トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

馬のいる風景-シェプシセントジュルジ

太陽が顔を出し、
5月の緑を生き生きと照らしはじめた。
ある日曜日、私たちは森に向かって歩き出した。

森の入り口に広がる、一面まっ黄色のタンポポ畑。
金色のたてがみをなびかせて馬が草を食んでいる。

ICIRIPICIRI60 093

このタンポポの密度といったら・・。
若草色が見えなくなるほどに黄色が勝っているのだ。

ICIRIPICIRI60 090

あちらには、カマをもって草を刈っているジプシーの若者の姿が見える。
もちろんボランティアでやっているのではなく、
刈った草を家畜の飼料にするためである。

一面のタンポポ畑に小春日和、
そこでのんびりと馬の番をするおじさん。
これ以上はないほどの素晴らしい環境で、労働をしている。
思わず笑みが浮かんでくるほどの、のどかさ。

ICIRIPICIRI60 100

100年前に植林されたという松林を過ぎると、
小高い丘にたどりつく。
町の手前は、ウルクーと呼ばれるジプシー居住区。

ICIRIPICIRI60 119

ぐるりと遠回りをして崖を下っていくと、
巨大な穴の空いた裸の岩がのぞいている。
何か映画の舞台にありそうな、荒々しい雰囲気。

ICIRIPICIRI60 122

そこをさらに過ぎると、小道にさしかかる。
唖然としてしまう光景が広がっていた。
無造作に放り出された洋服や、崩れかけたたんすやその他さまざまなもの・・・。
ふり返ると道の両側には、
とてつもない量のゴミの山がどこまでも続いている。

ICIRIPICIRI60 133

ゴミの小道を過ぎると、小川が流れている。
川原の崖でつくしを積んでいると、
パカ、パカと馬車の音が聞こえてきた。
荷台にはジプシーの一家が乗っている。
これからピクニックへでも行くところなのだろうか。

ICIRIPICIRI60 138

草原に馬の群れが見られた。
中には生まれたばかりの子馬も混ざっている。
ダンナが手をかざすと、何と小さな馬が近くに寄ってきた。
ずいぶん良く飼いならされているらしい。

ICIRIPICIRI60 161

祖父母の村で家畜に馴染んだダンナは言った。
「馬はこの部分を撫でられるのが好きなんだよ。」
ちょうどしっぽの付け根の部分。
しばらく撫でてから手を離すと、
今度は子馬がお尻を向けてこちらに近づいてきた。

馬の後ろは蹴られるから危険だと聞いていた。
思わず後ずさりする。
そして気がついた。ただお尻を撫でてほしかっただけなのだ。

ICIRIPICIRI60 173

子馬と戯れたあと、
丘を越えて森の中へと入った。
木々には、まばゆいほど明るい若葉が
まばらに茂りはじめた。
耳をひそめると、鳥のさえずりに混ざって、
風で木々が揺れ、ささやきあっているような音が聴こえてくる。

ICIRIPICIRI60 187

葉っぱが四方向に並んだ面白い植物。

ICIRIPICIRI60 188

森からさらに湖のある方へ。
湧き水を汲んでから、森を散策していると日はだんだんと傾いてゆく。

木のこぶに腰掛けて一休み。
子どもは歩くたびに、小さなお土産をひとつ、
またひとつと見つけては、すぐに両手がふさがってしまう。

ICIRIPICIRI60 220

丘を下ると、真っ白に粉をふいたような大木が見えた。
北国で生まれた子どもがはじめて満開の桜を見たときに、
「雪がいっぱいに積もっているよ。」と言ったと聞いたことがある。
ついこの前まで雪が覆っていたのに、もう花が満開。

ICIRIPICIRI60 226

その無数の白い花たちは甘い香りをいっぱいに放ち、
いつしか夢の世界へと引き込んでいくようだ。

ICIRIPICIRI60 212

原っぱには、馬がまだ放し飼いされたまま。
数を数えていると、20頭、30頭もになるだろうか。
その群れの中に、昼に出会った子馬の姿を見つけた。
あの時のように撫でていると、
向こうから子どもたちが走り寄ってきた。
「何をしているんだい。」
「こうして撫でているだけだよ。この馬が取られるとでも思ったの?」とダンナが言うと、
大人びて緑の帽子をかぶった少年がうなづいた。

ICIRIPICIRI60 246

「きれいな馬ね。名前は?」と聞くと、
「ベチャール(義賊)だよ。」と子馬を引き寄せて優しく撫でながら言った。
そして子馬は、親馬のところへ走って見えなくなった。

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2011-05-15_04:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
再び春の訪れですね。
毎年 いきいきと森や野原に茂る木や花の
画像を楽しみにしています。
子馬 可愛いですね~。 日本では
どこか施設に行かないと触れ合うチャンスは
ないですね・・・。
木 いっぱいの白い花は何でしょうね。
きっと小さな実の生るものですね。

中央アジアの春に 真っ白に咲くマロニエを
見ましたが、これはちょっと葉が違ってますね。

ゴミの山にびっくりでした。
Re: No title
霧のまちさん、
こちらにもやっと春がやってきました。
上着もいらない暖かさは、今年初めてでした。

冬はあれだけ氷点下を下回る環境で、
生命あるものが全て動きを止めていたのに、
春になると全てが復活する。
イースターがキリスト教以前から、
春のお祭りとして祝ってこられた意味が分かるような気がします。

真っ白の小さな花を咲かせた木、
名前も分かりません。
花の感じはライラックに少し似ているようです。

ゴミの山は私たちもびっくりでした。
ルーマニアでは、昔から川のそばにゴミを捨てる習慣があったようです。
だから田舎へ行くと、決まって村はずれの川沿いに
こんな風に投棄されているんです。
昔は今とは違って、
すべて土に還元されるゴミだったから良かったのですが、
時代は変わっても人のメンタリティーはなかなかのようです。


No title
タンポポの風景、
タンポポはよく見かけるんですけどね、
子供のころにあんな風景見たのかな?
何か懐かしい感じでした。
あの葉っぱは私もわかりません。><
白い花は、こちらだと、ウワミズザクラ(上溝桜、Padus grayana)
なのですが、ちょっとわかりませんね。
それよりも、左手に持っている植物が気になった。(笑)
Re: No title
Thomasさん、いつもご助言をどうもありがとうございます。
白い花の名前、見当もつきません。

タンポポの風景は、
同じ花のはずなのに日本ではもう見られない、
懐かしい雰囲気がしますよね。
このわっと咲いた感じ。そして、あっという間に綿毛になってしまいます。

息子が手に持っている植物は
森の中で摘みました。
花は咲いていませんでしたね。
分かりましたらまたご連絡します。

植物に詳しい方が、
この辺りを歩いたらきっといろいろな発見があると思いますが、
この方面には疎いので・・。