トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニア-手芸の旅へ

ルーマニアの西部、トランシルヴァニア地方。
ラテン語で「森の彼方」という意味のように、
深い森やなだらかな丘に囲まれた豊かな自然あふれるところ。

ルーマニア人、ハンガリー人、ドイツ系のザクセン人、ロマ(ジプシー)・・。
ここでは古くからさまざまな民族が、その風土に見あった文化を生みだしてきました。

IMG_2997.jpg

農村に暮らす女性たちにとって、大切な仕事のひとつが
糸を紡ぎ、機を織り、刺しゅうやレースで美しく飾りたてることでした。

IMG_2854.jpg

彼女らは厳しい村の仕事の合間をぬっては、ひたすらに手を動かし、
かずかずの美しい手仕事を生みだしました。

IMG_8118.jpg

子供たちのため、夫のため、恋人のため、そして自分のために。

kalotaszeg1.jpg

展示では、あたかもトランシルヴァニアの魅力的な村々を旅するような感覚で、
極上の手仕事の数々をご覧いただけます。

templom1.jpg

ブラウスやエプロン、スカートなどの民俗衣装を主とした、
約30点の展示品が会場を彩ります。

paraszti muzeum 045
(バナート地方ルーマニア人女性のブラウス)

paraszti muzeum 044
(カロタセグ地方ハンガリー人女性の肩刺しゅうブラウス)

paraszti muzeum 051
(カロタセグ地方の祝日用エプロン)

展示品に関しての解説や、手芸のテクニックの説明、
また今の手芸の作り手にまつわるエピソード。
トランシルヴァニアの村々を周って撮影した風景や民家の室内、手芸の作り手の写真は、
さらに色鮮やかに作品の生まれた原風景を物語ります。

SzekesKalotaszeg 767

森に囲まれたトランシルヴァニアという風土の中に脈々と流れる、
多様性と文化の奥深さを感じていただけたらと思います。
トランシルヴァニア手芸の旅へようこそ。

kepeslap.jpg

「トランシルヴァニア-手芸の旅へ」展示会は、
以下の会場にて開催されます。

7/7~18日まで art-bookshop&cafe神保町店(東京)
7/22~25日まで シロツメ舎(大阪梅田)
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|イベント|2011-07-01_05:01|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
多くの作品を携えて来られるのは 本当に大変かと
思います。  どうか お元気で無事に日本に
来られますように願っています。
今からワクワクしてますよ~。
ただ、日本は猛暑・・・体調にはご注意くださいね。
Re: No title
霧のまちさん、
今回5年ぶりに夏に日本を訪れます。
こちらは雨が降るととたんに長袖や上着を出しますので、
日本の蒸し暑い夏をすっかり忘れています・・。

これまでの帰国とは違って、
たくさんの作品をスーツケースに入れてきますので、
ものすごい緊張感です。
展示会まで一週間をきりました。
会場でお会いできますのを楽しみにしていますね。
No title
初めまして。
いつも楽しく、そして興味深くブログを拝見しております。
東京での展示会、ぜひとも見に行こうと思っています。
日本は猛暑ですので、くれぐれも体調を崩されないようお気をつけて下さいね。
展示会の成功を祈っております。

堀内僚太郎 拝
Re: No title
堀内さま、お返事が遅くなりまして申し訳ございません。
やっとコメントを拝見する事ができました。

先日は展示会初日に足をお運びくださいまして、
どうもありがとうございました。
展示をあんなにじっくり見てくださり、
お声をかけてくださいまして嬉しかったです。

またお時間がありましたらぜひご来場ください。
トランシルヴァニアのお話をさせていただけるのが楽しみです。
あと9日となりますが、
猛暑に負けず頑張りますね。