トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

東京-イスタンブール-ブカレスト

東京からの飛行機が11時間の飛行を経て、
イスタンブールに到着した。

空港であわてて予約していたホステルの住所を調べ、
まったく未知の通貨に両替して、
地下鉄、トラムを乗り継いで旧市街にたどり着く。

ホステルは偶然にも直ぐに見つかった。
細く暗い螺旋階段を上ると、
二段ベッドが敷き詰められた部屋が丸見えで
唖然としながらも住人たちに挨拶をする。
そう、ここはバックパッカー御用達の安宿だったのだ。

レセプションのある3階につくと、
漫画喫茶さながらに沢山の書物が並び、若者たちがくつろいでいた。
その奥のキッチンでは、
管理人の男性が利用客のために夕食を調理している。

若者たちは煙草をふかしたり、漫画を読んだりしながら、
常連客のように親しげに会話をしている。
まるで、どこかの大学の部室に紛れ込んだような感覚だ。

表から、かすかに聞こえる演歌の歌声のようなものだけが
私たちを日本のクラブ室から異文化の世界へと誘い込むようだった。
「あの。これは、どこか飲み屋から聞こえてくるんでしょうか?」
思い切って声をかけると、
親切な若い女性が教えてくれた。
「今日はラマダーン(断食)ですから、
この辺りでも屋台があったり、生演奏があったりするんです。
お子さん連れでも、夜10時過ぎまで皆さんいらっしゃるので、
安心して外に出られますよ。」

話に聞いていたラマダーンの日と重なるなんて、なんという幸運。
息子を連れ立って、モスクのある広場へと向かった。

トラム沿いの道には、観光客向けのお土産ややレストランが軒を連ねる。
すぐに生演奏のステージが姿を現した。
伝統楽器の演奏が、夜の街に鳴り響き、
嫌が負うにも旅特有の興奮と好奇心とで胸が沸き立つ。

Istanbul 092

さらに先に進むと、
巨大なモスクがいくつも立ち並ぶ広場へと出た。
水あめ売りに、トウモロコシ、アイスクリーム屋さん。
真っ暗なのに大人も子どもも芝生にシートを広げて座り、
飲み食いをして楽しんでいる。
宗教行事というよりも、もしろ夜桜見物のような賑やかさ。

真っ暗な空に青い光が舞い上がり、
コマのように回りながら落ちていく。
すばやくその光の矢をキャッチすると男が、「3リラだよ。」と勧めてくる。
2リラに値段が落ちたとき、それを買った。

Istanbul 089

少女たちは、シロツメ草のような白い花の冠をしていた。
ふわふわとした髪を可憐に見せる小さな花は、
彼女たちの足を浮き立たせていた。
よく見ると、プラスティックでできている。
のちに通りで、腕に無数の花冠をつけた男と出会った。

Istanbul 093

安宿に帰ったのは、夜の11時ごろ。
夜風が肌寒いくらいだったので、ベッドの中の布団が心地よかった。
夜分にお祈りの声が鳴りひびいて、目が覚めた。
息子も目が覚めたらしい。
朝の散歩に連れ立った。

昨夜の賑わいが嘘のように、静けさを取り戻していた。
東の空が、うっすらと赤みがかかっている。

Istanbul 096

地図で見ると、海が近いらしい。
モスクをすぎて、ホテル街を抜けるとすぐそこは海岸沿いだった。

Istanbul 107

朝焼けが対岸の新市街を黒く浮き上がらせている。
小船に乗った男たちが、大きく手を広げて挨拶をしていった。
たくさんの船が行き交い、それはいかにも貿易の街らしい風景だった。

Istanbul 113

海辺には、たくさんの野良猫が暮らしている。

Istanbul 134

イスタンブールでは有名なブルーモスクも、
アヤソフィアも通り過ぎただけで立ち寄ることはなかった。
偶然に立ち寄った町を、行き当たりばったりに楽しみたかった。
いつかしっかりと目的を持って来たいと思う。



