トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

花を愛するひと

5月のトランシルヴァニア地方は、
花を愛するひとにとってはまさに天国だと思う。
そうでない人も、きっと
この小さく可憐な野の花の虜になってしまうだろう。

か細い花びらをいっぱいに広げて、
雪のように白い花が天にむかって大きく伸びをした。

去年と同じ場所で見た花と、
今年も同じ時期にまた出会ったのだ。
そう思うと、ますますこの小さな花がいとおしく思えた。

ICIRIPICIRI62 003

透き通るような青は、若草色の原っぱの中でも
特に目をひきつける色。
どんなに強い太陽光線の下でも、
この青をみるだけで心にそよ風が吹いてくるようだ。

ICIRIPICIRI62 029

この虫たちの花好きなことといったら、
私たちの比ではないだろう。
体いっぱいに花の甘い香りを吸い込んで、
夢心地になって眠っているのだから。

ICIRIPICIRI62 010

5月の原っぱに横たわると、
草の香りと緑の色がいっぱいに満ちてきて、
自然の一部になったような気持ちになってくるから不思議だ。

ICIRIPICIRI62 008

目の前をせわしく動き働く虫たちを見ながら、
いつしか体の力がふっと抜けて何もしない贅沢を体いっぱいに感じていた。



もう、ここは森の入り口。
広々とした原っぱに牛が寝そべり、ヒツジは草を食んでいる。
小さな谷あいの茂みは、ちょっとした花たちの隠れ家になっている。

nyarimezo 002

黄色からだんだんと赤みがかっていく。
小さな実が今にもはじけそうに、生き生きとしている。

nyarimezo 029

なんて麗しい紫色。
背の高くほっそりとしたこの紫が、
若草色の草原でさざめくように揺れているのを見たことがある。

nyarimezo 033

イソギンチャクの触手のように、
ひらひらと風になびいている長い綿毛。
「これは珍しい花だから、採ってはいけない。」と言い聞かされ、
さすがの息子もこれだけは手にしないようだ。

ICIRIPICIRI62 018

色とりどりの花に囲まれて、
ふと花のかんむりを作ろうと思いついた。

手をのばせば、あちらこちらにシロツメ草もレンゲの花も、
名前の知らない紫や黄色やピンクの花も・・・。
野いちごの三つ葉も、カラスエンドウの羽みたいな葉っぱも。
材料はいくらでも手に入る。

三つ編みにして、所々に花を差し込みながら
時間を忘れて夢中になった。
やがて、野の花のかんむりができると、
息子の頭にかけてやった。

nyarimezo 014

花のかんむりをかぶれば、
もしかしたら原っぱの王様になれるかもしれない。

nyarimezo 020

それとも花の妖精になって、
今にも緑の中にふっと消えてしまいそうだ。

nyarimezo 017

この花畑は永遠には続かない。
次にここへきたときには、また別の生命が誕生して
また違う表情を見せてくれるだろう。

nyarimezo 036

5月の花畑に足を踏み入れたなら、
トランシルヴァニアの自然に恋してしまうかもしれない。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|自然、動物|2011-06-01_06:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
お花畑、
いいですね^^
虫も多いし。
青森は、農薬の影響でしょう。虫いないんですよね。
私が、子供のころは、いっぱいいましたが。
トランシルヴァニアは、これで、気温はどれくらいですが?
25度は、ないですよね?
本当にトランシルヴァニアは自然豊かな昔のヨーロッパですね。
お花の冠もすごく素敵です。
私もいつかは訪れてみたいです。

話は変わりますが、先週末、展示会の会場の神保町の本屋さんにいってきました。
よく神保町に行く私ですが、初めて訪れた手芸専門?の本屋さんに感動しました。
私は手芸は苦手ですが、母が大好きなんです。
そんな母に店頭で頂いたDMを、みせたら是非行きたいと言ってます。(手芸の本と展示が見られるなんて最高ね!と、話してます)

当日楽しみにしております。
Re: No title
Thomasさん、こんにちは。
5月のはじめには雪がふった時期もありましたが、
最近は真夏の太陽の日差しです。
気温は20度ちょっとのようですが、30度くらいのような感じがします。

農薬で虫がいなくなってしまうのは
寂しいことですね。
そういえば、こちらは日本のように大きい虫はあまり見ないですね。
実家でダンナが驚いていたのが、
手のひらくらいの蜘蛛がお風呂場にいたことです。

手付かずの自然がまだこちらは残っているのが、
有り難いです。
Re: タイトルなし
sumiさん、こんにちは。
トランシルヴァニアへは、
野の花が美しいこの季節にお勧めします。
好きなだけ花を摘んでかんむりを作ること、
とても贅沢な遊びですね。

トランシルヴァニアの展示会、
素敵な会場でさせていただけるとこと嬉しく思っています。
私自身も手芸本は大好きなので、
お店を覗くのも楽しみのひとつです。
お母様もお越しになるのですね。
どうぞよろしくお願いいたします。
会場でお会いできるのを楽しみにしています。

No title
なんと言う素晴らしい天然の花畑でしょうか。
花の冠も いいですね~。
次から次へと気温や 日の長さによって
違う花が咲いていくんでしょうね。

日本では見かけないような花も・・・。
日本なら すぐにゴルフ場にしてしまいそうな
いい景色ですね。(笑)
私も 展示会 ぜひおじゃましたく思います。
Re: No title
霧のまちさん、
こんな素敵な花畑が見られれば
庭に花を植えようと思わなくなります。
改良した園芸種の花は、天然の花の美しさには敵いません。

町でも、もうライラックは終わりましたが、
今はアカシヤやマロニエの花が満開です。
見るたびに採ってと息子に言われます。
大人は背伸びしたり、ジャンプしたりと大変です。

日本にはこういう誰の所有でもない、ただの野原が少ないですよね。
こちらでも町のはずれの原っぱが、つぎつぎと
社会主義で没収した人に返還されて、
お金もちの人たちが大きな家を建てています。
だんだん、こういう素敵な場所が少なくなっていくのかと思うと寂しくなります。

展示会にわざわざお越しいただけるのですか!
どうもありがとうございます。
お会いできますのを楽しみにしています。
No title
Milyen nagy mar a fiad
Re: No title
szia, Kinga!
Igen, novoget a fiunk.
Most hetvegen sajnos, nem tudtalak meglatogatni..
Sokat jartunk Kalotaszegen.
Esoben, hidegben...ugy elfaradtunk.

Most mar hazakeszulunk Japanba,
de majd osszel biztosan el fogunk jonni meg.
Ti is gyeretek hozzank, majd Augusztus vegen vagy Szeptemberben!