トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

大晦日の旅のはじまり

大晦日に面白い冬の習慣があると聞いた。
ルーマニアのモルドヴァ地方では、クマの着ぐるみで踊り、
大騒ぎをして新年を迎えるという。

クマ踊りといえば、
かつて大道芸として本物のクマを仕付け、
ジプシーが各地を周っていたそうだ。
やがて禁止されてどこにも見られなくなったが、
どうやらその習慣の名残のようである。

大晦日は普通、
友人たちとパーティをするのがヨーロッパの慣わしだが、
年に一回の大イベントならそちらを選ぶしかない。


お姑さんに息子を預けて、私たち二人家を出た。
防寒は万全のはずだったが、その日は
とりわけ寒さが厳しかった。
マイナス25度はあるだろうか。

大晦日の早朝5時。
スフントゥ・ゲオルゲから電車が出発した。
電車の中も寒く、上着を脱ぐ必要はなさそうだ。

外は当然、真っ暗闇のはずだが、
そのとき電線とレールが摩擦し、不思議な化学反応が生じた。
エメラルド色した火花が、
真っ白な雪景色をコマ送りに映し出した。
まるで古い映写機から流れる映像を見ているようだ。

足まで届くダウンコート、
厚いセーター、その下の何枚もの洋服の下で、
体が凍えてくるのが分かる。
電車はいつまでたっても、
暖かい風を送ってはこない。
窓からは若干、隙間風すら漏れている。
すでに、旅を選んだことを後悔しはじめた。

やっと1時間ほどで、乗り換えの町へついた。
ミエルクレア・チウクは、
山ひとつこえただけあってさらに寒い。
冷たく湿った空気が外を充満していて、
肌にしっとりとまとわりつく。

乗り換えの電車が来ると、
急いで飛び乗った。
この中は辛うじて、
マイナスには達していなさそうだ。

電車は、これから
カルパチア山脈間のジメシュ地方を
右へ左へとくねりながら進んでいく。

チャーンゴーと呼ばれるエスニック・グループがいる。
元々は、ハンガリー系セーケイ人だったのが、
兵役を逃れるために
山間部の地方へと移り住んでいった。
ジメシュのチャーンゴーと呼ばれる人たちである。

広大な風景を有する風景が、
だんだんと山深くなるにつれて、
谷あいに小さな居住地が点在する風景が見られる。
針葉樹林は青々と茂り、
その上をたっぷりと雪が頂いている。
ここで、やっと朝日が差してきた。

ursul 013

山の合間に、小さく線がなぞられたように小道が見られる。
これは、山から木を運んだ跡なのだそうだ。
山間部のため、耕地も少なく
果物のなる木も生えない。
そこでの厳しい生活がうかがえるようだ。

ジュメシュ・ブックと呼ばれる地方が、
その終わりにある。
ハンガリー人にとっては感慨深い場所である。
というのも、ハンガリー王国1000年の国境と呼ばれる
小高い丘がそびえているからだ。

一年に一度、ハンガリーの首都ブダペストから、
蒸気機関車が16時間かけてここまで走るという。
1919年のトリアノン条約で国が別れてしまった、
トランシルヴァニアのハンガリー系住民にとっては
とりわけノスタルジックな気持ちを駆り立てる。

この山脈をこえると、
いよいよモルドヴァ地方が開けてくる。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村







スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|その他|2011-01-06_07:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント