トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

大晦日のクマ踊り

モルドヴァ地方の小都市についころには、
太陽はもう高く昇っていた。
清々しい青い空、快晴の大晦日。

私たちを運ぶマイクロバスは
やがて県道から大きく横に反れ、
小さな家の並ぶ通りへと入っていく。
ダルマネシュティは地図で見ると町のようであるが、
まるで大きな村のような所。

せっかくの習慣も、ビルやアパートの立ち並ぶ
町中では面白くない。
小さな一軒やがどこまでも続く小道をゆっくりとバスが進み、
私たちの期待も自然と高まってくる。

特に目を引いたのは、木造の門。
半円系のかたちが特徴的だ。

ursul 337

力強い木彫りのモチーフと、ハート型のノブ。
生活の中で使われる芸術品である。

ursul 039

真っ白な氷でスケート場化した道は、
途方もなく長く続いている。
歩いても歩いても、なかなか進まない。
ふとどこからか、
ドンドンドン・・、太鼓の音が小刻みに響いてきた。

目を疑うようだった。
乞食のような男が、
激しく踊り狂う獣たちを引いてやってくる。
子どもたちが真っ白の衣装を着て、
太鼓を叩いていた。

とある家の門の前へ近づいた。
家の主は、家に入れようとはしない。
踊りを見たならば、払ってもらおうと強気な態度で
鉄の入れ物を差し出す乞食風の男。

きっと50年ほど前も、
村を回った大道芸はこんな風だったに違いない。
見たこともない光景なのに、どこか懐かしいものを見るようだった。

ursul 057

やがて連中たちは、
私たちの方へ標的を変えた。
大人熊と子ども熊が必死でアピールをする。
そして、例の男が私たちに献金をうながす。
しばらく迷ったが、財布からありったけの小銭をにぎりしめ、
銀の入れ物の中に投げ入れた。
男は満足したように頷き、先に進んでいった。

ursul 067

何となしに、彼らの後を付いていくと、
またドンドンドン・・・という音。
先の十字路から、色鮮やかな衣装をまとった行列が加わる。
みな、ジプシーの衣装を着ている。

それから、またしばらく行くと、
熊や白い衣装の人からなる行列が・・。
こうして、祭りの行列はだんだんと膨張していくのだ。

気がつくと、私たちは
摩訶不思議なパレードの中に身をおいていた。
行列のために小さな道に渋滞ができる。

ursul 094

こんな小さな熊も引かれていく。

ursul 101

仮面をかぶった輩は、陽気な事この上ない。
とにかく周りの者にちょっかいを出すことに余念がない。
どれも思考を凝らしたファッションばかり。

ursul 184

お化けや魔女、パンク少年に、死神・・。
思い思いに好きな格好をして、年忘れをして楽しむ。
大人も子どもも、老人も。
まるで町中の人が参加しているのではないかと思うほど。

ursul 149

時折、物凄い爆発音が起こる。
巨大な鉄の筒からは、煙がもくもくと上っていた。
自家製の花火も、この日ばかりは警察も目をつぶっている。

ursul 179

やがて一軒の家の庭へ、
熊たちがどっと押し寄せていった。
ネコの額ほどの小さな庭で、ぐるぐると踊りまわる。
異様な熱気で包まれた。

ursul 123

それが終わると、
今度は列の後尾にいた白い衣装の若者たちが中へ。

ursul 124

先ほどの荒々しさとは打って変わって、
今度は儀式か何かのような厳かな身のこなし。
太鼓のリズムと、ホイッスルの高い音がその踊りをさらに高揚させる。

前に3歩、後ろに3歩、それからぐるりと回転。
いたって簡単な同じ動きが、何度も何度も繰り返される。
見ているほうまで、そのリズムの渦の中に引き込まれていくようだ。

