トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

イーラーショシュのおばあちゃんとの出会い

電車に揺られて、私たちは再びカロタセグ地方に来ていた。

今回の旅の目的は、
イーラーショシュといわれる刺しゅうを探すこと。
太い糸で大らかな曲線を描き、
華やかな植物モチーフが赤や青で描かれるのが特徴だ。
今ではトランシルヴァニアを代表する刺しゅうとして、
誰にでもできる簡単な手芸として広く知られている。

80年代に集大成のような
「カロタセグのイーラーショシュ」という図案集が発行された。
そのため、民俗学研究者の間では
今さらもう研究の余地はないとされている。

それでも、今だからこそ集められる何か、
今の人たちに発信するべき何かが隠されているような気がしてならず、
思い切って今回の旅に踏み切った。


村から村へは交通手段はない。
ヒッチハイクをしたあと、
丘の合間の一本道を通って村を目指した。

やがて、谷あいの小さな村が姿を現した。
カロタセグ地方に特徴的な、透かし彫りの木造建築。
アダムとイブが禁断の実を取って食べているところ。
リンゴの木の上には天使が見下ろしている。

IMG_4590.jpg

アールヌーヴォー調の民家は、
大胆にヘビのようにうねるチューリップが印象的。

IMG_4610.jpg

平日でしかも小春日和だというのに、
村の中はひっそりと静まり返っている。

今回の旅はまったく計画なしだった。
今晩とまるところも決めておらず、
何日滞在するかも決めていない。
できれば、今晩とまるところを探して落ち着きたいものだと考える。

そんな時、ベンチに腰かけたおばあさんが
無邪気な微笑みをこちらに向けていた。
思わず、そちらに話しかけていた。

「 おばあさん、おいくつですか?」
「 さてね・・・31年生まれだけど。」
もうそんなに高齢になると、
数えるのにも嫌気がさすのも当然だ、と心でうなづいた。

IMG_4593.jpg

他愛のない話をしていると、
通りがかりのおばあさんがそっとささやいた。
「 あの人はね、もう頭がダメなのよ。」

その人を見ると、
確かに汚れで顔が黒く、洋服も汚れているようだ。
いったん別れを告げたあと、
しばらく行くとある門の前で止まった。
おばあさんの家のことを一日手伝いながら、
泊めてもらおうかと相談しているところだった。

おばあさんは杖をつきながら、
こちらの方へ歩いてきた。
「 それは、私の家よ。」
「 中を見てもいいですか?」ダンナがそう聞いていた。

部屋へ足を踏み入れて、唖然とした。
締めきった部屋の中では、
暖炉の薪がぼうぼうと熱気を送り、
壁といわず、ベッドも散らかった洋服もすべてが真っ黒だったのだ。

おばあさんの顔も服も真っ黒だったわけが、やっと分かった。
「 これ、煙突が詰まっているんじゃないですか?」
気持ちを落ち着けながら、そう言った。
「 そんなこと、ないわよ。」
おばあさんは不思議とも思わない。

それから、娘二人が遠くの町へ行ってしまい。
ほとんど訪れることもなく、一人きりで暮らしている事が分かった。

IMG_4602.jpg

別れ際に、プレゼント用に買っておいたチョコレートを渡した。
「 ナッツが入っているから、年寄りのおばあさんには良くないんじゃないか。」
とダンナが言うものの、すかさず、
「 チョコレートは何としてでも食べるわ。」とおばあさん。
私たちは顔を見合わせて、微笑んだ。


イーラーショシュとは、
イール(書く、描く)という意味が語源である。
昔から村には図案を描くのが上手な女性がいて、
その人のところへ布を持っていき、伝統図案を描いてもらったという。

「 図案描きの女性は知りませんか?」
道で出会った珍しく若い女性に尋ねると、
「 ブジおばさんなら、こちらよ。」といって案内してくれる。

村の女性の跡について、
家の中へと入ると、小柄なおばあちゃんが出てきた。
「 今朝、起きたときからこんな調子なのよ。」
としわがれ声は今にも消えてしまいそうだ。
「 まあ、中へどうぞ。」

おばあちゃんは、ちょうどカットワークのクロスを刺しているところだった。
目を数えてから、周囲をくるむように刺しゅうして、
その中心をハサミで切り取る。
今、カロタセグではこちらの方が流行のようだ。

valko1.jpg

「 この村では、若い人が少ないんですか?」と尋ねると、
「 そうよ。うちの隣は両方とも空き家だし。
 その向こう側も、やっぱり一人暮らしのおばあさんが住んでいるわ。
 若い人は、この村から出て行くのよ。」とおばあさん。

おばあちゃんの息子さんもずっと町に住んでいて、
たまに村に帰っても農作業はまったく手伝わないという。
「 町に来いと息子は言うけれど、
 私はあんなアパート暮らしなんて我慢できないわ。
 息が詰まってしまう。」

80歳になるブジおばちゃんは、
先ほどのすすだらけのおばあさんとほぼ同年齢。
それに比べて、なんて元気がいいのだろう。
先ほどから、しわがれ声で絶えずおしゃべりをし、
あちらへ動きこちらへ動きとなかなかじっとしていない。

