんが形容した言葉のように、
ふわふわの毛を持っている。

朝の冷たい空気に身を縮ませ、
由希さんのスカーフのなかにもぐりこんでいる。

Arkos2010 018

ここから車で10分ほどで、
家を建設中の、上ドボイ村に着く。

車が通らず、野犬もいない村では、
ネコもゆっくり散歩ができる。

Arkos2010 019

この日は、お隣さんも久しぶりに村へ帰ってきた。
村のジプシーの人たちも総出で、
プルーン狩りをしている。
時折、雪崩のようなものすごい音とともに、
大量の青い実が落ちてくる。

Arkos2010 034

庭では、ヒツジたちがお食事中。
たまにプルーンの実も食べている。

Arkos2010 033

プルーン狩りをした後は、
ブタの脂身のベーコンを焼いた昼食。
夏はキッチン要らず。

Arkos2010 023

青黒く丸々としたプルーンの実。

Arkos2010 026

村の彫刻家バルニの家で、
古く美しきものを愛で味わう。
洋服デザインをされる哲哉さんは、こう口にした。
「ルーマニアの衣装のなかで、
セーケイの男性の衣装が一番好きです。」

いつか息子に贈っていただいたウールのスリムパンツも、
どこかセーケイのものに似ていた。

Arkos2010 074

山に面した村なので、
坂をひたすらに下っていくと中心に出る。
マロニエの並木の奥に、
真っ白な教会の尖塔が見渡せる。

Arkos2010 036

7年前の夏にもここに来ていた。
初めてこの村にやってきたときのこと。
私たちとバルニは、教会と墓地だけを見て
ドボイの村を後にした。
その時は、3人ともこの村に住むことになろうとは
考えもしなかった。

Arkos2010 060

ドボイの教会には、何か不思議なものを感じる。
うす明るいブルーで一面に塗られた天井とベンチ。
ちょうど太陽ののぼる前、
薄明の空をそのまま染めたような色。

太陽のような照明の飾りと黄金の星,
ダイナミックな幾何学模様がしばし見る者の目を奪う。

Arkos2010 043

教会はもう何年も使われていない。
修復が必要なのだが、資金が集まらず
着工できずに今に至っているという。

跡を継ぐ若者も少ない小さな村では、
このように文化遺産が朽ち果てていく現状が見られる。

Arkos2010 047

どこかナイーブなタッチの水彩画。
この大らかさ、力強さが
村の雰囲気に調和しているようだ。

Arkos2010 045

見事な天井の照明部分。
かつては美しいシャンデリアもあったそうだ。
透かし彫りで装飾され、まるで太陽のように輝かしい。
星の瞬きとともに、空間に神秘性を与えている。

Arkos2010 046

アルミのような鉄板が木と組み合わされて、
太陽の光をあらわしている。

Arkos2010 057

古い木板は、
賛美歌の数字を示しているようだ。

Arkos2010 052

かつては、村人たちの冠婚葬祭の舞台となった教会。
村の共同体が弱まっていくにつれて、
もはやかつての権威はなくなってしまった。

小さな村の人々の暮らしを支えてきた教会が
かつての輝かしい姿を取り戻すように、
これから見守っていきたい。

Arkos2010 039






トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-09-30_06:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
朽ちているけど とても素敵な細工の
教会ですね。
その教会が空き家なら、別の教会で
祈るのでしょうか。
どんなに素敵なものも 時間や 社会の
変化で 必ず退色してしまうものだと
何か…知らされますね・・・。

見事なプルーン、自然だけは元気ですね。
Re: No title
教会の中へ足を運んだのは、
初めて村を訪れてから7年ぶりでした。
それでも、あの神秘的なイメージが
ずっと残っていました。
教会と墓地、
これだけがドボイで見たものだったのですが、
その記憶がずっと残って、友人が引っ越してきたというのは、
凄いことですよね。

今は教会は使われず、
牧師さんの家でミサが行われているようです。

今では昔ほどの意義はありませんが、
村に教会があるということは
人がちゃんと住んでいるということの証のようなもの。
早く修復ができるといいです。

もう村では、
暖房を焚いている頃です。
これから長い冬がはじまります。
初コメ
あるじをなくした家が物悲しくも美しいですね。
なんか不思議な時の流れに、見入ってしまいました。
Re: 初コメ
田中仁さん、初コメントをどうもありがとうございます。

こちらの村の生活は、
家畜がたくさんいて、
初めて本物だという感じがします。

ダンナの祖父母が年をとって、
もう仕事ができなくなったとき、
本当の意味での村の暮らしは終わってしまいました。

教会もやはり同じように、
いくら美しくても、村の人たちが使わなかったら、
この家と同じ。

若い人たちが村で生活していけるように、
村の生活を活性化していってほしいです。