トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアの日本の日

トランシルヴァニアの東端セーケイ地方は、
ハンガリー王国時代から
国境を警備する兵士であったセーケイ人の里として知られています。

郷土を誇る英雄を数多く生んだ、
ここハーロムセーク(現コヴァスナ)県では、
古くから一家で一人の子どもに教育を施して、
大学へ行かせる習慣があったといわれています。

その文化色あふれる地方の精神文化を支えるのが、
町の中心の公園に隣接するボド・ペーテル県立図書館。

konyvtar.jpg
(Foto: Kovaszna megyei tanacs honlapjabol.)

会場は、図書館二階にあるガーボル・アーロン広間。
別名を「青の広間」と呼ばれるこの部屋は、
セーケイの青と名づけられた明るい空色に塗られた壁と、
チューリップやバラ、すずらんなどの花が
セーケイのフォークアートの香りをいっぱいに漂わせています。

「日本人は(どんな)こんな人?」という題のもと、
日本の文化を紹介する半日のイベントが開催されました。

折り紙や書道、生け花の体験ができたり、
日本の浴衣に袖を通してみたり、
日本のわらべ歌を遊びといっしょに学んだり、
日本の神話、昔話の世界を
アートスクールの演劇学科の生徒さんたちが朗読したり、
地元の大学生による芸者についての講演があったり、
60年代の日本映画を見たり・・・。

セーケイ色あふれる空間が、
日本文化とひとつに溶けこんだひと時でした。

Plakat uj copy

*イベントに関する記事はこちらです。
Plusz Portal(トランシルヴァニアハンガリー人のインターネットポータルサイト)

Haromszek(コヴァスナ県地方紙)

Kronika(ルーマニアのハンガリー新聞)

Szekely Hirmondo(コヴァスナ県地方紙)

Sepsiszentgyorgy Polgarmesteri Hivatal
(シェプシセントジュルジ市のHP)




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|イベント|2011-02-25_22:28|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
どうして日本の日があるのですか?
何か特別な理由があるのかな・・・。

そうやって各国の催しをするのでしょうか。
折り紙は 世界に誇れる文化ですね。

前に 驚いたのは、折り紙は現地調達でいいやと、
持って行かなかったら・・・どこの国か忘れましたが
正方形じゃなくて大変だったとか。

日本のように どこにも安価で売ってるのに
どれもきちんと正確な四角 そんな国 どこにも無い!
と レポートされていたことでした。
No title
tulipanさんとお知り合いになって
東欧のハンドメイドだけでなく
その土地の様々な歴史や情報を
知ることが出来て
大変、勉強になります。

セーケイ人、、、ずっと、どんな人?なのか、、、
考えていました。
国境を守る兵士さんだったのですね。
図書館のたたずまいもそれを物語っていますね。

そちらのみなさんの目に映る日本は
どうだったのでしょうか?
日本の凛とした部分が
セーケイの方々を魅了してくれたらなと思います。

tulipanさんを通じて
東欧が私たちに身近になるように
私たち日本人も東欧の方が身近になってくれたらと思います。

本当にお疲れさまでした。。
お手伝いしてくださった方々のお心も
きっと、いらしてくださったみなさんの心に
通じているでしょうね!

そうそう、最後の画像!
とってもステキでした!
おねだりしない私も欲しくなる一枚でした!!!

Re: No title
このイベントのきっかけは、
昨年に博物館で行われたアーラパタクの刺しゅう展でした。

博物館の美術史家の女性と
日本に関するお話を聴衆の前でさせていただいて、
ぜひ博物館で日本の日を・・ということになりました。
それが館長さんの同意が得られず、
図書館に企画をもっていったところ受け入れられたので、
開催に至りました。

折り紙の用紙はそうなんですね!
こちらでもA4の色紙しかなかったので、
カッターで切りそろえました。
千代紙や両面色紙など
日本の紙の種類は豊富ですよね。

主催者側も参加者側もいっしょになって、
楽しんだイベントとなりました。
Re: No title
最後の画像は、ダンナがデザインした
ポスターなんです。
twelveseventeenさんにお褒めいただけて、
とっても嬉しいです。
日本人の目というインパクトはかなり大きいらしく、
こちらでも評判でした。

セーケイは日本で言うと、屯田兵。
つまりお侍さんです。
だから、日本のように男性が強いです(笑)。

イベントでは、日本の音楽、
雅楽や能の音楽、津軽三味線、箏や笛、太鼓などを流しました。
セーケイの花模様の広間に、
日本の凛とした空気がしっかり漂っていたように思われます。

主催者側が楽しんでできたということは、
きっと参加者に伝わっていると願っています。
たくさんの方にこのイベントの続きは・・・
と聞かれたので、嬉しかったです。