トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

白雪姫幼稚園の卒園式

トランシルヴァニアで再び生活することになったのは、
3年前の冬のこと。
こちらに来てはじめての仕事は、
息子を幼稚園へと送り出すことだった。

白雪姫幼稚園のユーリア先生のクラスは、
年齢もさまざまな子どもたちが午前中の4時間を過ごしていた。
編入であるにもかかわらず、あたたかく受け入れてもらい、
この3年間で息子は体も心も大きく成長した。

幼稚園の体操室。
保護者や兄弟たち、祖父母に親戚が集まり、
小さな教室は人であふれかえる。
今年は7人の子どもたちが巣立っていく。

ovoda kicsengetes 058

最後の一年には新しい先生が来て、
小さな新しい子どもたちがたくさん入ってきた。

ある日、息子が嬉しそうにこう報告した。
「ママ、ルカがBaba(赤ちゃん)って言ったよ。」
ルカはまだ二歳になったばかりで幼稚園に入った。
その頃はおしゃぶりをくわえ、小さな体で、おまけに両親がルーマニア人のようで
ハンガリー語は一切分からなかった。

小さな子どもたちの成長を、
まるで家族の一員のように喜び見守っていた最後の年。

ovoda kicsengetes 074

年長さんたちは、セーケイの民俗衣装に身を包む。
トランシルヴァニアの東の果て、
かつての国境警備兵だった彼らは誇り高い。
少数民族となって100年近くたってもなお、
ハンガリー文化を大切に引き継いでいる。
子どもたちもその血を引いて大きくなるのだろうか。

ovoda kicsengetes 132

クラスでは民俗舞踊の先生の指導のもとで、フォークダンスを習う。
子どもたちの踊りのあとは、保護者なども加り
大きな円になってモルドヴァのチャーンゴーの踊りを踊る。
小さな教室が熱気ではちきれそうになる。

ovoda kicsengetes 192

ダンスのあとは、家から持ち寄ったお菓子を食べて
ホームパーティのような雰囲気。
学区ごとに通う学校が違い、クラスもさまざまだから
同級生とも今日でお別れ。

兄弟のようにして育ったタシの一家は、
ハンガリーに引っ越すことになった。
キリスト教の施設で多家族と共同生活をして、
学校へ通わずに、両親といっしょに通信教育で学ぶそうだ。

息子は秋から近くの小学校に入学する。
ステップ・バイ・ステップという新しい教育法で、
子どもたち主体のコミュニケーション重視のクラスを選んだ。
シュタイナー教育に似ているものらしい。

ovoda kicsengetes 234

卒業式には、肩掛けかばんを渡す習慣がある。
巣立っていく子どもたちを旅人にたとえ、
昔はパンや塩などを入れていたという。

白雪姫幼稚園のミツバチ組を卒業した子どもたち、
蜂のように元気に飛び立っていった。

ovoda kicsengetes 249
スポンサーサイト

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2011-06-17_05:15|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ご卒園おめでとうございます!
そちらでは、この時期に初めてのお別れなのですね。親にとっても一つの卒園証書をもらったような気分になりますね。
すっかり 成長された姿は 本当に目頭が熱くなります。
みんなと離れてもこの時に親しかった方々とは 必ず出会えます。私もそうです。長男は保育園を卒園して早いもので 来春で9年。だけど、その時のつながりは消えてはいないです。
別れも新しい出会いも人生の道しるべのような気がします。小学校での新しい出会いもまた、ブログで拝見出来ますのを楽しみにしております。し

本当におめでとうございます!卒園の衣装、カッコイイです!!
Re: タイトルなし
どうもありがとうございます!
今年は忙しくてバタバタしているうちに、あっという間に卒園でした。
親として本当に卒業証書をもらうに値するのか疑問ですが、
子どもは日々成長していきます。

別れがあって、また出会いがやってきますね。
子どもたちがまたどこかで出会うときがきたら、
それは素晴らしい瞬間となるでしょうね。

日本の卒園式のように感傷的なものではありませんが、
とても楽しい午後でした。
No title
息子さん 成長されましたね。
卒園 おめでとうございます。 民族衣装で卒園、
その土地らしいですね。  その服は自前のものですか?
それとも代々、卒園で皆が使用するのでしょうか。

密かに思っていたんです、この時期、そろそろご卒園じゃないかと。 9月に小学校入学ですね。
美しい環境でどんどん大きくなられる子供たちが
楽しみです。 どんな社会を創っていくんでしょうね。
Re: No title
霧のまちさん、どうもありがとうございます。
今のボーダーレスな時代では
郷土愛を持つことが難しく、
それだけに大切なことのような気がします。

衣装は幼稚園のものを借りました。
こちらでは、イースターに衣装を着て
女の子のところへ水をかけにいく習慣もあるのですが、
子どもは成長が早いのでもっている人は少ないですね。

これから小学生になると、
ルーマニア語を勉強しはじめます。
日本で言うと国語にあたりますから、
これまでほとんど何も知らなかった子どもたちにとっては
かなり大きな負担だと聞いています。

これから心配事も増えますが、
大らかに育ってほしいと思います。