トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

春の森の花畑

うららかな太陽の光に誘われて、村のはずれを目指した。
リュックサックにはパンと脂の切れ身、
マッチに新聞紙が入っている。

3月の終わり。
大地にはようやくうっすらと緑が色づきはじめた。
長い冬のトンネルをくぐると、
緑の味が恋しくなるのは動物だけではない、
それは私たちも同じこと。

iciripiciri56 229

夏の休みの過ごし方は、
原っぱでキャンプファイヤーをすること。
私たちも春一番にそれを体験したいことと、
ただ太陽の光を浴びるためだけにやってきた。
ブタの脂身を焼いてパンにつけて食べる簡単な昼食がすむと、
今度は森へと向かった。

森の中には、枯葉のじゅうたんが広がる。
目を凝らすと、その茶色の中にも
もう春の兆しが芽生えている。

iciripiciri56 170

トランシルヴァニア原種の青い花。
ミスミソウの一種であるらしく、
hepatica transilvanicaという学名がついている花。
すうっと透き通るような青が幻想的。

iciripiciri56 171

可愛らしい葉っぱも、
太陽の光をあびて地面から顔を出した。
ここにも、そこにも。
次から次に生まれてくる生命。

iciripiciri56 176

二羽の鳥がおしゃべりしているみたい。
濃いピンク色が鮮やかなカタクリの花。
人知れずひっそりと花ひらく森の花ほど、可憐なものはない。

iciripiciri56 194

枯葉を体に刺し、
それをつきやぶって地面から這いあがってくる。
ほそい体に宿る、その逞しさ。

iciripiciri56 218

暗い森の中にさしこむ小さな光だけで、
こんなにも美しい色を咲かせる。
どこよりも早く、春が訪れるのが森の中。

iciripiciri56 212

しばらく忘れていた、花を摘む喜び。
手の中で、この小さな生命は呼吸をしている。

iciripiciri56 182

木立の中をくぐりぬける。
つんだ花束が枯れてしまわないように、
家路を急いだ。

iciripiciri56 226

次に来るときには、
もう森の中が花でいっぱいになるだろう。
季節は確実に変わりつつあった。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|自然、動物|2011-04-16_00:18|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
カタクリやクリスマスローズ、可愛くて逞しい花ですね。
日本では カタクリは絶滅危惧種になっていて
ハレモノに触るような扱いと聞いています。

本来は 森の中にそうやって普通に咲いて
人々が普通に摘んで 楽しんだものでしょうけど。

今まで平らな土だけだった場に 新しい芽。
私の植木鉢にも だんだんとそうした春が来ています。
ギボウシや、斑入りのドクダミ・・・美しい新芽が出てますよ。
Re: No title
霧のまちさん、
カタクリは日本は産地なので
たくさん見られるものかと思っていました。
美しい花がひとつひとつ減っていくのは、
悲しいことですね。

こうした春一番に咲く花を見つけるのは、
大きな喜びのひとつです。
一見静かで何もないように見える森の中が
実は生命で満ち溢れ、春が一番に訪れるのは面白いことですね。

観光でこられる方にも、
人であふれる観光地よりこういう森の中がお勧めです。
春は花であふれているし、
やがて色とりどりのキノコでにぎわいます。
No title
tulipanさん、
花の写真有難うございます^^
カタクリいいですね。
たぶん、Erythronium dens canis という種類だと思うんですが、
日本のカタクリより小さいと思っていましたが、
同じくらいですね。
何だか、嬉しくなりました^^
また、お願いします。
Re: No title
Thomasさん、
カタクリは日本のものと
また種類が違うのですね。
ラテン語名までどうもありがとうございます。
こちらでは食用に利用するということはないみたいなのですが、
カタクリ粉が作れるのでしょうか。
いつか挑戦したいと思いました。

もう今はカタクリもほぼ終わりで、
今度は真っ白な花が咲いていましたよ。
花のサイクルは早いですね。

これからも植物のこと、
いろいろご指導お願いいたします。
No title
tulipanさん、
片栗粉はどうでしょうかね?
日本の種類は球根が小さいので(大きさ:小指くらいですよね)、
カタクリからは作っていないようですよね。
dens canis も、小さかったと思いましたが、
改良種だと、親指くらいの大きさのものもあるので、
これくらい大きいといいかもしれません。
花の咲くまえの、芽をお浸しにして、食べるようですが、
私のところは、食べる習慣がありませんね。
それにしても、
「白い花が咲いてる!!なになに、何が咲いてるの?」、
そっちが、気になりました。
Anemone nemorosa ですね^^
Re: No title
そうなんですか、
片栗粉はとれないのですか。失礼しました。
花が咲く前なら、来年は早くに森に出かけて摘みに行きます。

白い花だけで、名前がお分かりになるんですね。その花のことです。
ハンガリー語では「ベルクの風の薔薇」という名前みたいです。
今の時期、この花で森はいっぱいになります。

日陰には、つやつやした黄色い花が咲いているのですが、
この丸い葉っぱをサラダにして食べるみたいです。
Ranunculus ficariaという名前です。
聖ジュルジの日に開くので、
「聖ジュルジのサラダ」とも呼ばれています。