トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

橋の終わりの村

普段はただ通り過ぎるだけの村、
ヒドヴェーグに来ていた。

ちょうど日曜の教会のミサがはじまる前。
ヒッチハイクでここまでやってきたものの、
朝ごはんもまだだったので、
とりあえず座る場所でも探そうと村を当てもなく歩いていた。
通りをいく村人に何かを尋ねていると、
そこに小学校の先生がいるから聞きなさいといわれる。

立派な木彫りの門を押して、
ドアをたたくと、小柄な女性がひとり出てきた。
「寒いから、中へどうぞ。」
私たちのことは何一つ聞かずに、
彼女は家へ通してくれる。

つい先ほどまで何の面識もなかった他人同士。
それでも、まるで知人が訪ねたかのように家に迎え入れてくれる。
村ではそういう経験をしたことが何度もある。
古い調度品で飾られた居間のテーブルに腰掛け、
持ち寄ったパンやチーズを取り出し、
遅い朝食を取らせてもらっていた。

ヒドヴェーグは、クロスステッチで有名なアーラパタクの隣村である。
古い刺しゅうを見にきたことをかいつまんで話すと、
奥の部屋から誰かから相続したという古いピロカバーを探して、広げてくれた。
アーラパタクのものとほとんど同じ。
星模様が、カットワークによる空間と刺しゅうによって浮き立つようだ。
100年も昔の刺しゅう。

IMG_4440.jpg

この小さな村で教師をしているマリアは、
知り合ってまもない私たちを、
村の手芸を見せるためにくまなく案内してくれた。
途中、かつて村に住んでいた貴族一家の話をしてくれた。

20世紀のはじめ、ネメシュと呼ばれるグローフ(貴族の階級)が住んでいた。
一家には3人の子どもがあった。
長男はイギリスに留学していたものの、
賭け事で財産をすべてを失ってしまい、とうとう息絶えて、
変わり果てた姿で故郷の村へ帰ってきた。
息子に腹を立てた父親は、
息子の体を引き取るときにも、みすぼらしい馬車を送ったという。

二番目の娘は、
ボドクという遠くの村へ嫁に行ったが、
子どもは生まれなかったそうだ。

三番目の娘シャロルタは、
両親のすむ村から離れることを嫌い、
独身のままで、ついに身寄りがなくなってしまった。

マリアは、まだこのシャロルタが生きていた頃を覚えているという。
「 可哀相なお祖母さんに、
私の母親はよくトウモロコシかゆをもっていってやったものだったわ。」

社会主義によって、
かつて特権身分をもった貴族たちは財産をすべて奪われ、身を落としていった。
これに似た話は、トランシルヴァニア各地で耳にする。
村の丘にそびえる白いチャペルは、ネメシュ一家のものだったそうだ。

IMG_4451.jpg

ほぼ一日をいっしょに過ごしたマリアに別れを告げ、
村を流れる小川のほとりで休んでいた。
息子がいつの間にか、遊び友達を見つけたようだ。
先ほど訪れた家のおばさんがやってきて、耳にささやいた。
「この子達は、孤児だったんだけれど、
そこの家のハンガリー人に引き取られたのよ。」

浅黒い肌をした子どもたちの目は、驚くほど澄んでいた。
屈託のない様子で私たちにいろいろな話を投げかける。
私たちは、息子をしばらく遊ばせておくことにした。

村のバス停で、帰りのバスを待っているときだった。
先ほどの少女が、こちらに走ってきて、
手に小さなゴブラン刺しゅうをふたつ私の前に差し出した。

果物や風景画が、細やかな刺しゅうで丹念に描かれてある。
驚いて、彼女の目を見ると、こう言った。
「お母さんが、この村に来てくれた思い出にって。」

バスまでの時間はわずかだった。
思わず、走り出していた。
先ほどの小川のほとりにある、彼女たちの家に向かう。
少女たちが呼ぶと、
大人しそうな女性が奥から出てきた。
お礼を言うと、
「あなたが手芸を探していると聞いたから・・。」と彼女。

細やかな針目の刺しゅうは、
土地に伝わる伝統図案ではない。
彼女が縫ったひと針ひと針を見るとき、
それを通じて母親の優しさが見えるような気がした。

hidveg2.jpg

ヒドヴェーグは、橋のはずれという意味。
小さな刺しゅうが特別な思い出の品となったように、
いつもは車で横切るだけだった村が、
一日の終わりには愛情深いものへと変わっていた。



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2011-05-11_19:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
うわぁ~素敵なお話ですね。
その女性、よく思いついて プレゼントしてくれましたね。
ホント、素通りする村が特別になりました。

カットワークの技法もいいですね~。
星がくっきりして 美しいです。
Re: No title
ここは特別に期待を抱いて訪れた場所ではなかったのですが、
朝から素敵な出会いがありました。

不思議なことに、
いくら美しいものであふれる村だったとしても
そこで暮らす人たちの嫌な部分を見たときは、
もう二度と行きたくないと思いますし、
反対にそう興味引かれるものがない村でも、
素敵な人たちとの出会いで、特別な場所にもなり得るんですね。

またここを訪れるためにも、
優しい親子の写真を撮らせてもらいました。
次回は写真をもって行きたいと思います。
No title
もう長いこと行ってないので、だいぶ変わってしまっただろうという不安もありましたが
こうした話を聞くと、私もこんなさりげない親切によくお世話になったことを思い出して
泣けてきます。
Re: No title
satotomokoさん、はじめまして。
昔ルーマニアに行かれた事があるのですね。
旅人に親切な国ですよね。

私も学生時代には、
数え切れない人から数え切れない親切をいただいて、
それが自分を育ててくれたと思います。

日本人は見知らぬ人、他人には親切でないとよく言われますが、
私もルーマニアの人のように
他人に施すことができる人になりたいです。