トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

レベンテとの再会

その日の夜行列車で到着してから、
カロタセグ地方で一日中歩き回って帰りの電車に揺られていた。

山手の地方で電車が止まり、
ドアが開かれると痩せてあごひげを生やした男が乗り込んできた。
私と目があうと、開口こう言った。
「信じられない。」

相手がすぐに誰であるか分かった。
ブダペストで留学時代に仲良くしていた、
美大生のレベンテだった。
にこにこしながら、
私たちのところへまっすぐに来ると隣席に座った。

彼はセーケイ地方北部の出身だった。
大学卒業後にハンガリーのペーチにあるジョルナイのアトリエで復旧作業をしたり、
トランシルヴァニアのアルバユリアにあるカトリック教会の修復作業をしていたと聞いていた。
まさかカロタセグ地方のローカル列車で出会うとは・・。

「今、ここに住んでいるんだよ。」と予想もしなかった言葉。
オラデアの大学でピアノ講師をしている彼女と暮らすために、
ちょうどクルージとオラデアの中間地点であるカロタセグ地方を選んだという。
小さな村だけれど、村人たちの共同意識が強く、
これまでよそ者を入れたことがなかったという。
古い家を改装していて仕事が山ほどあることや
村の人たちが優しくて素晴らしい村だと目を輝かせて話していた。

電車がやがて町に着くと、
土曜日に村を訪ねに来ると約束をして分かれた。
「この村には携帯の電波が届かないからね。
EMSを送ってくれよ。」

こうして土曜日の夕方に、村へやってきた。
丘の中腹にある無人駅に飛び降りると、
踏切のカンカンカン・・・という音が、のどかな田園風景に溶け込んでいった。
途中で花を摘みながら、ハイキング気分で丘を下っていく。

駅から村まで大分距離がある。
やっと村に着くと、一番初めの家の門がとびきり美しくて印象的だった。
大きなパイプをくゆらせたおじさんが彫られている。

kalotaszegi utazas2011jul 204

カロタセグ地方は装飾が豊か。
木彫りやアルミ細工の鳥や花や果物などが、
村の風景に生き生きと物語性を添えているようだ。

kalotaszegi utazas2011jul 231

「この村は牧師さんが有能で、村には孤児のための学校も出来ているそうだ。
村の女性たちに針をもたせ、手芸を売ったお金で、
村にアスファルト道ができたというのは有名な話だよ。」
少々不便だけれど、
かけがえのない豊かな生活のある村。
そこは、アーティストの二人にとってぴったりの場所だろう。

kalotaszegi utazas2011jul 218

教会のとなりの大きな家では、
サクランボの収穫で子どもたちが木によじ登って一仕事をしていた。
「最近村に越してきたレベンテという人、知らない?」と尋ねると、
「ええ、知ってるわ。」と一人の女の子が自転車を起こして案内をしてくれる。
可愛らしい道案内をともなって、
私たちはレベンテたちの新居へと向かった。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|その他|2011-06-20_16:34|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
カロタセグの村々の記事、楽しく拝見させていただきました。
素晴らしい村にお友達がお住まいだなんて何だか嬉しいですね。

ハンガリー紋章のエプロン、切なく美しい逸品ですね。
それから茶色のイーラーショシュは珍しいように思います。
いつもの強い色彩の印象とはまた違って素敵ですね。

私たちも、ふと思い立って今日再びカロタセグに出掛けました。
いくつかの村を散歩したのですが、
特にヴィシュテアの教会がとても美しくて感動しました。
このような風景がもう日常的に見られなくなると思うと寂しいです。
でも、またいつか訪れる日が来ることを願っています。
Re: No title
ブログをご覧くださって、どうもありがとうございます。
Yukiさんたちも、
カロタセグをご訪問されたばかりだったのですね。
村では友人たちをご紹介できなくて残念でした。
それでも、また別の機会に・・。

エプロンはこれまで沢山見ましたが、
この紋章の刺しゅうにはとりわけ心を打たれました。
昔は赤や青、黒でしか縫われなかったのですが、
今は白や茶色、緑など需要に合わせて縫われるようですね。

いよいよルーマニアを旅立たれますね。
たくさんの美しいものをご覧になり、
たくさんの美しい心と出会われたお二人は、
抱えきれないほどの素敵な思い出を抱いて日本へ帰られるのでしょう。
きっと日本に帰られたら、
また祖国の美しいものが新鮮に映るのではないでしょうか。

東京で再会できますのを楽しみにしています。
これから西欧の旅、
どうぞお気をつけてください!