トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

黄金いろの世界

ピリピリと肌を刺す冷たい空気が表一面にたちこめる、
10月の終わり。
秋の風景を探しに、町のはずれへと出かけた。

自宅から徒歩10分ほどで、
手付かずの自然が目の前に広がる。
赤茶色に色を落とした森の木々。

nepviselet2 163

原っぱから、
今度は薄暗い森の中へ。
いつもは薄暗い影の世界のはずが、
今日ばかりは
まばゆい照明に当てられた舞台の上のようだ。

nepviselet2 176

木々は生まれるときと、
散るときと。
ふたつの時期にとびきり美しい表情を見せる。

nepviselet2 178

気がつくと、あたり一面が黄金色の世界。
時間を止めたかのように音も立てず、
ただその色彩をこちらに投げかけている。

nepviselet2 174

フカフカの落ち葉の中に、
何かを見つけたようだ。

nepviselet2 167

三角錐のかたちをしたブナの種。
とげのついたお花のような実から、
生まれ落ちてきた。

薄い皮をはがして口に入れると、
ほのかに甘く香ばしい味がする。

nepviselet2 171

新鮮な落ち葉の合間からは、
新しい生命もすがたを現す。
乳白色にうっすらと紫がかった、
美しいキノコ。

nepviselet2 180

夏に美しさを誇った野の花。
小さな種も雪の中に身を沈めて、
ただじっと次の春を待つ。

nepviselet2 187

真っ赤に色を染めた、ローズヒップ。
触るとまだ固い。
これから霜がおりると中がやわらかくなり、
トマトの味を濃く甘くしたようなペースト状になるそうだ。

nepviselet2 189

ブナの森を出て野原が開けると、
スフントゥ・ゲオルゲの町はもう目の前にあった。

太陽の光ももうだいぶん暖かい、
そろそろ昼を回ったころだ。

nepviselet2 191





トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|自然、動物|2010-10-29_21:27|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
時が止まったような美しい季節です。
黄色い葉がきれいですね。
日本にもまだまだ こんな風景がたくさん
ありますが、立ち止って 気持ちを無にして
眺めてみる…そのゆとりが 少ないかなと
思います。
特に 子供たちにはそう言う時間を
持つことが とても大事かと思うのですが。

私も、振り返って…小さい頃の 何気ない
暮らしの中の季節感を 当時 吸収して
いたんだと 今更ながら思います。
Re: No title
季節は、日常の生活の中で
気がつかないうちに流れすぎていってしまいます。
自然ほど、豊かな娯楽はないと思います。
子供たちも自然の中に
楽しみを見つけて、遊ぶのがいちばん。

昨日は、原っぱにぽつんと立っている木の下で休みましたが、
その実がプロペラみたいになっているんです。
それを揺らすと、小さなプロペラが、
花火のように舞い降りてきました。
子供も大喜びでした。

日本もちょうど紅葉の季節でしょうか。
車で遠くへ出かけなくても、
歩ける距離で秋を見つけるのが
楽しいですね。
ローズヒップのジャム
こんにちは。
過日にお伺いした頃よりもずいぶんと秋づいてきましたね。
心が温まるような真黄色の紅葉が本当に綺麗です。

先日ボガールテルケにて皆でローズヒップのジャムを大量に作りました。
ローズヒップは紅茶に乾燥したものを入れるくらいしか知らなかったのですが、
ジャムにすると甘くて濃厚ですごく美味しいですね。
すぐにひと瓶空いてしまいます。

あと洋梨のような形の黄色い林檎グドゥイのコンポートも作りました。
この時期は冬に向けて皆ピクルスなどの保存食を作るのですね。
町の雑貨屋さんでは瓶が品切れ状態です。

ボガールテルケの教会は残念ながら見れませんでした。
とても美しいのですね。人魚の絵が可愛らしいです。
今度是非見に行きたいと思います。
Re: ローズヒップのジャム
由希さん、
どうもありがとうございます。

この頃は太陽の光もあたたかく、
長く美しい秋が続きますね。
町の中も、色とりどりの落ち葉でいっぱいですが、
森はさらに美しいです。

ボガールテルケでローズヒップジャム作り!
うらやましいです。
ローズヒップは種が多いから、
プレスして液体を出すのが難しいと聞きます。
太陽の光を受けて育った野生の味、
複雑で濃厚。
私も大好きです。

グドゥイはおそらく、
花梨の一種でしょうね。
香りがよくて、これも秋の味ですね。

旬の果物を煮て、コンポートやジャムを作るのは、
まさにトランシルヴァニアらしい
時間のすごし方だと思います。
生活を楽しんでいらっしゃるご様子、
うれしく思います。

12月にぜひ、
雪のつもったセーケイ地方にお越しください。
いっしょにそりをしましょう!
お久しぶりです。
いつも拝見しておりました。
私事ですが、ブログを変更しました。
宜しければ、また遊びに来てください。
また、お邪魔します。
Re: お久しぶりです。
Thomasさん、ご無沙汰してます。
ブログを新しく作られたのですね。
早速拝見させていただきましたが、
美しい花や植物の写真を見ていたら、
森の中を散策しているような気分になりました。

もうこちらも霜がおりましたので、
ベランダの植物を少し部屋のなかへ移しました。
日本から持ってきた枇杷の木は元気に育っています。
いつかここで、ビワの実が食べられるのを
楽しみにしています。