イーラーショシュの図案を描いてほしいと頼むと、
奥の部屋からやっと抱えられるほどの油紙の束をもってきてくれる。
「 図案はいろいろあるからね。
 この中から選ぶといいわ。」

valko3.jpg

ブジおばあちゃんが図案を描きはじめたのは、70年頃だという。
かつて村には、カタおばあさんという有名な図案描きのおばあさんがいた。

「カロタセグのイーラーショシュ」の中でも、こう触れられている。

「 72年の当時、カロタセグで最も高齢で最も活動的だったのが、カタおばあさんである。
 彼女は、もう50年以上もイーラーショシュの図案を描いていた。
 子どもはなく、人生のすべてをこのイーラーショシュ描きに費やし、
 年老いて未亡人になってからも、病気のときにも、それをつづけた。
 彼女のあらゆる喜びと、生きがいのすべてだった。」

亡きカタおばあさんは、自分が受け継いだ図案にかなり執着していたらしい。
作者によると、72,3年ごろにはもう長くはないと思ったのか、
自分の図案を描き写すことをやっと許してくれたという。
それでも、後継者はいなかったとあった。

ところどころ破れかけた薄い紙を、
そっと卓上に広げる。
イーラーショシュは、布に図案が描き写されたその時点で
生命が吹き込まれているに違いない。

「4つの蹄鉄」と名づけられたモチーフ。
蹄鉄は、幸運のシンボルとして親しまれている。

valko4.jpg

「 カタおばさんが亡くなってから、その図案を貸してもらおうとお願いしたのだけど、
 もらえなかったわ。」
図案のひとつひとつに、
おばあちゃんの名前と描かれた年代が青インクで書いてある。
75年というと、カタおばあさんがなくなってから一年後。
村の伝統の火を消さないようにと、彼女が一から採集した図案なのだ。

IMG_4718.jpg

今ではカロタセグ地方を、
トランシルヴァニア全体を代表する刺しゅう。
刺しゅうのやり方も、すべてが統一されたり、
新しいテクニックが取り入れられて変化してきた。

「 見なさい。このシルクのバラを。
 こんな風に密に埋めていくのが、この村の特徴なのよ。」

valko2.jpg

熱心なおしゃべりのおかげで、おばあちゃんのしわがれ声が、
いよいよ声にならない声のようになってきた。
もう外は薄暗くなってきた。
私たちはお礼を言って、おいとましようと玄関のところまで来ていた。
おばあちゃんが言った。
「 あなたたち、こんな夕方にどこへ行くの?」
「 どこか、泊まるところを探さないと・・。」
「 町の先生のところが、セントラルヒーティングで立派なところよ。
 それとも、老人の部屋で嫌でなかったら、うちに泊まってもいいわ。」

願ってもないことだった。
私たちは、再びブジおばあちゃんの部屋へ戻ってきた。
ニワトリを小屋に入れたり、
薪を運んだりして、村での一夜が暮れようとしていた。

valko5.jpg



*イーラーショシュについて、
詳しくはもうひとつのブログにて。
ICIRI・PICIRIの小さな窓

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2011-03-30_01:30|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

良い出会いですね
やっぱりこの図案とても素敵。
いつかさしてみたいと思いつつ、今はひたすら靴下の繕いをしています。
どうもネットの状態が悪くてなかなかこちらのブログの写真が拝見出来なかったのですが、今日は綺麗に写ってとても嬉しいです。
Re: 良い出会いですね
越後やさん、お久しぶりです。
白樺細工が本格的になってこられましたね。
また展示のお話があるとのことで、楽しみです。

ご実家の方は、
ご被害などありませんでしたでしょうか?
外国で日本の震災を見るといたたまれなく、
不安なのは同じだと思います。

今回思い切って旅を決めたのも、
そういうやるせない気持ちを一新するためでした。
おかげで素敵な出会いもあり、
思い切ってよかったと思います。

丁寧な生活・・ブログが復旧しますのを
心待ちにしています。
No title
もう薄くなってきわどいほどの図案ですね。
今のうちにコピーしておきたいですね~。

すべて青色で刺繍するんですね。
前には赤色ばかりと言う所もありましたが。

図案を描く仕事・・・凄いですね。
日本で言えば 京都の染物の手順の一つでしょうか。

最後のきれいな民芸調のお皿やカップは
おばぁちゃんちの物ですか?
可愛いですね。
Re: No title
霧のまちさん、イーラーショシュは
赤が主ですが、青、黒で縫われることもあります。
昔は色が何かを区別していたと思われますが、
今はあまり意味を持っていないようです。
黒はおそらく喪の色でしょう。

この図案を見つけたときは感激しました。
注文する人は、これらを見ながら選ぶのですが、
すべてに目を通すだけでも日が暮れてしまいそうです。

型おしなどの簡単な方法にならずに、
今でもひとつひとつ手作業でされるところが嬉しいですね。

どの家にも、嫁入り道具を飾る
「清潔の部屋」があったものですが、
ここは息子さんしか生まれなかったので
その名残しかありません。
絵付けのお皿も、水差しも決して使われることなく、
富の象徴として部屋を飾っています。


No title
tulipanさん、
こんにちは、
そちらで、Hepatica transsilvanica という植物みたことありますか?
http://seattlepuppy.blog82.fc2.com/blog-entry-453.html#comment-area
春一番に、咲くと思いますので、
もし、見かけましたら、写真お願いします。
Re: No title
Thomasさん、
これは「森の肝の花」と呼ばれて、
トランシルヴァニア原種の花のようですね。

すでに森の中は、
この花でいっぱいでした。あとカタクリの花も。
またブログに春一番の花を載せますね。