トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

幼稚園がダンスハウスになった日

11月24日、白雪姫幼稚園に
たくさんの子どもたちを乗せたバスが到着した。

この週は「寛容の日」と題して、
町の学校や幼稚園でもさまざまなイベントが催されていた。
息子の前の先生、
ユーリア先生が主催するイベントは、
町のジプシー地区ウルクーの幼稚園児たちを集めて
ダンスパーティをするという新しい試み。

ちいさな子どもたちが一列に並んで入場。
相手の子どもたちというよりは、
珍しい鏡の部屋に興味がひかれるらしい。

Nov.24-en Hofeherke ovodaba megerkezett egy autobusz,
amely gyerekeket elhozta Orkorol.

Ez egy "tolerancia napja" kereteben
rendezett a cigany gyerekekkel valo kozos tanchaza.
Ferenczi Julia ovoneni az otletgazdaja.

tolerancia napja 004

叙情的なジプシー音楽が流れると、
子どもたちは自然と体が動きだす。
大人顔負けのステップとクラップ。

中には恥ずかしいのか、ダンスが好きでないのか、
じっと立ちすくむ子どももいる。
初めての舞台に緊張気味のようす。

Eloszor a cigany gyerekek keztek tancolni
a hagyomanyos cigany notaval.
Egyesek kicsit meg vannak ijedve,
mivel az volt az elso tanc bemutatasuk.

tolerancia napja 010

幼稚園でダンスの時間を受け持っている
アティラ先生が率いて、今度はいっしょにダンスの時間。
「さぁ、円になって。」
それでも初めて対面する子どもたちはぎこちなく、
気がつくと二つの円ができていた。

Az ovodaban tancorakat vezeto Attila bacsival
kezdtek a magyar gyerekek is tancolni.
Eloszor az uj baratoknak kezet nehezen tudtak fogni.

tolerancia napja 047

先生たちの導きで、
やっとひとつの大きな円ができあがった。

Azutan az ovonenik segitsegevel vegul kialakult egy nagy kor.

tolerancia napja 083

手拍子を整えたり、

Tapsoltak.

tolerancia napja 039

くるくると回ったり。
ちいさな体が、音楽のリズムを正確に刻む。

Korbe forogtak.
Ugyesen mozognak a kis testek a zenevel.

tolerancia napja 034

「今度は一列になって。」
40人ほどの子どもたちが、ヘビのように長い長い列になる。

Azutan hosszu sort alakitottak,
kb.40 gyerekbol allt.

tolerancia napja 100

相手の方に手を回して、
リズムを取りながらぐるぐると周る。
ハンガリー人の子どももジプシーの子どもも、
もうこうなれば
誰がどこにいるのか分からない。

Egymasnak a vallat fogva jartak korbe.
Mar nem latszik a hatar ketto gyerek csoport kozt.

tolerancia napja 104

今度はコウノトリとカエルのゲームがはじまる。
「子どもたちはカエルで、先生はコウノトリ。
 教室の端から端まで、うまく逃げられたら勝ち。」
真剣な顔でルールを聞いている。

Azutan a golya es bekas jatek kovetkezett.

tolerancia napja 118

カエルの子はカエル飛びで進み、
コウノトリは片足飛びで相手をつかまえる。

A beka gyerekek gugorva atugoltak.
A gokyanak pedig fellabon kellett megfognia a bekakat.

tolerancia napja 124

ゲームが白熱すると、
子どもたちの楽しそうな笑い声が、
教室いっぱいに響いた。

Nagy kacagas betelte a kis tornatermet.

tolerancia napja 136

「はじめはゆっくり・・・。
 早く、早く、早く!」
足踏みがやがて駆け足に変わると、
子どもたちも大興奮。
見ているこちらまで、汗ばんでくるほど。

Eloszor lassan, azutan egyre gyorsabban!
Egy helyen szaladtak a gyerekek.
Mar en is kezdtem megizzadni...

tolerancia napja 138

長いダンスの時間が終わり、
ふと隣のジプシー少女に尋ねてみた。
「ねえ、楽しかった?」
彼女の顔がやさしくほころび、
幸せそうな笑顔でいっぱいになった。
この笑顔で分かる。

町のハンガリー人とジプシー。
同じ言葉を話すのに、見えない壁をはさんで生活している。
子どもたちのダンスパーティで、
ちいさな一歩を踏み出した。

彼らが大人になるころには、
もっと距離が近づくかもしれない。
また手をとり踊る日が来ることを願って・・。

A hosszu rendezmeny vegen
megkerdeztem egyik cigany kislanyt,
hogy jo volt-e a tanc.
A lany arca rogton bevalt kedves mosollya.
Mar latom, hogy mennyire nagy sikere volt a rendezmenynek.

Sepsiszentgyorgyon a magyarok es a ciganyok
meg mindig latohatatlan falon osztva elnek.
Ez volt a kis lepes az egyuttelesehez.

Lehet, majd az a tavolsag egyre kisebb lesz,
amikor ezek a gyerekek nagyok lesznek.
Remelem, hogy meg lesz lehetoseguk tancolhatnak egutt..

tolerancia napja 154

その日のダンスパーティの一場面を、
どうぞご覧ください。

Ez egy kozostanc jelenet.






トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2010-11-30_19:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
すばらしいですね。ジプシーの子供と現地の子供たちが楽しくく同じ時間を一緒に過ごすなんて。本当に子供には国境や人種の壁なんて存在しないわけですからね。
ところでお住まいの町はハンガリー人の町ですか?とすれば言葉は当然ハンガリー語ですよね?ルーマニア語も町では話されているのですか?
子供たちは一般的にバイリンガルですか?このダンスパーティーでは先生はどちらの言葉で話しているのですか?ジプシーの子供たちもそれぞれの言葉が理解できますか?
私はアメリカに住んでいますが、5歳の子供は日本語とルーマニア語が話せます。
私自身は京都の出身で行ったり来たりしています。ついでにお住まいの町の名前を教えてください。それではよろしく
No title
そちらでは ジプシーの子供たちとの交流が
課題なんですね。
大人たちは どのように感じているのでしょう。
こうのとりが出て来る辺り・・・面白いですね。
ダンス、日本でなら ダンスは もしかしたら
ないのかも…。  絵とか 作ったものを交換とか
ですかね~。
暮らしの中にダンス(踊り)が あまり浸透して
いないですから 思いつかないかも知れません。
Re: No title
mitchさん、はじめまして。
コメントをどうもありがとうございます。

とある新聞記者の方とジプシーの問題についてをお話したとき、
ジプシーの子どもとの交流を深めるのは
親が好まないので難しいと話していました。
それでも、幼稚園の先生の熱心な気持ちが伝わったのでしょう。
ちいさな交流ですが、大きな一歩だと思います。

私が住んでいるのは、
コヴァスナ県のスフントゥ・ゲオルゲという小都市です。
人口の70%近くがハンガリー系ですので、
日常生活でルーマニア語を使うことは余りありません。

幼稚園から高校まで、
ルーマニア語のクラスとハンガリー語のものと分かれています。
このクラスは、みんなハンガリー語が母語ですので、
小さい子どもたちはまだルーマニア語はできません。
どちらかというと、
日本で英語を義務教育として勉強するような感覚です。

ジプシーも場所によって母語が違うのですが、
この町のジプシーはハンガリー語を母語としています。

子どもさんにバイリンガル教育をされるのは、
大変ですよね。
うちも家庭ではハンガリー語、日本語ですので、
小学校にあがるとルーマニア語も勉強しますし、
また外国語として英語やその他の言語を・・・と考えると、
ハードルが高くて気の毒ですが、仕方がありません。

「言葉ができればできるほど、
その人の幅も広くなる。」ということわざがあります。
将来そうなるといいと願います。

Re: No title
ダンスは、小さいころから親しんでいますね。
そんなに難しいものではなく、
円になってのお遊戯に似ているかもしれません。

そういえば、
日本のお遊戯と似ているものもあります。
カゴメカゴメや、だるまさんが転んだ、
に遊び方がそっくりなんです。
面白いですね。

普通、町の人間が見るジプシーの姿は、
馬車で移動したり、
ゴミ箱をあさっていたり、
物乞いをしたり・・・。
自分たちが好んでジプシー地区へ行くことはありませんから、
近いのに、とても遠い存在です。

大人によっては、
ジプシーの子どもと遊んでほしくないという考えの方も
少なからずいると思います。
ですから、先生がどのように親御さんを
説得されたのか、凄いと思いました。

ユーリア先生は、
春にはジプシーの子どもたちといっしょに
遠足へいくことも考えているそうです。
こんな風に少しずつ、
何かが変わっていくといいと思います。
子供達の笑顔こそ!
この子供達の笑顔こそ世界共通の宝物ですねぇ。
これが、ずっと続くためにはどうすればいいのでしょうか。
真剣にみんな考えてるはずなのに、難しいんでしょうね。

ところで、2月にカンボジアの友人が結婚することになりまして、妻と二人で出席することになりました。ま、うれしいことなのですが、ちょっと、資金が…。
ルーマニアがちょっと遠くなりました。
Re: 子供達の笑顔こそ!
田中さま、いつもどうもありがとうございます。

子どもたちの心が純真だからこそ、
この時期に色々なことを経験させてあげたいです。
本当に可愛い子どもたちの笑顔、
これからも交流をつづけてほしいと切に願います。

カンボジアで結婚式にご参加なされるのですか。
冬に南の国に行かれるなんて、素敵ですね。
ルーマニアが遠くならないように、
ブログでこちらの風景をお送りつづけますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。