トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

OSONO-トランシルヴァニアの劇団

日本語を教えている生徒からあるとき、演劇へ招待された。
それは、私たちの住む町シェプシセントジュルジにできた新しい劇団。
ファザカシュ・ミシの監督のもと、集まった少年少女たちが演じている。

タイトルは、「水がその顔を映し出すように」。
聖書からの一説を取ったものであると聞いた。
県立図書館の青い広間に小さなスタジオの観客席が作られ、黒い幕で覆われている。
目の前のステージでは、いすに腰をかけた若い少年少女たちが
時にシャンパンの入ったグラスをすすり、
役柄を演じながら時間をまっている。
暗い舞台の中に蛍光色に光るネオン、
うつろな若者たちの姿が不気味に映し出される。
こうして幕があけた。

めまぐるしく場面が移り変わる舞台には、
現在のルーマニアが抱える、
家族に関わるさまざまな社会問題が映し出されていた。
石を背負い、我が子として抱きかかえる女。
遊戯のなかに皮肉に囃し立てられた声。
人形であそぶ子どもたちは、みな寂しさを抱えている。

最後には、お父さん、お母さんの声が悲痛な合唱となって響く。
各言葉で書かれた「沈黙」のプラカードを席に置き、
演技者たちはそのまま音もなく去っていく。
そうして観客たちもそれに続いた。

演技をする者もほとんどが10代の少年少女だが、
観客のほとんども同じくらいの世代であった。
いすに腰掛けたまますすり泣く声も聞こえた。

資本主義に移行して20年が過ぎ、
EUに加盟して社会は、なおさまざまな困難に突き当たっている。
その中で精神的に取り残された何かがこの舞台の上で蔓延していた。
やがて幕が下りたとき、自分たちがどこに居るのかにはっと気づかされる。


(上演の製作風景)

この上演のフォトギャラリー

OSONOに関しては、面白いことに
宿無しのジプシー老人が暮らしていた
旧セントラルヒーティングの跡地を彼らが買い取り、スタジオを作る計画があるらしい。
2009年の冬に取材したエルヌーおじさんの映像が、
彼らのHPの中でも紹介されている。
あの場所で彼が生きていたことの小さな証として、
ひとりでも多くの人に伝えられるのは嬉しいことである。
私たちに人生を語ってくれたおじさんへの
小さな恩返しになったかもしれない。

orko 157

エルヌーおじさん人生を語る


シェプシセントジュルジの独立劇団
OSONOのHP
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|アート|2011-10-23_14:43|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント