トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

上ドボイ村の冬の一日

その村は、うつくしい畑と呼ばれる平野をつっきり、
湖を通りすぎて、さらに東へ進んだところの
山脈のふもとにある。

近隣の村の人こそ知っているが、
知る人ぞ知る、ちいさなちいさな村。

barni sotartoja 001

初めてこの村へ足を踏みいれたのは、学生のときだった。
当時、民俗学部を専攻する私たちと、
美大生のバルニとの三人で、
この近郊をフィールドワークしていた。

ある墓標の形を調査するために、
とある村で撮影をしたあと、
さらに隣村まで歩くことになった。

車もほとんど通らない一本道をゆくと、
幻のように右手の山沿いに教会の尖塔がうっすらと見える。
こんなところに村があったかな、と言いながらも、
その小さな村へ向かって歩き出していた。

私たちを出迎えるように、
緑色の質素な門が立っていた。

barni sotartoja 005

小さなのぼり坂を行くと、
やがて塀に囲まれた教会が見えた。
牧師さんに鍵を開けてもらい、中へと入った。
その古ぼけた色した教会の内部には星や太陽が輝き、
誇りっぽい空気のなかで静かに呼吸をしていた。

私たちは教会の二階に上って、
静かにただ言葉もなく、その教会のなかの世界をながめていた。
「素晴らしいね。」
しばらくの後、誰か一人がこう言った。

barni sotartoja 006

分かれ道には馬の水のみ場があって、
たえず新鮮な水が桶に注いでいる。
ジプシーの男の子ふたりに墓地への道を尋ねると、
「ついてきなよ。」といって道案内をしてくれた。

杉林のなかにある小さな墓地には、
細長い木の墓がたくさん立っていた。
ジプシー少年が言った。
「ねえ、日本人はけんか好きなんだろ?」
私たちは顔を見合わせた。
「テレビでよくやってるんだ。」と目を輝かせて言った。

子どもたちはなおも私たちのそばを離れずにいた。
「俺も日本へ仕事を探しに行きたい。」と話しかけるので、
「日本へ行って、何の仕事をするつもり?」とダンナが聞いた。
「石大工をしにさ。」と当然のように答えた。

上ドボイという村はこんな印象が残っていた。
それから二年後、
友人のバルニが偶然のようにしてこの村に家を買い、
そして三年後には、
彼を訪ねにきた私たちも偶然のように近所に土地を買うことになった。
そして五年後には、
その土地に家を建てることになった。

barni sotartoja 007

私たちの家の入り口には、
かつてあった門を忠実に再現した。

barni sotartoja 010

二年越しで建てている我が家。
窓はついているものの、玄関のドアがまだ見つからない。

barni sotartoja 011

彫刻家のバルニは、ここ上ドボイで暮らしはじめて、
はや4年になる。
杉林を望む庭には、木の彫刻作品が並び、
家の中はいかにも村の民家にふさわしく
フォークアートの素朴なじゅうたんや壁掛けで包まれている。

barni sotartoja 131

公共の彫刻作品やギャラリー用の大作に加え、
門やベッドや棚など、
最近は生活を彩る工芸作品も手がけている。

barni sotartoja 129

手のひらにすっぽりと収まる小さな塩入れは、
白樺の皮を彫ったもの。
黄色っぽい皮が、だんだんと使われていくに従って、
手の脂を吸い、色が茶色味を帯びていく。

もともとは羊飼いが、
放牧の間に丘や山に腰掛けて、
果物ナイフで時間をかけて彫っていった伝統的な品。

ハートやチューリップは土着の民俗モチーフ、
クロス型の小さな棒は古い墓標を形どったもの。

barni sotartoja 039

細かく彫刻された小さな円のスピンドルは、
かつて糸を紡ぐ女性たちの仕事道具だった。
男性が想いの女性のために、
心をこめて美しい模様を彫って贈った。

barni sotartoja 096

村のおばあちゃんが、
リンゴのお菓子を焼くというので家に招かれた。

小さなキッチンに入ると、
薪ストーブのあたたかな空気が顔に吹きかかってきた。
マリシュカおばあさんが、
「家で採れたリンゴがたくさんあるからね。」
と黒い斑点のついた赤や緑のリンゴを
鮮やかな手つきでクルクルとまわして剥いていた。

barni sotartoja 101

小麦粉にベーキングパウダー、卵に砂糖、牛乳、
マーガリン、そして油を少しいれるのがコツだという。
「そうすると、ほろほろと生地がやわらかくなるのよ。」
おしゃべりしながらも、しっかりと生地を練る手は止まらない。

barni sotartoja 103

きれいに剥いたリンゴは、小さく摩りおろして、
ぎゅっと水分を搾りだす。
うすくのばした生地の上にのせる。
「残った汁は、自家製のリンゴジュースよ。」

barni sotartoja 105

リンゴの上にも、砂糖をたっぷりかけて。

barni sotartoja 108

薪のぱちぱちという音と熱が伝わってくる。
ガスオーブンみたいに早くはいかない。
けれども1時間ほどじっくりと焼くから、
出来上がった生地は口の中でほろりと溶ける。
リンゴの甘酸っぱさと、小麦の香ばしさが入り混じって
部屋いっぱいに流れこんできた。

barni sotartoja 109

さあ、出来上がり。
上ドボイの自然が培ったリンゴと、
熟練のおばあさんの手でできた極上のお菓子。

ゆったりと時の流れる村そのもののように、
優しくて甘いお菓子を、ゆっくりと頬張った。

barni sotartoja 128






トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村




*彫刻家エールテシュ・バルナのHPはこちらです。
 Sculpture-Eltes Barna



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(9)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2011-01-23_01:46|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Re: タイトルなし
ゆりちゃん、
ブログを訪問してくれてありがとう!

もう何年前になるかな、
ゆりちゃんたちといっしょにトランシルヴァニアへ行った冬。
あの半年後に、ドボイ村に初めて行ったんです。

冬の寒さも家の暖かさがなお有難く感じられ、
お料理をしたりお菓子を焼いたりが
なお楽しく、大切なことに思われます。

私も3年ここで冬を過ごしてようやく、
寒さ以上に冬の楽しさが感じられるようになりました。
水を汲みに山に出かけた
あの時は、ただ寒いだけで辛かったけど(笑)。

焼きカボチャはあれから、
村のおじいちゃんたちが亡くなってからは、
美味しいものが手に入りません。
ただ焼くだけでホクホクして、
焼き芋や栗のように甘くて美味しかったよね。
秋には、カボチャを砂糖とレモンと煮て
ジャムにしたら美味しかったです。

また遊びに来てね。
夏に宮崎で会いましょう!
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Re: No title
本当に小さな村です。
家作りも本腰を入れたら
半年で出来たのかもしれませんが・・。
ダンナは腰が重く気まぐれなので、
なかなか進みませんでした。

実際に生活をしようと考えると、
やはり難しいものがありますね。
それでもここでは、夏に暮らす別荘を持っている人も多いので、
しばらくは村で息をぬく場所として
使うことになりそうです。

リンゴは小さくて、
でこぼこ、そして野菜のような味がします。
村のお菓子には、
どんなケーキ屋さんも敵わないと思います。
薪オーブンでじっくり焼いたお菓子の味、
忘れられません。



No title
すごいりんごを使ってますね、
青森は、なんて贅沢なことかww
Re: No title
はい、すごい野生的でしょう。
こちらは木になる果実も
放ったらかしです。

りんごというと、
手間隙かけて袋をかぶせたり、
虫を追い払ったりするのかと思いましたが。
収穫も、木を揺らして
落ちたのを取るという感じです。
果物に手をかけて高級なものを作ろうという風潮は
なさそうです。

たまに日本のリンゴも食べたくなります。
茨城も寒いよ!
今朝の茨城は氷点下7度!
そちらとそんなに変わらないですよね、きっと。
でも、景色がまったく違いますねぇ(笑)
日本人ってけんか好き?
そりゃ困った印象です。反省しなくちゃ。
石大工さん、茨城にも沢山いましたが、
NC工作機械の出現で、激変してます。
来ないほうがいいと思います。
きっと、そういう意味ではルーマニアの方が環境は良いと思います。
Re: 茨城も寒いよ!
こんにちは。
日本でも各地で大雪が降っているようですね。
茨城でもそんなに寒いのですか!

こちらは、今朝の気温が-20度でした。
もう町中がスケート場のように
カチカチに凍っています。
この町が、ルーマニア国内で一番気温が低かったようです。

ジプシー少年たちが言っていたのは、
中国のカンフー映画のことだと思います。

日本では石大工は聞かないですよね。
こちらはまだ需要がある仕事のようです。
この子どもたちはもう立派に働いているのかな、
とふと考えました。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです