トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニア展示会を終えて

トランクひとつに沢山の想いと布を詰めこんで、
臨んだ展示会。
トランシルヴァニアの文化や生活、手仕事という
二つの大きなテーマが、はじめて小さな形となった。

神保町のアートの香りのする素敵な書店で、
中崎町の昭和の懐かしさの漂う素敵な雑貨屋さんで、
たくさんの人と出会い、
時にはいっしょに針をもち、
時には話に花を咲かせた。

本来なら伝える側の私が、
逆に新しいことを学ばせていただいたことも数多くあった。

ある時、こういう質問があった。
「どうして、農村の手芸に興味があるんですか?」
そうして、とっさにこんな言葉が口をついて出た。

トランシルヴァニアの農村には、
今の日本の社会では失われてしまった生活。
自分たちで着るものを作ること、
食べ物を作ること、
住まいを作ることがまだ残っている。
自分たちの手で衣食住を作り出すことは、
地に足のついた、本当は一番確かな生活なのではないかと思う。

また母校の恩師から大学に呼んでいただき、
私より一回りも若い後輩たちの前でお話をさせていただいた。
ハンガリー文化へ足を踏み入れるきっかけとなり、
そして恩師の先生方のいらっしゃる大学は、
私の原点である。

また気持ちを新たに
トランシルヴァニアでの生活を見直していきたいと思う。

japankialliras2011 166

japankialliras2011 310

japankialliras2011 326

japankialliras2011 175

真夏の猛暑の中を汗をかきかき来場してくださった方々、
遠い町から見守ってくださった方々、
展示会を支えてくださった方々。
トランシルヴァニアを愛する人、
そして手芸を愛する人へ。
心から感謝いたします。

tenjikai.jpg
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|その他|2011-08-07_02:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

展示会盛況おめでとうございます
大阪展も盛況のようでなによりです。暑い中お疲れ様でした。
すばらしい作品の数々で、目の保養です^^。
まったく同感です。自分たちの暮らしを手ずから作り出すことが、実は一番豊かな生活だという気がします。
日本のみならず、いわゆる「先進国」ではどんどん忘れ去られる(あるいは、切り捨てられる)部分なんでしょうが・・・。
まぁ、今や世界的に経済も傾いてきていますから、どこでも再び「地に足のついた」生活を取り戻す時代が、徐々にやってくるのかもしれませんね。
どうもありがとうございます。
Kotomiさん、
大阪はまた違った空間での展示となりましたが、
にぎやかな大阪の助っ人おばさんパワーで
とてもにぎやかになりました。

今回展示をしてみて、
人に見てもらうというのが大切なことだと改めて感じました。
自分のやっていることは正しいのだろうか、
何を伝えたいのかという再確認にもなったと思います。

私たちが感じる大きな不安は、
おそらく「自分たちが暮らしを作り出していないこと」に発するような気がします。
それを取り戻すことは、難しいことではなく、
決して時代に逆行することではないと
身をもって示すことができたらと考えています。

まずは3年がかりの家を完成させないといけません。
家ができたら、ぜひ遊びにいらしてくださいね。
No title
日本での2つの展示会、暑い中 本当にお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
いくら写真や本で見ても、ああして実物を目にした時の
感動は計り知れません。
ブラウス1枚に 気が遠くなるほどの時間と手間を
費やす・・・本来は素晴らしいことなのに
今は安価に買えるもので 出来た時間をどう過ごすかと
言えば・・・。
暮らしを自身の手で作り出す大事な そして基本のことを
つくづく感じさせて頂いた展示でした。

伺えて、そして聖子さんにお会い出来てよかったです。
トランシルヴァニアに帰られても どうかお元気で。
有難うございました(^^
心のこもった展示会を家族で楽しませていただき、本当に有難うございました

素朴な手仕事のぬくもりがいつまでも心に余韻を残して、不思議な言葉を語り続けてくれるようです

「思い」と「もの」が遊離して、それぞれにさまよってしまっているような今の生活を、どうしたらもっと優しく生き生きとしたものに出来るのかなと思うとき、トランシルヴァニアの手芸にはヒントがたくさん詰まっていますね