飛行機の搭乗時間は、4時の予定となっていた。
2時過ぎには飛行場につき、
ゆったりと搭乗までの時間を待っていた。
ゲートの向こう側は、搭乗時間が迫ってから荷物検査をして通される待合室になっている。

安心して、これまでの旅の疲れが一気に噴き出したのだろうか。
ガラス張りの待合室を目の前に、
うつらうつらと眠りに誘い込まれていた。
息子は近くで遊びながら、時折、私の足にしがみついたり
肩をたたいたりして起こしにかかる。
ふと目を覚ましても、待合室に一向に変化がないのをいいことに
また眠りについていた。

やがて、何度めかに目が覚めたとき、
掲示板に目をやると、出発時間が目の前に迫っていた。
しかも、搭乗口が変更されている。
息子に声をかけて、荷物をいくつも背負い
空港内を一気に駆けぬけていく。
行けども、行けども搭乗口が見つからない。
通路を右に曲がり、エスカレートを下って、
ようやくたどり着いたと思ったら・・・。

係員の二人が首を振り、
「もう間に合わないよ。」と告げる。
あと1時間でブカレストに着いたはずなのに・・。
息をつく間もなく走って来たので
のどが引き裂かれたかのように痛く、しばらく声が出なかった。

ブカレスト空港でダンナが待っている。
そう思うと、申し訳なくて涙があふれてきた。
携帯電話もなく、連絡のしようもない。

空港内をぐるぐる巡って、チケットを発券してもらい、
また搭乗口に戻ってくる。
ぼんやりと5時間を過ごして、
やっと深夜の便でブカレスト空港に到着した。
深夜の空港には、ぼったくりタクシーしか止まっていない。
仕方なく、空港のベンチで朝まで待つことになった。
息子に今日一日の失態を謝ると、
「飛行場で寝るなんて、面白いね。」と思わぬ笑顔を見せてくれた。



早朝の5時半。
ブカレスト空港の最寄り駅まで、送迎バスで向かうことになっていた。
客は私たち二人だけ。
車を出そうとするとき、運転手がこう声をかけた。
「駅までは上り坂があって、
電車に荷物を載せるのは大変だから
10レイでブカレスト北駅まで乗せていこうか?」
それでも、もう券は買ってある。
大丈夫だと返事をした。

飛行場から10分ほどで最寄り駅に到着した。
日本なら、国際空港に何としてでも列車を直結させようとするのが常識だが、
こういうところがルーマニアらしい。

運転手のおじさんは荷物を下ろしたあと、
私のスーツケースを引いて坂道を上ってくれようとする。
大丈夫だと制するが、それでも手を離さない。
暗い無人駅でおじさんと私、息子の三人が立つ。
「俺はプロイェシュティに住んでいるんだ。
遠いけど・・、仕方ないさ。仕事のためだ。」
手に握り締めていたチップをおじさんに渡そうとすると、
「いいんだ。これは、子どものために使ってあげてくれ。」と受け取らない。

やがて赤く空が染まった方向から、
白い光がだんだん大きく近づいてきた。
キィーという騒々しい音とともに、列車が止まる。
駅のホームと列車の間は、大股でないと届かないほどの距離があった。
おじさんの言っていた「大変」という意味が即座に分かった。
運転手のおじさんは、重いスーツケースを抱え上げて、
列車の中に受け渡してくれる。
礼もいう間もなく、すぐに走り去ってしまった。

私たちが乗り込んだのは、満員の通勤電車のようだ。
通路から中へは入れず、たくさんの人が周りを取り囲んでいた。
隣にいる陽気なおばさんが言った。
「あなたたち、どこへ行くの?」
トランシルヴァニアに住んでいることを話すと、
なお興味津々でいろいろと聞いてくる。

「私はね、パプリカを売っているのよ。
これは辛いのだけど、あなたのご主人なんか好きなんじゃないかしら。
ほら、きれいでしょう?」
見ると、列車の(お世辞ともきれいとは言えない)トイレの中から、
青々と葉を茂らせた見事なパプリカが顔を覗かせていた。
まるで観賞用の植物のように、
緑や黄色、赤など色とりどりで美しい。

同じ村の出身なのだろうか。
おじさんや若者たち、
周りの人たちが仲良さそうに話している。
「もうすぐブカレスト駅に着くけど、大丈夫。
ここに若いのがいるから、手伝ってくれるわよ。」
先ほどからよく話している若い青年は、息子だろうか。

駅に着くと、示し合わせていたかのように
若い男がスーツケースを引っ張り、
後ろにいたおじさんが息子の手をとりながら降りてくれる。
そして荷物を下ろしたと思うと、
その男は忙しそうにすぐに行ってしまった。

私は握り締めていた飴を、おじさんの手に渡した。
「日本の味です。」
まだ列車にいたおばさんに声をかける。
「どうもありがとう。手にキスを!」

ブカレスト駅で小さな買い物をしてから、
今度はブラショフ行きの列車に乗り込む。
後ろからか細いおじさんが何も言わずにスーツケースを抱えて、
列車の中に運び込む。
「大丈夫だ。」とその顔は赤く、どうも酒臭い。

席に荷物を下ろして、おじさんに礼を言うと、
「ああ。土産に何かくれ。10ユーロくらいでも。」
その片目は、白く澱んでいた。
おそらく、その目は見えないのだろう。
お金がないから、これで勘弁してくれと
ルーマニアレイで少しのお礼を渡すと、そのまま去って行った。

31キロのスーツケース、10キロのボストンバッグ、肩掛けかばんにカメラケース。
そして7歳の息子。
どうなることかと一時は心配だった旅も、
たくさんの人の親切に助けられて無事に締めくくる事ができた。

ブラショフ駅に到着すると、、
前の列車で先に着いていたダンナが待っていた。
こうして長い長い旅が終わった。









スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|その他|2011-08-31_15:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ああ・・・長くて大変な旅でしたね~。
空港で眠ってしまったこと、疲れていて・・・よく解かります。
しかし、やはり そちらでは荷物を運ぶことなど 皆さんがよく
手伝ってくれますね。
日本では・・・ご経験通り あまり気持ちの良いカンケイが生まれなく・・・。 決して日本人が意地悪ってことじゃないけど
何なんでしょうね・・・。
ともかく、ご無事で到着されて ホッとしました。
Re: No title
霧のまちさん、ご心配をおかけしました。
今回はいつも以上に疲れましたが、
大変だった分、人の好意のありがたみが身にしみました。

いろいろなことを差し引いても、
やっぱりイスタンブールで降機してよかったと思います。
ラマダーンの夜、海で朝日を眺めたことは忘れられません。

ルーマニアは、きっと予想できない
いろいろな困難が起こりうるから、
それに対する皆さんの理解があるから、
困った人に親切なんだと思います。
ヒッチハイクも、交通の不便なところほど
車が止まってくれるのもきっとそういう理由なんだと思います。
No title
長旅お疲れ様でした。
そしてなぜか懐かしく読まさせてもらいました。
イスタンブールの宿は「Tree of life」でしょうか?
私も'05年と'06年に1か月ほど宿泊しました。
早朝の海岸沿いのお散歩はスルタンアフメット地区すぐ近くの海岸でしょうか?
あの海沿いにもジプシーエリアがあり、毎日のように遊びに行っていたのを思い出します。
そしてあの場所が私にとって初めてのジプシーとの出会いでした。
Re: Re: No title
Sivaさん、コメントをどうもありがとうございます。
イスタンブールのお宿は、そこです。
宿から歩いてすぐの海岸沿いですので、
多分同じところだと思います。
考古学博物館の裏手をずっと回って、イスタンブール駅まで歩いていきました。

あの海沿いにジプシーの方たちがいらっしゃるのですね。
トルコ人の間にジプシーの人たちがいても、
私はあまり見分けがつかないと思います。
ジプシーを追って、もう何カ国も旅されたのでしょうか。
これからも、きっと続けていかれるのでしょうね。
また素敵なお写真を楽しみにしています。