トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

アニコーおばさんの庭

今年最後のうららかな夏日だったころ、
私たちはお姑さんの友人のアニコーおばさんの庭へと招待された。
町のはずれにある土地が彼女の所有地となったのは、数年前のこと。

社会主義時代に長く所有地が没収されて、
その土地が何十年の時を経て元の持ち主に返却されたのは、
体制崩壊からすでに10年以上経ってからだと聞いている。
その頃にはすでに畑を耕す人もいなくなり、
その土地をもてあます人も多いという。

幸い庭仕事好きのアニコーおばさんは、数年前から
花や野菜を植えるため庭造りをはじめ、小さな別荘まで建てた。
週末になると、アパートの立ち並ぶ住宅地を離れて、
自然の中で息をつく。
ここでそういう人は少なくない。

その日の夕方頃、
私とダンナは遅れて、家から歩いてその庭へと向かった。
アパート地区から一戸建ての地区へと変り、
そしてもう家ひとつ見られないようになった。
見渡す限りの原っぱ、すでに収穫を終えた畑が広々と見渡せた。

町のはずれの下水処理所の看板が見える。
「その割には臭わないね。」などと話していたその時、
予想していた臭いが鼻をついた。
そのはす向かいには、ちゃんと小屋が建っていて人が住んでいるようだ。
やがて、それがアニコーおばさんの土地であることが分かった。

入り口から、バラの咲き誇った跡、
さまざまな変った植物が出迎えてくれる。
やがて二階建てのログハウス風の家の前につき、
その裏手ではイムレおじさんが水をまいたり、
ラツィおじさんがお肉を焼いていたりしているのが見えた。

「小さいガキ坊主はあそこだよ。」とラツィおじさんがいつものように冗談まじりに言うと、
井戸のそばで水遊びをしているのが見えた。
アニコーおばさんとお姑さんは、
ちょうど羊毛を洗っているところだった。

anikonenikerte 006

羊の毛が刈り取られると、それをきれいに水洗いし、
汚れを取ってから、きれいに櫛をかける。
それはやがて、暖かな布団の中綿となる。

anikonenikerte 007

昔から、羊毛を入れた布団作りは女性の共同作業だった。
木の枠にとりつけ、上布と下布、そして中綿を合わせて、
一つに縫い合わせる。いわゆるキルティングである。
村によって、また女性によってさまざまな模様が縫い目で表現される。
このキルティングが、今では最も身近な女性の手仕事なのではないだろうか。

anikonenikerte 008

暖かな布団は、村の富の象徴でもあった。
ベッドの上にはたくさんの布団が重ねられて、それから天井までとどくほど枕がのせられる。
それらは、機織され、時には丁寧に刺しゅうがされて、
枕カバー、ベッドカバーなどで煌びやかに美しく飾られていた。

布団の表に使われる布は、必ずシルクのような艶感のある素材。
この光沢こそが、うす暗い民家で暮らす農村の人たちにとって
永遠の憧れだったのだろう。

anikonenikerte 010

社会主義時代に青年時代を過ごしたお姑さん世代は、ほとんどが村の出身である。
それが当時のプロパガンダによって、
たくさんの労働者が町へと移住するようになった。
村からたくさんの労働力が奪われ、
町で機械の歯車のように働かされた人たち。
農業離れの世代である。

やがで老年に近づき、土の匂いが恋しくなって、
小さな家庭菜園を作る人もいるが、
一度町で生活をはじめた人は農家には戻らないのが普通である。

anikonenikerte 013

可愛らしい形のかぼちゃは、観賞用である。
大きなオレンジ色のかさをかぶったキノコのようだ。

anikonenikerte 014

庭の花も、もう黒ずみ干からびてしまった。

anikonenikerte 015

庭に大きく根を張ってのびるバラも、
かろうじて最後の美しさを湛えていた。
これから霜がくると、トランシルヴァニアには色彩が消えて、
雪と氷の世界が再びやってくる。

anikonenikerte 017

オレンジ色の小粒の実は、よく市場でも売られている。
ビタミンCが豊富だそうで、シロップ漬けやハチミツ漬けにされる。
生野菜のまったく取れない冬では、こうしたビタミン源が重宝される。

anikonenikerte 018

ラツィおじさんが焼いた肉やジャガイモに、
畑でとれたばかりの野菜をサラダにして夕食がはじまる。

anikonenikerte 024

暮れゆく空を眺めながら、
秋は確実に消えていくのが感じられた。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2011-10-25_15:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
やがて来る冬の厳しさが感じ取れます。
あのオレンジ色の小さな実は 何でしょうね。
ビタミン補給になるんですね。

ふんわりとワタが入った美しい布団、キルトがきれいです。
天然の羊の毛がはいってるなんて 凄いです。
暖かいし、何年も使いたい素敵な布団ですね。
Re: No title
霧のまちさん、あのオレンジの実は低木になる実のようです。
風邪を引いていたとき、
村のおばさんがこのハチミツ漬けを食べさせてくださったのですが、
本当にすっぱい味の実でした。

キルティングは、日本ではどうしてもパッチワークのイメージで、
できるだけ複雑にしたお飾りのようなものですが、
こちらは必要の美として作られてきたことが
その形からもよく分かります。
寒い冬に、こうした暖かい布団があるということは有難いことです。
村で泊まらせていただいたときなど、
寒い民家の部屋では布団の有難さが身にしみて感じられるのです。