トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

村のそり遊び

トランシルヴァニアにも真冬の寒波がやってきた。
雪はとめどもなく
あとからあとからと降ってくる。

どんよりとした雲がとたんに消えた朝。
青空とともにやってくるのは、冷たい空気。
雪の積もった後の青空ほど、
寒いものはない。

窓ガラスには、
雪の結晶がそのままに現れる。
氷の刃か、はたまた氷の羽根か。
雪と氷の世界は、不思議で満ちている。

kisborosnyo 093

ブラーガ一家からお誘いがあり、
キャンピングカーに乗って、村へ出かけた。

かつてボティの祖父母が住んでいた、村で一番のお屋敷。
蒸留酒の工場を持っていた、名家である。

kisborosnyo 088

雪の降る日の遊びといえば、ソリ。
ただ滑るだけだから至って簡単な、
子どもにぴったりの遊びだ。
なんて思ったら大間違い。
こちらでは、子どもばかりか大人も夢中になる
ポピュラーなスポーツである。

kisborosnyo 069

プラスティックの塵取りのようなものが、ソリの板。
広い庭を好きなだけ走り回ることができる、
田舎の一軒家ほど子どもにとって理想的な環境はない。

kisborosnyo 075

「ねえ、外でソリをしない?」とエンツィが呼んだ。
子どもたちを引き連れて家の門を出ると、
すぐそこに小高い丘がそびえている。

墓地へとつづく、その丘こそ、
村の格好のソリ場なのだ。
村中の(といって過言でない)子どもたちが、
すでにソリ遊びに夢中になっていた。

kisborosnyo 141

しかし、そのスピードといったら
尋常じゃない。
ソリから投げ出されて大事になりはしないかと、
ハラハラしながら眺めていた。

ソリを3つもつなげてうつぶせになると、
もの凄いスピードが出る。
途中で、道のでこぼこにぶつかりながら、
凄い音を立ててソリが滑っていく。

kisborosnyo 142


ビニールシートで滑ったり、

szankozas3.jpg

長靴で滑ったりという方法もある。

kisborosnyo 125

小さな少女が乗っているのは、
むかし家庭用のシャベルカーに使われていた前の部分。

szan2.jpg

次にはどんな風に滑るのだろうと、
わくわくしながらみんなで見守っている。
不思議と知らないもの同士も、
見えない壁がとけていき、あっという間に友達になっていく。

村の子どもたちの勇敢さに少し圧倒されながらも、
町の子どもたちもその中に混ざって滑りはじめた。
雪が顔にかかっても、気にしない。

szan3.jpg

少しくらいお尻がやぶけても、大丈夫。

kisborosnyo 129

子どもたちが持っているそりは、
ほとんどが手作り。
物がなかった社会主義時代だったからこそ出来た、
生きる工夫が見られる。
そして、既製品よりずっと美しい。

kisborosnyo 121

子どもたちは手袋がカチカチになっても、
靴の中に冷たいものが入ってきても、
もう寒さを忘れて、ただ遊びに没頭している。
立って見物している、こちらが先に凍えてくる。

墓地へとつづく丘へと上ってみる。
山のふもとは、白くもやがかかっていた。

kisborosnyo 146

町のはずれの所有のリンゴ畑で、
いつか子どもたちのお祖母さんが言っていた。
「子どもたちに、幸せな子ども時代を与えられて、
 それだけは良かったと思っているわ。」

二度と返ってこない、子ども時代。
十分に、遊んで遊び尽くしてほしい。
大人に与えられた玩具でしか遊べない都会の子どもたちに比べ、
なんて幸せな子どもたちだろう。

kisborosnyo 148

急降下の坂を前に、
「 どいて!行くよ!」と叫ぶ声がこだまする。
子どもたちの遊びは、まだまだ終わらない。

kisborosnyo 153

芯まで凍えてしまった体をあたためるため、
一足先に家へと帰った。





トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村







スポンサーサイト

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(10)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2011-02-03_00:31|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

神様の贈り物!
こんな、みごとな結晶初めて見ました!
まさに芸術作品ですねぇ!
それにしても、子供達の天国ですね
私も子供のころは竹でソリを作りました
そちらには竹はあまりないのでしょうか?

ところでお聞きしたいのですが、
ブカレストからトランスルバニア方面へ行くには
(楽に行くには)どうしたらいいでしょうか
できれば、寝台列車がいいのですが…
あまり高いと困るのですが…
アバウトな質問ですみません。
さて、月末は気温40度のシェムリアップです(笑)
Re: 神様の贈り物!
田中仁さん、いつもありがとうございます。

雪の結晶は、
植物の押し花かと思うほどの
もっと美しいものも見られますよ。

こちらは竹がないので、
竹のソリ、どんなものか見てみたいものです。
私は九州生まれなので、この雪の遊びは
どれも新鮮です。

ブカレストから、
たとえばトランシルヴァニアのブラショフまでなら、
特急で3時間です。
料金もそう高くないです。
トランシルヴァニアも広いので、
ハンガリー側のオラデアまでなら、
夜行で10時間くらいかかるでしょう。

