トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

旅のはじめに

早朝に出た車が、
クルージナポカの町についたのは昼前だった。

中心の聖ミハーイ教会のある広場から、
ホレア通りをくだって駅へと向かう。
その途中のことだった。

一人の老人の姿が目に留まると、
目が離せなくなった。
えんじ色の革のアップリケと刺しゅうのベストには、
鮮やかな色で刺しゅうがびっしりと施されている。
肩にかけたチェックの織りのかばんは相当年季が入っていて、
鮮やかな色が織り交じったタッセルが揺れている。

maramuresbacsi2.jpg

おじさんの跡を急ぐと、
隣から声をかけた。
「 どちらからですか?」
「 ・・・村だよ。マラムレシュさ。」
おじさんはそう言って一瞬立ち止まると、
またゆっくりとした足取りで歩みをすすめる。

maramuresbacsi1.jpg

10年前は、
クルージナポカの市場の辺りや駅の付近で
こういう民俗衣装をきたおじいさんおばあさんたちを見かけたものだった。

こういう姿が、ヨーロッパ化されグローバル化されていく
ルーマニアの中で、ひとつ、またひとつと消えていくのは
残念なことである。

まだ見ぬマラムレシュをぼんやり思い浮かべながら、
おじいさんの後姿を見送った。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2011-03-28_21:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
マラムレシュ、こちらからは判りませんが、今も
奥まった閉ざされた場所でしょうか。
みやこうせいさんの本の所ですね。

そのヴェストは 最近の量産品ではなく
手仕事の昔ながらの品なんですね。

だとすると もの凄い手の込んだ仕事ですね~。
Re: No title
マラムレシュは、
こういうおじいさんたちが
普通に生活していらっしゃる雰囲気です。
木造教会や木彫りの大きな門が有名です。

もう大分観光化されてしまったかなとも思いますが、
主要都市からの交通の便が悪いところなので、
昔のままの生活がそのままに残っていそうです。
私の町からクルージは電車で7、8時間。
またそこから、電車で8時間近くと聞きます。

革のベストは、
革職人さんが手で刺しゅうをして、
ハサミで切ったアップリケをつけていました。
そういう手の技術がどんどん消えていってしまうことが
残念でなりません。