ursul 152

音楽と動きがやんで、人々がまた通りで行進をはじめたあとも、
しばらく呆然としてしまう。
これが祭りのひとつのクライマックスだったのだ。

ursul 204

高層アパートが立ち並ぶ中心部にさしかかると、
見物の人だかりが待っていた。
革命かデモ行進か、
とにかく物凄い熱気である。

ursul 211

「町のこの地区から出発するとは、
 あの地区でバスを降りて正解だったね。」などと話していると、
今度は向かいの方からも行列がやってきた。

ursul 259

こちらは正真正銘のジプシー女性たち。
自分たちの民族衣装が、
こんな風にパロディ扱いされてどのような心境なのだろう。

ursul 247

なまはげに似た、羊飼いたち。

ursul 270

物凄い二人に絡まれてしまった。
北極から着たような私と、
リオのカーニバルから出てきたようなお兄さんたち。

ursul 288

汗をびっしょりかきつつも、
なお体を揺らし、祭りの歓喜に酔いしれる人たち。
冬の真っただ中に、
こうして人々は地面を割らんばかりの騒音と、
激しいリズムと踊りの熱狂に身を任せ、
年忘れをするのだ。

ursul 238

雪景色の中を舞う白衣の子どもたちの姿は、
まるで雪の精そのもの。

ursul 309

早朝からの長旅の疲れも、
真冬の寒さも忘れさせてしまうような大晦日の大騒ぎは、
この後も日が暮れるまで続いていた。

ursul 261

新年のカウントダウンを待たずとも、
十分な興奮を味わった大晦日だった。







トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|イベント|2011-01-07_02:49|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
凄い年忘れのイベントですね。
素晴らしい写真で 熱気が伝わりそうです。

日本は 新しい年を迎えることは何故か厳粛ですが
こうした大騒ぎの国も世界には多いみたいですね。

雪の積もった寒そうな風景なのに
大勢の歓声と ハデな衣装で
雪も溶けそうです。

春になるお祭りも かつて書かれていましたね。

で、新年を迎えたら いっぺんに静かに
なってしまうのでしょうか。
Re: No title
霧のまちさん、
ものすごい熱気と活気でした。
この調子ですから、
大晦日までには力尽きてしまうようです。

夜中に町へ出てみたら、
真っ暗で静まり返っていました。
新年を迎えると、
町のいたるところで花火あがりました。
ちょうど橋の上から見たのですが、
四方が見渡せて、きれいでした。

お正月もこの近辺の村では、
熊の踊りが見られましたが、
やはりこの大晦日が素晴らしかったです。

ご記憶していただいたのですね。
そう私の住む地方では
2月に催される謝肉祭にとてもよく似ています。
どれも冬の習慣、
同じような意味を持っているのでしょうね。
No title
チガーニは踊りも押し売り!?するんやね。よくうちに来る、チガーニの寝具の押し売りを思い出しました(笑)。でもこんな素敵なショーを見せてくれるなら、押し売りも悪いものじゃないなと思います。すごいお兄さん二人に挟まれてるね。私の持っているモルドヴァの雰囲気とかけ離れていて親近感!?が持てました。ところでルーマニアって以外にも日本人がたくさん住んでいて驚きました。ブログしている人も多いよね。せいこちゃんの近くに日本人が住んでいなくて寂しいんじゃないかなと思っていたけど、そんなこともなさそう。今年も、トランシルヴァニアでの生活のこと楽しみにしています。
Re: No title
Kちゃん、コメントどうもありがとう。

私の持論ですが、お祭りは
多少無礼なほうが面白いと思います。
みんな激しくからんできて、とっても面白かった。

ジプシーの人は、はじめの方に見ただけで、
後は普通のルーマニア人でした。
それでもジプシーのあの感覚が、
昔の熊踊りの雰囲気を忠実に持っているんだなあと思います。

ルーマニアの日本人は、
ハンガリーに比べるとずいぶん少ないけど、
ここ5、6年で増えてきたと思います。
そうね、近くにいるのはブラショフに在住の日本人の方々だけど、
あまり普段は会うことがないです。
同じように日本語で子育てしている方と知り合えたら
いいのだけれど・・。

今年も韓国からブログを楽しみにしているね。

No title
門構えが日本か中国か?
と思ったら、
秋田のナマハゲ風のものが出てきましたね。
面白かったです^^
Re: No title
こんにちは、thomasさん。
明けましておめでとうございます。

こちらの門は、
東洋的な香りがしますよね。
セーケイの門というハンガリー系のものも、
こんな雰囲気です。

ナマハゲのようなお面は、
謝肉祭で出てくる事が多いのですが、
ここは大晦日のようです。
活気あふれる年収めでした。