飛行機もあることにはありますが、
料金がとても高いと聞いています。
おひさりぶり!
ルーマニアは雪景色が美しいね。
でも、大変な話をつ~やんに聞いたことがあるから、
大変なこともあるんだろうね。
私も昔、横浜に住んでたので、かすかな記憶が残ってます。
大樹君、大きくなったね。
すくすくと育ってるようで。
No title
窓に出来るきれいな結晶、以前にも美しいものを
見せて頂きましたね。 感激するほどきれいです。

ソリ遊び 本当に楽しいですよね。
とてもシンプルなプラ製ソリですね。
手作りのソリも ステキです。

私は岐阜県出身で 豪雪地帯ではないけど
20cmくらいは積もっていて 思い思いのもので
滑って遊んでいました。

竹を半分に割ってフシを除いたものが 水を流すホースの
代わりで その周辺に散った水が凍って 周りの葉を
巻き込んで 毎日替わる氷の芸術を眺めに
行ったものです。
何気ないそんなことが 一生の思い出に…。

息子さんも たぶん 素朴な日々がいっぱい蓄積
されて行くことでしょうね。
コメントをありがとう!
なちゅさん、
雪景色のある冬にも
ようやくなれました。
子どもたちにとっては寒さよりも、
楽しい季節のようです。

宮崎の方もいろいろと大変なようだけれど、
生活に影響はありませんか?

大樹も、今年の秋から小学生。
夏に会えるのを楽しみにしているね。
また青島に行きましょう!
Re: No title
霧のまちさん、
子どもたちが工夫をして、
遊びを考える。それは一生の宝ですね。

そういう意味で村の子どもたちは、
本当に逞しく、クレアティブでいいなと思います。
最近は、村にも遊具のある公園を作ろうなんて
動きがこちらでもあるみたいですが、
不要だと思います。

自然の中で工夫をしながら、何かを生み出したり、
遊びを作ったりする方が、
ずっと面白いはずです。

いつか、町の子どもたちのために
村の遊びを体験できるイベントなど
できたらなあと思います。
枯れ草いっぱいの納屋で遊んだり、
馬車に乗ったり、
木に登ったり・・。

こんなに近くに、いい田舎がたくさんあるのに、
まったく触れ合うことなく大人になっていく子どもたちも
たくさんいるのです。
不思議ですね。


そんなに広いの!!??
し、知らなかった…、トランシルバニア地方ってそんなに広いんですか…!日本の関東地方みたいなもんかなと思ってました。
ブラショフまで行って、そこから周遊すれば結構いろんなとこ行けそうですね。なんか現実的になってきました♪
-20度の世界もいいですよねぇ!
でも、そのまえに40度のカンボジアへ(笑)
Re: そんなに広いの!!??
田中さん、おはようございます。
トランシルヴァニアは広い上に、
交通の便がそこまで良くないので、
電車やバスの旅になりますが、
時間をかけてゆっくりの方がおすすめです。

ブラショフ周辺なら、
有名なブラン城もありますし、
ドイツ系の村がありますから城砦教会めぐりなどが
一般的のようです。

私がお勧めするのは、
活気のないドイツ系の村より
(ドイツ系の住民はほとんど80年代に亡命してしまいました)、
あまり知られていない小さな村や小都市です。

この付近ならハンガリー系の町や村がありますし、
少し足を伸ばせば、ルーマニア、ドイツの地方にも行けます。
ルーマニア、ドイツ??
すみませんよくわからないのですが…
ルーマニア、ドイツとドイツ系の村と、どんなふうに区別すれば良いのでしょうか?
私も、あまり知られてない小さな村に特に魅力を感じてます。
有名なところは、観光ガイド見てるだけで十分です(笑)
やっぱ、旅は観光より体験ですよね
現在、ルーマニアの鉄道事情を調べてます。
なかなか、快適な鉄道網があるようですね♪
ドボイも行きたいです!
(が、妻は、わたしゃ無理!と、あいかわらず…(笑))
ルーマニアは一人旅になりそうです。
Re: ルーマニア、ドイツ??
田中さん、分かりにくい
ご説明でご迷惑をおかけしました。

トランシルヴァニア地方は、
場所によりハンガリー人の村、
ルーマニア人の村、
ドイツ系ザクセン人の村・・・と分かれています。
もちろん所によっては、
複数の民族が共存している村もあります。

ザクセン人は80年代に
大部分がドイツに亡命してしまいましたので、
代わりに町や村へルーマニア人、ジプシーが移住してきて、
もともとの雰囲気はあまり残っていません。

たとえばブラショフも、
旧市街はザクセン人、ハンガリー人しか住んでいませんでした。
今ではほとんどがルーマニア人です。
昔のままの雰囲気を残しているのは、教会くらいです。

ドボイはまだ建設中ですが、
いつか完成しましたら
どうぞ遊びにお越しください。