トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ヘルマンの城砦教会

その夜、目の前にトランシルヴァニアの地図を広げていた。
日本からのお客さまといっしょに、
こうして地図をのぞきこみ想像をふくらませていると、
知らない世界がまだまだ多いことに気がつく。

「ヘルマンの教会にはもう行きましたか?」
ダンナがたとたどしい日本語で尋ねる。
「そう、そこにずっと行きたいと思っていたんです!」
由希さんがそう言った。
こうして、日曜日の旅の計画はすぐに決まった。


コバスナ県とブラショフ県の境には、ひとつの森がある。
その森について、このような伝説が語り継がれている。

あるところに、ザクセン人の領主がいた。
自分の畑にケシを植えたらどうかと思いつき、
ある日、ハンガリー人の下作人たちを集めてこういった。
「いいかい、この土地にMak(マーク)を植えておくれ。」

ところが、ドイツ語を母語とする領主が言った
Mak(マーク)をMakk(マック)と聞き間違えた下作人たち。
その広大な土地いっぱいに芽が出て、
やがて大きなドングリの木となり、
今ある森が出来あがったという。


その森を越えたところの国道沿いで下車。
大きな家が立ち並ぶ広い道路を、
ひたすらに歩いていくと見えてきた。
まるでお城のような教会。

Hermany 040

中世に西洋と東洋の境であったトランシルヴァニア地方は
激戦区であったために、
このような要塞のかたちをした教会が数多く作られた。
お堀まできれいな形で残っている。

Hermany 041

長い通路を歩いていくと、
門番のおじさんが奥から出てきた。
世界遺産に指定された教会なので、入場料がいる。

Hermany 042

非常事態のためか、
教会の壁には急な階段がたくさん設置されてある。
つるべで水も汲めるようになっているから、
生活がここでされた跡が見て取れる。

Hermany 045

食料貯蔵庫だろうか。
城壁には、小さな部屋があちこちに並んでいる。
崩れた壁には、レンガの赤がむき出しになっていた。

Hermany 046

ザクセン教会には、
冬枯れのの風景が良く似合う。

Hermany 057

教会の敷地内をぐるりと散歩。
古く大きな壁に四方を囲まれていると、
不思議な安心感がある。

Hermany 066

ゴシック式の入り口は、
まさにどっしりとした石の芸術品。
雛を餌付けするペリカンの印は、
教会のシンボルでもある。

Hermany 069

日曜日の昼を過ぎなので、
先ほどまではミサが行われていたに違いない。
この教会は、村に残る100人のザクセン人のためだけには
少し大きすぎる。

Hermany 073

子どもの腰掛けるような小さなベンチ。

Hermany 076

外からの光が差し込んでくる周歩廊。
クロスを描いた天井が、心地よく重なり合っていた。

Hermany 079



やがて私たちは、バスや電車を乗り継いで
プレジメルにきていた。

大きな家が大きな通りに並ぶザクセンの村は、
どこか空虚な感じが漂う。
その大きさのせいなのか、
それとも新しい住民に入れ替わったせいだろうか。

やがて広場に、大きな教会が姿を現した。
アシンメトリーな教会。
戦争で崩れては作り、また崩れては作られた構造は
歴史をおのずと物語っている。

Hermany 096

残念ながら、日曜日は休み。
壁の外を一周することにした。

形の違うひとつひとつの穴は、
姿の見えない敵の目であったともいえる。
時に矢や弾が飛んできたり、
熱湯が注がれたこともあったという。

Hermany 111

すわり心地のよい木の幹で一休み。

Hermany 105

「大きな木を見つけたよ。」
木をぐるりと囲んで、やっと手がつながった。

Hermany 098

雪は降らないものの、
身を凍らすような
冷たい風が容赦なく吹き付けてくる。
足も冷たく、かじかんできた。
厳しい冬の訪れを肌で感じながら、
ひたすら村を歩いて、駅までたどり着いた。

