トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

2011年が明けて

ルーマニアで暮らしてから新年を迎えるのは、
これで3年目となる。
今回の大晦日は、
カルパチア山脈を越えてモルドヴァ地方を目指した。

車窓から眺める風景が、なだらかな平野から
次第に細く険しい山脈へと変わっていく。
広大な畑を有し、がっしりとした家が整然とまとまっていたのが、
狭い土地に家がひしめき合っている風景へと変わっているのに気がついた。

ここはモルドヴァ地方。
山ひとつこえただけで、違う風習を持ち、違う天候の土地の下、
どこか違う顔つきの人たちが暮らしている。

2011年は、旅で始まった。

ursul 016

本年度もどうぞよろしくお願いいたします。





にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|その他|2011-01-03_06:17|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです