トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

旅のはじまりはジプシーパーティ

数日間の旅にそなえて荷造りをしていたとき、
携帯電話が鳴った。

「私よ、ユディット。
今夜、博物館でジプシーの写真展のオープニングがあって、
学校の子どもたちが出るのだけれど、よかったら見に来ない?」
彼女は町のジプシー居住区、
ウルクーでハンガリー語教師をしている。

私たちは旅のしたくもそのままに、
6時すぎに家を出た。
会場は、去年私たちが主催したアーラパタクの刺しゅう展示会を開いたところ。
セーケイ博物館の寛容の間。

会場にはあふれんばかりの人々。
写真を見て周ることもできないくらいだった。
見慣れぬ顔ぶれが多いのは、ほとんどが外国人のようだ。
その写真展はオーストリアのカリタス、
キリスト教の福祉団体が主催するものだったから頷ける。
中には、地元の新聞社の記者たち、
それにウルクーのジプシーの人たちの姿も見られる。

やがて厳かにオープニングがはじまった。
長い間、カリタス関係者によるドイツ語や英語が飛び交ったため、
退屈したジプシーの代表者が挨拶に現れないハプニングもあった。

その窮屈な空気をかち割るかのように、
子どもたちの歌声が響いた。
くるくるダンスをしながら、会場に入るジプシーの子どもたち。
少年たちは黒いベストにズボン、腰にスカーフを巻いている。
少女たちは色鮮やかなプリーツスカートをひらめかせて。
彼らのダンスショウが華々しくはじまった。

kalotaszeg201110 011

目にもとまらぬ軽快なステップを踏み、
指からは音がはじける。
小さな体からほどばしる情熱的な動作に
私たちの目はしばし釘付けになり、
体が思わず動き出すような愉快な心地でいっぱいになる。

やがて音楽と動きが止まると、
会場には割れんばかりの拍手と喝采がひびきわたった。
先ほどの堅苦しさは吹っ飛び、
いつしか彼らのダンスパーティに誘われた人と化していた。

オープニングが終わると、
隣の部屋ではテーブルいっぱいにご馳走が並び、
目を見張るようなパーティ会場となっていた。
町のハンガリー人の音楽家たちが民謡を奏でている。
あたかも魔法使いが棒をふって、目の前に広げたようだった。

紙のお皿を手にしているのは、知り合いのエンマおばさん。
「ねえ、私踊りたくて仕方ないんだけど、
踊っても大丈夫かしら?お願いだから、誰かに聞いてきてくれない?」
ダンナが博物館の知り合いに話をしに行っている間には、
もう食べ物飲み物で興が高まったのか、
楽団の前で踊りがはじまっていた。

エンマおばさんも負けじと、ショルダーバッグを私の肩にかけ、
黄色いスカーフをおろして、「行ってくるわ。」と踊りの仲間入りをする。
美味しい食べ物を食べ、美しい音楽を聴いて、
じっとしてはいられないというように。
オーストリア人も何人かが長い手足を振り回して踊るものの、
やはり伝統の土地で培われたジプシーのダンスの美しさには敵わない。

こうして何曲もの歌や踊りが入れ替わったあと、
体格のがっしりしたジプシーの男が、
ヴァイオリン弾きに語りかけるように歌をうたいはじめた。
よく通る美しい声を伴奏に、
今度はウルクーでも名だたる踊り手が体を揺らしはじめた。
チャパーシュといわれる手で叩くリズムが、
音楽となって一体化していく。

セーケイ訛りのハンガリー語を母語とし、
セーケイの歌や踊りの文化を受け継ぐ彼らは、
セーケイの魂をもつジプシーなのではないだろうか。
いつまでも鳴り止まぬヴァイオリンの音色とジプシーの歌声、
そしてダンスのリズムがいつまでも瞼にこびりついたまま、
私たちは夜の町を歩いていった。

その日の夜行列車に乗って、
今度はトランシルヴァニアの西へと旅立った。



ウルクーのジプシーの小学生たちによる歌とダンスのコレオグラフィー


ウルクーの音楽家フェリによるセーケイの民謡とダンス
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|ジプシー文化|2011-10-10_17:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ステキな歌と踊りの
動画をアップしてくださって、ありがとうございます。セーケイの歌と踊りを受け継ぐジプシー。聖子さんのブログを読むようになって、やっと彼等の立ち位置を理解出来たような気がします。
Re: ステキな歌と踊りの
ハンガリーフォークダンスをされていたYuccalinaさんに、
ご覧いただけて嬉しいです。

私はダンスには詳しくないし、踊ることもできませんが、
本物の踊りの空気が好きです。
おそらく100年前に、ここ地元のセーケイ人が歌ったり踊ったりしていたものを、
今こうしてジプシーの人たちが受け継いでいることは面白いと思います。

このような本物を見てしまうと、
いくらプロのフォークダンスの踊り手が上手く真似をしても、
やはり興ざめしてしまうんです。
分かりますう
私もYouTubeでは、舞台の為の踊りよりも、地元の人たちが楽しんでいる映像の方が断然好きです。
ところで、質問があるのですが、Csikiというのは地方の名前ですか?それとも村ですか?私はそこの踊りが大好きなんです。トランシルヴァニアの踊りは男女別々の振りのものが多いですが、Csikiは最初男女一緒のステップで、バックスキップするのが凄く可愛いんですよー。
Re: 分かりますう
Csikというのは、同じセーケイ地方なのですが、
私が住んでいるところより北にあります。
上チークと下チーク地方とがあるのですが、
その踊りはどちらなのでしょう。
上はGyergyoszentmiklosの周辺、
下はCsikszeredaの周辺なのですが
その辺りには行かれた事がありますか?

もう今では、なかなか地元の人たちのダンスが見られる機会が少なくなりました。
フォークダンスは、ブダペストなど大都市の若者たちの
趣味のようになってしまったような気がします。
記憶が定かでないのですが
ツアーで寄ったタンツハーズで初めて見て、ずっと気になっていた踊りを、最近YouTubeで発見したのですが、舞踊団の舞台の動画でした。そこで、それがCsiki Tancと分かった次第です。
バスツアーで毎日あっちこっちへ移動してたので、記憶が定かでないのですが、マロシュヴァーシャルヘイに数泊した時に、バスで日帰りしたような、、。
それと基本的な事聞きますが、Csikにiが付くと「チークの」って意味で良いんですよね。k日本語に混ぜて書く時に、カロタセグ?カロタセギ?とかいつも迷ってゴチャゴチャで使っちゃってます。
Re: 記憶が定かでないのですが
Csikiですと、チークのになりますね。
こういう接尾辞の関係のために、
ハンガリー語は日本語に多少似ていると言われるのでしょうね。

今では、プロのダンサーさんたちは
どこの地域の踊りも同じように上手に踊られるので、
もう土着のダンスという観念があまりないのでしょう。
最近は、あのようなステージ化された踊りに
人々はだいぶ飽きがきているようです。

ひとつの村で生まれ育ち、
その土地の踊りを継承する人に1人でも多く残ってほしいと思います。