旅には色々なことがついてまわる。
運の良いことも悪いことも。
それをどんな風に楽しめるかが、
その人の旅のスキルでもある。

たとえば、ルーマニアの田舎の駅。
何にもない原っぱにドンとレールだけが置かれた、
この駅もドラマで満ちあふれている。

Hermany 120

やがて帰宅すると、
冷たくなった身体を
あたたかな空気が抱きしめてくれる。
そして温かいスープで、
身体も心もほぐされる。
これがまた、冬の楽しさの醍醐味である。

その日の私たちが、
哲哉さんの筆によってしっかりと記録された。

vasar 022







トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


*Pretzelの由希さんと哲哉さんの
 旅日記はこちらでご覧いただけます。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(7)|trackback(0)|ザクセン地方の村|2010-12-12_05:28|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ヘルマンとプレジメルの要塞教会は以前から訪れてみたいところでした。
ブラショフから近いのになかなか足を運ぶ機会がなかったので
皆で行けて嬉しかったです。

ザクセン人の造った教会は強固で巨大でずっしりとした印象です。
聖子さんも感じられたように要塞のもたらす安心感を味わえました。
さらにヘルマンの教会には様々な機能が備わっていて、
身を守り生活しながら敵と戦った場所なのだと感じさせられました。

それから、久しぶりに描いた水彩画が懐かしく夢中になりました。
日が暮れて、夕食前に自然と始まる図工の時間がとても楽しかったです。
No title
冬枯れの美しい風景ですが そのままでは
寒く寂しすぎ・・・でもtulipanさんの さりげなく
優しい文章で 更に素敵に息をしている感じがします。

いろんな国や世界を見ると 本当に「守る」ことは
一大決心なのだなぁと思いますね。
どこに行っても城壁があるからです。

中世のままのような 朽ちていても美しい
風景にしみじみとしたものを感じます。
Re: No title
由希さん、どうもありがとうございます。

休館の教会を去って
冷たい北風に吹かれたことも、
寂しい村を歩いたことも、
お二人とごいっしょだったので、
それも楽しい思い出です。

お二人といると、
生活している感覚から少し離れて、
私も旅をしている心持になれます。

息子がいちばん楽しんでいましたよ。
絵を描いたり、ボンボンを作ったり・・・
私たちの分まで、遊んでくれてありがとうございました。

次はそり遊びをごいっしょにできますね。
Re: No title
霧のまちさん、いつも
どうもありがとうございます。

あの場所にただ一人で立っていたら、
寒くていたたまれなかったでしょう。
家族や友人たちとのおかげで、
美しい風景に感じられました。

最後の教会から駅までの道は、
それは寒くて、写真すら撮る気持ちになりませんでした。
それでも、その景色は目に焼きついています。
小川沿いにがまの穂がゆれていて、
冬の弱々しい太陽の光がさしていました。

教会は、弱い人々を精神的にも物理的にも守るものだった。
中世の社会で、信仰があれほど強かった理由も
おのずと分かるような気がしますね。

今ヨーロッパを見ると、
色々な壁が取り払われているわけですが、
それだけに何かに守られていない不安感が渦巻いているような
気もしてきます。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
はじめまして

中欧の中世の歴史が好きで、ハンガリーを中心に旅をしておりますギシュクラと申します。

昨年の夏10年ぶりに友人とトランシルバニアを訪れた際に、訪問した要塞教会が紹介されており、思わず見入ってしまいました。

私は晩秋と夏のトランシルバニア、それもそれぞれ10日程度しか知りませんが、ブログを読ませていただくにつけ、本当に魅力的な場所だと思います。

何時かまた、トランシルバニアに残る城や要塞教会を訪問する旅をしてみたいと思います。
Re: No title
ギシュクラさん、はじめまして。
中世の歴史を知っている方なら、
トランシルヴァニアのあちらこちらに
どうしてハンガリー人やザクセン人の村が点在しているのかご存知でしょうし、
そういった文化の跡があちらこちらに見られるのも、
きっと興味深く感じられると思います。

ザクセンの村はもうどこも活気がなく、抜け殻のようになってしまっていますが、
ハンガリー系の村はしっかりと独自の文化を守っています。

世界のあちこちをくまなく旅するのが好きな方もいらっしゃいますが、
私はどちらかというと一つの場所、文化を深く知るほうが好きです。