トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ルーマニア人とハンガリー人の飲み屋

3日間にわたるトランシルヴァニアの市では、
決まって飲み屋の屋台が立つ。

古い友人たちが再会を果たす舞台ともなる場所。
朝から晩まで、
人々のおしゃべり、食べ物の匂い、
生演奏のリズムやメロディーでいっぱいに満たされる。

軽快なリズムにつられて、
屋台の外側には自然と人の和ができていた。

何気ない夜の飲み屋の風景が、
一晩空けてとんでもない出来事に変わろうとは、
そのときは誰も知る由がなかった。



こちらは、セーク村からの屋台。
まだ午後をまわったばかりなのに、
すでにお酒が入って、ご機嫌な男たちのコーラスが響いていた。
ヴァイオリンの深い音色と哀愁に満ちたメロディー。







トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(3)|trackback(0)|文化、習慣|2010-10-17_17:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
これぞ哀愁?
おじさんたちが肩組んで歌う光景はなんとも、哀愁というか郷愁というか、いいもんですね。
自分たち、仲間たちの世界ですね。
長い間、苦楽をともにしないと、こんな楽しみ方できないのでしょう。

こんなに、いい雰囲気なのに、この後…。  ……。 ですか…。
Re: これぞ哀愁?
この二つの映像は、
別の日に別のテントで撮影しました。

ルーマニア人の好む音楽と娯楽の雰囲気、
ハンガリー人のものとでまた違うのが面白いです。

ルーマニアの民謡は
底なしに陽気な雰囲気ですし、
ハンガリー民謡には、
独特の哀愁が漂っています。
ちょっとお酒が入って、
こんな風に音楽を共有できるなんて素敵ですよね。