トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

カロタセグの精霊降臨祭

夜に簡単な食事の支度をしていると、
レベンテは村の人に呼ばれて出て行った。
やっと家に帰ってきたのは、1時間以上もしてから。

「今、家の修復をしているだろう。
たくさんの土砂を運ぶのに、わざわざ車で来てくれたんだ。
こちらが手伝いを呼ばなくても、あっちから声をかけてくれる。
本当にいい人たちだよ。」
1年以上もこの家を譲ってもらうために足繁く通って、
もう村の人たちに暖かく迎えてもらっているようだ。

「明日は精霊降臨祭があるから、教会に行こうと思うんだけれど・・。」
隣村まで出かける予定だったが、
少し延ばして日曜日のミサに出かけることに決めた。

朝になると、レベンテの婚約者のレーカも町から到着し、
ゆったりと朝食をとったあと、
10時半からはじまるミサに出かけることにした。

門を出ると、すでに美しく着飾ったおばあさんたちが
出かけていくところ。

kalotaszegi utazas2011jul 244

普段から手作りの服を着ているけれど、
正装となると極上のプリントスカーフを深くかぶり、
真新しいプリーツスカートに刺しゅうのエプロンに革のロングブーツが
いっそう祝日を輝かしいものにする。

kalotaszegi utazas2011jul 246

教会の鐘の音が高く鳴りひびく。
おばあさんたちは足並みをそろえて、せかせかと教会へ急いでいた。
その後ろから、今度は白無垢の衣装の若い少女が
やはり急ぎ足で跡を追うようにして歩く。

kalotaszegi utazas2011jul 250

パールタと呼ばれる、祝日に嫁入り時の少女にしか許されない
アンティークビーズの冠をかぶる。
後ろには、赤い薔薇の刺しゅうリボンがひらひらと揺らいでいる。
その眩いばかりの装いに、夢を見ているのではないかと疑ってしまう。

教会が見える角にたどり着くと、
白い娘は黒い老女たちをいつしか追い越していた。

kalotaszegi utazas2011jul 258

教会の前では、二人の少女が同じく白無垢の衣装に包まれて友人を待っていた。
白百合のような潔白さと、初々しさをもつ少女たち。
カロタセグの女性たちは衣装を着ると別人のように変身すると聞いた事があるが、
代々受け継がれた衣装の素晴らしさは、
装うものに精神性を与えてくれることにあるのだろう。

kalotaszegi utazas2011jul 270

村人たちの跡について教会の中へと入る。
男性は教会の前の方に、女性たちは後ろの方に。
そして牧師の説教台はちょうど教会の中心にある。
レーカが一番前の席に座ったので、私も横に並んで腰を下ろした。

イエスキリストの体が亡きあとに、
予言の通りに精霊となって戻ってきた魂を祝う日。
繊細なカットワークでできたクロスがいくつも重ねられ、
聖餐式のためのパンやワインを包んでいる。

kalotaszegi utazas2011jul 277

式が始まる前に、レーカがこう囁いた。
「村には二人の牧師がいるの。
牧師夫妻の、ご主人さまは普段大学で教えていて、
こういう特別な日だけは彼のお説教が聴けるのよ。」

やがて黒いマントに身を包んだ牧師の夫妻が入ってくると、
教会の中は厳粛な雰囲気が高まる。
牧師のお説教は宗教というものをこえて分かりやすく、興味を引くものだった。

やがて教会の最後に、
イエスキリストの体(パン)と血(ワイン)を分け与えるという聖餐式がはじまった。
机を囲んで、男性が20人ほど輪になって立つ。
牧師からパンをひと欠片ずつ与えられ、
赤ワインで注がれた聖杯を手渡され一口飲む。

今度は女性たちが席を立ったので、私も皆に混ざって机を囲んだ。
口にするあらゆる食べ物が、神の犠牲によって成り立っている。
与えられたパンをかみ締めると、
その生命の味が口にみなぎってくるようだった。
銀の杯からすすったワインは、体の血液を生き生きと力でみなぎらせてくれる。

kalotaszegi utazas2011jul 281

最後に、最前列に座っていた
輝かんばかりの乙女たちが聖食を受ける番となった。
16歳になり、信仰告白をしたばかりの若者たちが
はじめて受ける聖なる儀式。
親たちは、大人の仲間入りをする娘息子たちを見て、
目に涙を浮かべることだろう。

kalotaszegi utazas2011jul 283

教会のミサの最後に、牧師婦人がこういう。
「教会のミサに参加してくださった、ドイツからのお客様。
そして最前列と最後列に座っていらした、外国のお客様に感謝を申します。」

晴れやかな気持ちで教会を出る。
連れ立って家路につく村人たちを眺めていると、ダンナがこう言った。
「聖餐式は、信仰告白をした人でないとしないものなんだよ。
牧師もこういうものなんだ。
「聖食を得るものはその資格があるのか自分で問うてから参加しなさい」とね。」

見るからに異教徒の私がテーブルを囲んでいたので、
牧師さんたちも驚かれたことだろう。
恥ずかしい気持ちもあったが、
私自身厳粛な気持ちでミサを受け止めていたのでそれほど気にならなかった。

私たちは、近所のおばあさんを訪ねたりしたあと、
午後遅く隣村へと出発した。
村からの電車は、夜の6時過ぎと9時過ぎしかない。
それまでに帰ってこなければ。

軒先に座っておしゃべるするおばあさんたちが
どこへ急ぐのかと尋ねる。
「ああ、あの村ヘは、一本道をまっすぐに行って、
隣村の入り口に入る前に左に曲がってから、
丘を越えたところにあるわよ。」

kalotaszegi utazas2011jul 336

世にも美しい村に後ろ髪引かれながらも、
約束のおばあさんたちの待つ隣村へと足を急がせた。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2011-06-20_17:14|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
この美しい衣装と言い、素朴な教会に向かう姿と言い、
みやこうせいさんの写真集を思い出させます。
こうして 皆さんはきちんと正装して ちゃんと教会に
向かうんですね~。
なんか映画の風景みたいで 素晴らしいです。
花のししゅうが重いほど施されて 華麗な衣装。
どの刺繍を見ても やはり基本のモチーフは花でしょうか。
おばぁちゃんたちのファッションもホント素敵です。
Re: No title
霧のまちさん、物語からぬけだしてきたような
民俗衣装姿の村人たちは本当に美しかったです。
決して観光客に見せるためではなく、
人々の意識の中で正装として身についているようです。

おばあちゃんのエプロンのような幾何学模様が
古いモチーフでしたが、
その後19世紀末ごろから花が流行したようです。

老いも若きもそれぞれに似合った、
素敵な衣装ですよね。