トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

6月の麦畑

アーラパタクの村を出て、
隣村へと向かったときだった。
県道ぞいに広がる、一面の麦畑。
緑の海のなかに、幻のように一点の紅色が浮かんでいた。

ovoda kicsengetes 041

大きく穂をふくらませた6月の麦畑に、
偶然のように紛れこんだ鮮やかなポピーの花。
こちらに向かって呼びかけているようだ。
じっと見とれていると、
中から小さなカナブンがのそのそと這い出てきて、
いつしか飛んでいってしまう。

ovoda kicsengetes 046

初夏の太陽がさんさんと降りそそぐ中、
そよ風が麦畑から吹いてきた。
しなやかに、そのやわらかな穂先が体を泳がせる。
さわさわと音を立てて、
夏の香りをいっぱいに漂わせた。

ovoda kicsengetes 049

後ろから馬車が二台、通り過ぎていった。
アスファルトの道に戻り、
私たちはまた歩きはじめた。

ovoda kicsengetes 054
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|自然、動物|2011-06-17_23:50|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント