トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ジプシーを巡る旅

トランシルヴァニアへジプシーを求めて旅をする。
これまでも、何人ともなくそういう人たちと出会った。
ブログを通じてお知り合いになったその方たちは、
仕事の休暇を使ってブカレスト空港に降り立った。

ブラショフから、私の住む町スフゥントゥ・ゲオルゲまでバスで向かうことになっていた。
約束の時間を過ぎて、
バスが1台2台と到着してもなかなか姿が見えない。
ようやく一時間がもうすぐというところで、タクシーが一台近づいてきた。

一度東京でお会いした人が乗っていた。
「途中で大勢の人がバスを降りてしまったので、
駅の方へ行ってしまったんです。」
ともあれ、無事に出会えて安心した。

さっそく町外れのジプシー居住区へ。
町の中心から閑静な住宅街をすぎると、不意にその境界が現れる。
4階建てのアパートと、見るからに貧しそうな民家。
その小さな通りの真ん中に、コンクリートの塀が立っている。
これが、ジプシー居住区を示す象徴的なもの。

そこから先は、まさに別世界。
舗装されていない土の道がつづき、
通りは迷路のように入り組み、その間に粗末な木の塀、そして家が立ち並んでいる。
野良犬どころか、豚の親子だって散歩する。

「おい、どこに行くんだい?」
「この間の写真は持ってきた?」
好奇心に満ちた人々と言葉を交わしながら、
知り合いの家を目指す。

エンマおばさんとは、すこし前に近所の診療所の前でばったり出くわした。
踊りを踊ってもらう約束をし、
ウルクーの民俗音楽のテープを探すよう話をつけておいた。
そうして訪ねてみると、彼らの小さな応接間に通されて、
「ちょっと待っててくれ」とおじさん。

テレビやプレーヤーの準備をいじる人、
子どもたちは興味津々といった風でドアの入り口に立っている。
おじさんは今、刈ってきた草を納屋に入れる仕事を急いでいる。

やがて空賑やかな音楽が鳴り響くと、
女の子たちが恥ずかしそうに体を揺らしはじめた。
あれほど、マネレはやめてくれと言っておいたのに・・。
マネレは、ルーマニアのジプシーが好む音楽。
中東系の匂いのする演歌風ダンスミュージックといえばいいだろうか。

女の子たちが一生懸命に場を取り繕うも、なかなか続かない。
おじさんも少しずついらいらしはじめる。
そうしている内に、踊り子のおばさんが登場した。

エンマおばさんは控えめに、
指を鳴らしては体を揺らし、時にくるりと回る。
その踊りは派手さはないものの、熟年の落ち着きを感じさせる。
今度はおじさんとペアで息の合った踊りを見せてくれる。
何曲か踊ると、やがて肩で息をついていすに沈んでしまった。

おじさんは部屋を見回したが、
あいにく妊婦の娘しか見当たらず、仕方なく私に矛先が向かった。
何度か辞退したが、その場を取り持つためおじさんの手を取った。

踊りはほとんどの場合、男性がリードするものであるから、
その上手な踊り手のおじさんの力によって私は右へ左へと動き、
時にくるりと回った。

その後、思っても見ないことが起こった。
ジプシーを見たいと話していたKさんが、私に続いて踊りだしたのだ。
もちろんジプシーの踊りは初めて見るし、
日本でも踊り慣れている訳でないことは見てすぐにとれた。
妊婦の娘からは笑いが漏れる。

ICIRIPICIRI70 150

夏の名残をとどめる太陽の光を拒絶して、
裸電球の光のもと、小さな部屋がダンスホールに変わった。

ICIRIPICIRI70 223

今度は、Kさんに連れられるがままに来たというYさんが、
つられるようにして踊りはじめた。
おじさんを真似して、もの凄い勢いで指をパチパチさせるのに皆が大爆笑。

はじめは義務として踊っていたように見られたおばさんの顔に、
やさしい笑顔がこぼれた。
日本の若者たちの手をひいて、一緒に踊るようにけしかける。
小さな部屋の中でともに踊り、笑うとき、
相手が誰であるのかも忘れてしまう。

ICIRIPICIRI70 194

そうして踊りが終わると、彼らはやはりジプシーとして
自分たちの境遇を話し同情をひこうとする。
日本人のお客たちは十分な報酬を手渡して、その家を去った。



私たちは車を走らせ、小さな村に来ていた。
もともとハンガリー人、ルーマニア人の住んでいた集落が、
ここ2,30年ほどの間にジプシーの人たちに占領されてしまった。
丘の上には、ジプシーたちだけの集落があった。
「この先に行っても大丈夫?」
ジプシーの女性の後について、その小さな村に入る。

ICIRIPICIRI70 243

まだ建てかけの家といった風の、木造の家が立ち並ぶ。
何もない原っぱに、この住民たちは土地を買い求めることもなく、
こうして家を建てて暮らしている。

ICIRIPICIRI70 245

すべて材料は、どこからか見つけてきた。
丸太を組み、泥を塗り固め、布を当てて屋根にしたという家。
冬は-30度を下回ることもある、この地方。
その暮らしは想像を絶するものがある。

ICIRIPICIRI70 257

それでも子どもたちは、
世界中どこの子どもとも何一つ変わりなく笑顔を絶やさない。

ICIRIPICIRI70 247

ルーマニアのほかの民族は人口が減っているのに対し、
ジプシーだけが急激に増加している。
過疎化した村にジプシーが移り住み、
村の風景がどんどん変わっていく。
彼らとの対話が、この国の行く末を決めるのではないだろうか。
そんな気がしてならない。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(10)|trackback(0)|ジプシー文化|2011-09-09_05:23|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
やはり 日本からジプシーに興味を持ってそちらに行かれる方がいるんですね。
凄い家ですね~。びっくりです。
見栄とか 規範とかがほとんど無い民族は 強いのでしょうね。 どんどん広がって行くと聞いて なるほど・・・と思います。 国や自治体でもモンダイにしては いると思いますが打つ手はないのかな・・・?
Re: No title
霧のまちさん、
日本にこういう生活をしてきた人たちがいないせいか、
流浪の民というロマンティックなイメージのためか、
ジプシーだけが目的でこちらにこられる方と何人もお会いしました。

彼らなりの見栄や富の象徴もあるとは思います。
それはほとんどの場合、家そのものではなく、
どちらかというと洋服や電化家具だったりする場合が多いように感じられます。

こちらでもジプシーの女性に
避妊させるように教育をしようとはしていますが、
なかなか難しいようです。
彼らとしてみれば体が育てば自然と結婚して、
子どもをたくさん産むのは当然だと思います。
子ども手当てももらえますし・・。

こちら側の理屈を並べても彼らには通じませんから、
難しいところです。
No title
先日はありがとうございました。

価値観が変わる、という経験をさせていただき今でも鮮明に焼きついています。
一生忘れない思い出を得ました。
そんな中、自分は何を残して生きていくのだろうと考えさせられました。
これからの長い人生の中で少しでも多く残せるよう太く生きていきたいと思います。

谷崎さんはとてもエネルギーのある方で輝いて見えました。
これからも益々活躍されますよう、遠い場所からですが応援しています。
Re: No title
Yさん、コメントをどうもありがとうございます!
日本から突如、あのような環境に放り出されると、
普通は混乱してしまうと思います。
それでも、お二人ともごく自然に人々と接せられ、
楽しまれた様子、私もうれしく思います。

ジプシーの人たちの生活は、私たちの常識とか
これまでの生き方とは違う何かをつきつけてくるようです。
あれだけの状況の中で子孫を増やして、生きていく強さ。そして家族の大切さ。

柔軟に、人に対してお優しく接せられるYさんとご一緒できて楽しかったです。
今後の生活での中で、この旅が生かされていきますように。
またお会いできますのを楽しみにしています。
No title
Yさんに先を越されてしまいましたね^^

自分は、特に深い考えや思いは無く、ただジプシ-を見てみたい、触れ合ってみたいというだけで、今回、谷崎さんにお願いをいたしました。
このような者を快く案内していただき、本当に感謝しております。

お話には聞いていましたが、想像以上のエネルギーを個々人から感じることができ、今まで自分が見てきた人の中で、一番心に残りました。

これまでは、イエメンの旧市街に住む人々に、一番”特殊性”を感じていたのですが、それを超える衝撃を受けることができました。

とても価値のある体験を、ありがとうございました!
Re: No title
Kさんまで、どうもありがとうございます!
かえって、理想的なイメージを思い描いていらっしゃらなくてよかったです。
ジプシーの人たちの普通の生活。
こちらの人たちなら目をそむけたい、
見て見ぬふりをしたいと思う人が多いと思います。

それでも一歩、相手の側に踏み込んだとき、
私たちのように先入観をもたずに接したときに、
こちらの人には見えないものが見えてくるような気がします。

言葉の垣根はありましたが、
そんな風に感じるものがあったことをうれしく思います。
また素敵な旅をつづけてください。
はじめまして!!
今年の春からブログを始めた者です。主な話題にはしてないのですが、最近、音楽話絡みでちょくちょく東欧に触れています。実は20年近く前の事ですが、トランシルヴァニアの踊り(メゾシェーギ、カロタセーギ等)を習っていたことがあり、実際現地へも3回行きました。とても懐かしくなりました。
Re: はじめまして!!
yuccalinaさん、はじめまして。
フォークダンスからハンガリー、トランシルヴァニアに興味をもたれる方は、
とても多いですよね。
20年も前にトランシルヴァニアに行かれたこと、羨ましいです。

ジプシー舞踊についての意見を述べさせていただきました。
Verbunkという徴兵の踊り、
その歴史的背景も含めてやはりハンガリー文化から発したものであることは否めないと思います。
踊りにしても衣装にしても、
ジプシーは他所から流れてきたという少数民族ですので、
どうしても現地の文化を受け入れざるを得ない立場にあったと思われます。
優れたジプシー楽団も、ジプシー音楽というよりは
ハンガリー人やルーマニア人などよその民族に音楽で奉仕することでその立場が認められたというのは事実です。

日本では馴染みのないジプシーが知られるのはとてもいいことだと思います。
ただ少し文化が誇張されて伝えられているのは、やはり指摘していくべきだと思います。

koszonom szepen
ご指摘ありがとうございます!
順番違ってましたか、スミマセーン。ハンガリーやルーマニアの民族舞踊団が、ジプシーの踊りをプログラムに取り入れてて、実際ジプシーの村に行って習ったりしてるという話を聞いたことがあったので、勝手に思い込んでいました。歴史もよく知らないし、知識が浅いので、変なこと書いてたら、指摘してもらえると助かります。
Re: koszonom szepen
yuccalinaさん、どうもありがとうございます。
ハンガリーやルーマニアの民族舞踊団が
ジプシーの踊りを取り入れたり、
またフォークダンスの講習会で、ジプシーダンスを教えていることもあるようです。
もちろん、ジプシーの人たちが自分たちの娯楽のために踊るダンス、
また民謡もあります。
ただVerbunkに関しては、すこし事情が違うようです。

私も間違うことはありますので、
何かご指摘いただけたら嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。