ちなみに、シュタイナーは地球上の全ての物質が霊化するとき、地球という星は進化のときを迎えて新しく生まれ変わると言っていまして、本当かどうかわかりませんがi-201、とりあえずそんなことがあると仮定してみるときに、物を霊化するということと、刺繍をするという行為は、共通項があると私は思います なにしろ丁寧に刺繍されたエプロンからは、びっくりするぐらいたくさんの、時を越えたおしゃべりや歌や踊りがが飛び出してきそうでしたからね(^^

はるばる運んでくださった手仕事の美しさや優しさが日本に残してくれた印象は、ずっと生き生きと働き続け、私たちの生活を少しずつ変化させる力となってくれることでしょうi-239

本も少しずつ読んでいます 何でしょう?土地の力のようなものも、図柄から感じられる気がします ますますトランシルヴァニアに興味が深まり、またそれが日本の伝統への興味にもつながり、とても楽しませていただいていますi-228









Re: No title
霧のまちさん、
暑い中、遠方から訪ねてくださいまして
どうもありがとうございました!

こんな時代だからなおさら、
手で生み出していくことの素晴らしさを伝えていきたいと思います。
展示では近くで見ていただき、
手で触れていただくことによって
さらに布の美しさ、刺しゅうの厚みがお分かりいただけたと思います。

これからまたトランシルヴァニアで、
住まいを作り、畑を作り、機を織る・・・そんな生活をしていけたらと願います。
いつか霧のまちさん、お姉さまとごいっしょに
遊びにいらしてくださいね。
楽しみにお待ちしています。
こちらこそ、ありがとうございました。
hasutamaさん、お母さまとお嬢さまとごいっしょに
お訪ねいただきましてどうもありがとうございました。

そんな風に感じていただけて、とても光栄に思います。
「思い」と「もの」がしっかり結びついていますのは、
生活のための手仕事であるからだと思います。
そしてある文化の中で培われた形、文様が保持されているから。
私たちの生活がより美しく潤っていくために、
手芸を広めていきたいと思います。

物を霊化するということ、面白い発想ですね。
私がこの展示に選んだ刺しゅうの多くには、
そのような魂が露になったようなものが見られるのではないかと思います。

エプロンからおしゃべりや踊りが飛び出す・・
まさにその通りです。
若い女性たちは昔、冬の寒い時期に
フォノーと呼ばれる糸紡ぎ部屋で手仕事をしていました。
女同士でおしゃべりをしながら手を動かし、
そこに若者たちがやってきて民謡を歌い、
踊りが始まったといわれています。

こうした仕事は、人々の喜び、娯楽であって、
閉鎖的な農村における唯一の自己表現の場だったような気がします。
こうした良質の娯楽というものを失ってしまうのは、
とても哀しいことです。
そうでなければ、トランシルヴァニアの農村は
いつまでも若い人を惹きつける美しい故郷であったに違いないと思います。

本もお求めいただき嬉しく思います。
遠くを知ることで、さらに故郷が身近に感じられるような・・
私も日本の文化をさらに知りたいと思っています。
展示会、お疲れ様でした。
日本での展示会は、いろいろ収穫があったようですね。
展示会のときのブログを見て、
谷崎さんは、トランシルヴァニアに帰ったとき、
日本の都会とのギャップを、どう埋めるのだろうかと、
ちょっと、思っておりましたが。
「どうして、農村の手芸に興味があるんですか?」
自分たちで着るものを作ること、
食べ物を作ること、
住まいを作ること、
自分たちの手で衣食住を作り出すこと、
これを、読んで、そのような心配はないようですね。
Re: 展示会、お疲れ様でした。
Thomasさん、
展示を見にこられる方々と接するうちに、
少しずつ何かが見えてきたような気がします。

都会で生活する人々が、何かを求めてきてくださる。
それは都会では得られない、
地に足のついた生活なのだと思いました。
だから、私がトランシルヴァニアにいる意味があると分かりました。

まだ時間がかかるかもしれませんが、
ひとつずつ実現していきたいと思います。