トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

忘れられない花畑

ねずみ色の重苦しい雲が
青空を不意に覆いはじめた。
もしかしたら、一雨くるかもしれない。
エルドゥー・ヴィデーグ(森の地方)で車を走らせていた。

案の定、小さな雨粒が天から滴り落ちてきた。
その日は、日本の日のイベントを依頼されて、
バロートのエルドゥー・ヴィデーク博物館へと招かれていた。
生け花につかう花をどこかで調達しようと、
森の端やら原っぱに生える花を注意深く観察する。

やがて雨雲のすき間から、
うっすらと太陽が差し込んできた。
やわらかな光に、タンポポの黄色が応えてますます輝きを増しているようだ。
運転をしていたラツィおじさんに、
車を止めてもらうようにすかさずお願いをした。

Barot japannap 001

四方を深い森に囲まれたこの地方は、
とりわけ自然が豊かなところ。
なだらかな斜面の丘が時に交わり、時に離れたりしながら遠くへつづき、
やがて深緑の森へと行きついた。

Barot japannap 007

ついこの間まで、
満開に咲き誇っていたタンポポ畑も
すっかり種をつけて、飛び立つ準備をととのえていた。
黄色いタンポポや綿毛のかわりに、
今度は白い野の花が花盛りのときを迎えようとしている。

Barot japannap 019

ハンガリー語で、タンポポをGyermeklancfuという。
訳すると、子どもの首飾りの草。
くさり編みにして首飾りを作ったり、
シャボン玉のように吹いて遊んだり・・。
子どもにはタンポポがよく似合う。

Barot japannap 012

「ねえ、この匂いをかいでみて。」
そういわれて、
黄色いタンポポを顔に押し当てられたなら、
ほら、太陽の光の欠片があなたの顔にも・・。

IMG_8286.jpg
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2011-05-20_21:23|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
タンポポの花が終わるの、
ちょっと速いような気がしますが?
こちらは、今が見ごろのようです。(私のところと、同じような気候のように思ったので)
これだけ、種が飛んでしまうと、
有害な雑草扱いになってしまいますね><
残念ですが。
Re: No title
Thomasさん、
タンポポはもう、ほぼ咲き終わっているようです。
こちらは朝は冷えるのですが、
日中には気温が上がります。
夏は夜9時ごろまで暗くなるので日照時間も長いです。

これだけのタンポポが咲くということは
それだけ種も飛んでいるのでしょうね。
雑草の類に、こちらはみな無頓着のようです。
幼稚園も、タンポポがいっぱいでした。

畑では今、菜の花が満開です。
黄色い海のようにどこまでも続いています。
これから麦が膨らんでくると、
麦畑がきれいですね。