トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

コロンドの夜

太陽は西に傾きはじめている。
村のバス停へ歩いていくと、
帽子をかぶったおじいさんがひとり腰掛けていた。
「次のバスはいつ来ますか?」と尋ねると、
「ああ、次は5時過ぎだって誰かが言ったよ。」
セーケイ人らしくひねりの利いたアクセントが耳を打つ。

背筋をしっかり伸ばし、ステッキを片手にしたおじいさんは、
同じコロンドで降りて、そこからさらに7キロ先の隣村へ帰るところだという。
「歩いては行かないよ。
村は山のてっぺんにあるのだから、ヒッチハイクをしてみるつもりさ。
他はなんてことないけれど、ひざにもうガタがきているからね。」
おじいさんの年齢を聞くと、83歳だという。
とてもそうは見えないと思った通りのことを述べると、
青い瞳がしずかに微笑んだ。

マイクロバスは、私たち3人と、
ほうき作りのジプシーの男を乗せて出発した。
しばらく行って、大通り沿いに
果てしない店の列が並ぶようになると、そこはもうコロンドの中心である。
バスを降りると、右も左も同じような店ばかり並ぶ真っ只中にいた。

「どこに行ったらいいか、分かるのかい?」おじいさんは心配そうに聞く。
「ええ、迎えにきてくれることになっているんです。」
お別れをしたあと、
おじいさんがゆっくりとした足取りで車道を渡っていくのを見守っていた。

村なら通りの名前さえ聞けば、探し当てられる自信はあった。
電話をかけてみると、
「もうすぐ、黒い車が着くので待っていてください。」
車で行かなければならないほど遠くだったのかと、申し訳ない気持ちになる。
すぐに、ピカピカの高級車が私たちの真横に止まった。

車に乗り込んで、運転席の男の手に挨拶をする。
「私が、ガーボル・ガーボルだよ。」
黒い車に、つばの広い黒い帽子、
洋服も全身が黒ずくめ。
電話で話していた印象どおり好感のもてる人であるのを見て、
ほっと安心した。

車は5分ほどで、砂利道の通りに入って
ある家の前で止まった。
「ここが、私の家ですよ。」
コンクリートそのままのまだ新築の家だった。
階段の途中に、背の高いふたりの青年が立っていた。
「私の息子たちです。」

家のソファーには、花柄のスカートに身を包んだ女性が座っていた。
「私の妻、ジュジャです。」
こうしてガーボル一家の居間のソファーに腰を下ろし、
日本の土産物を渡してから、くつろがせてもらった。

主人ガーボルは、これまで会ったジプシーの中でも
一番頭が切れそうな印象を受けた。
「日本では、我々ジプシーのことをなんと呼んでいるのかね?」
日本では英語のエジプシャンを語源とするジプシーという言葉が使われ、
それに最近ロマという呼び名が公式の言葉として入ってきたという事情を話した。

「これまでガーボル・ジプシーと会ったことはありますか?」
姓はみなガーボル。
つばの大きい帽子をかぶり、ロマ語をあやつり、
商人や板金職人として働くお金持ちのジプシー。
内輪意識が強く、決してよそ者と交わらない。

私の知っているものに、ウルクーのジプシーと結婚しているものがいることを話すと、
「そいつはもうガーボルではないね。
そうなったらもう勘当され、親戚一同からも縁を切られるに違いない。」
ガーボルであることは、血を濃く保つことをも意味するようだ。
彼らは、あらゆるジプシーの中でも最上の階級意識を持っている。

私の知っているガーボル・ジプシーと同様に、
彼もまた敬虔なアドベント派のキリスト教徒である。
ロマ語で聖書は読めず、お説教もハンガリー語のため
ハンガリー語を解するのも完璧に近い。

「私たちは、板金職人だよ。
そして時には、ああいうお鍋などを売ったりもする。」
指差すほうを見ると、
棚の上にぴかぴかに光る赤いお鍋がきれいに積み重なれて並んでいた。
「ここルーマニア国内だけじゃなく、
ドイツやオーストリア、ユーゴスラビアなどにも行商に行くんだよ。
その土地土地の言葉も少しはできる。」

商売に関しての彼らの嗅覚は、確かなものらしい。
話題が日本に移ったあとも、
「日本では金はいくらか?」
「銀のアクセサリーを売っている市はあるか?」
などと息子たちが興味津々で聞いてくる。
血縁関係が強く、商売上手で保守的、宗教に敬虔な彼らは、
私の中でユダヤ人のイメージと結びつく。

コロンドは陶芸の村として有名なところ。
いつからここにジプシーたちが住むようになったのだろう。
たくさんのコロンド名産の焼き物を袋に入れて、
ガーボルは暗くならないうちにと、
近所の窯へと私たちを連れて行ってくれた。

暗い夜道で、ロマ語の会話をするものがガーボル・ジプシーで、
ハンガリー語で話すのが定住ジプシー、
つまり一般的なジプシーであることが分かった。
「彼らは、しつけがなっていない。
まったく我々とは違うんだよ。」

Kolond 025

若いお嫁さんは無言で、
食事の支度をしたりベッドの用意で忙しい。
ガーボルに限らず、ジプシーの家では
家の仕事はあくまで女性任せなのが一般的のようだ。
グレープフルーツの輪切りやら鶏肉の胸肉を焼いたものやら
ドンと激しく音をたててテーブルに並べられる。
あくまで無愛想だ。

たかのてるこさんの旅番組「ジプシーへようこそ」の上演会がはじまり、
いろいろな解説を含めて見ているうちに夜が更けてきた。
私たちは普段は若夫婦が寝室としている部屋に通され、
そこで眠りについた。
赤々と燃えていた暖炉の火もいつしか消えて、
朝の空気の冷たさが眼をさます。

ガーボルたちは深夜に遠出のために家を出たので、
家は息子と母親のふたりきり。
礼をのべて家を出た。

青い空に朝日が高くのぼってゆく。
空気が凍るような冷たさの中、
昔ながらの古い民家の前にジプシーの女性と子どもたちが
きれいに並んでこちらをにこやかに眺めていた。
「どこへいくの?」
「どこか窯を見にいきたいんだけど。」というと、
子どもたちは我先にと道案内をはじめる。

Kolond 191

「きのう、ガーボルさんところに泊まったんでしょ。
あそこはうちの親戚だよ。
お金がこんなにあるんだよ。」と無邪気な少年は大人びたように
手を高く上げてみせる。

「あなたたちもガーボルなの?」と尋ねると、
「そうだよ。」と胸をそらして答える。
「まだ帽子はないけれど、12歳になったらもらえるんだ。
どこか外国から持ってきて、一個100ユーロもするんだよ。」
少年は快活そうな黒い瞳をくるくるさせて答える。

ちいさなガーボル・ジプシーの雛たちは、
途中まで私たちを見送ったあと、
おしゃべりをしながら道を引き返していった。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2011-11-03_18:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
なんか・・・物語を読んでいるような気がします。
現実離れと言うか。
ひとの家に泊まること・・・日本とは何となく違った
雰囲気ですね。
いろんな経験をされますね~、聖子さん。
Re: No title
霧のまちさん、
「事実は小説よりも奇なり」と読んだことがありますが、
日常から少し離れた世界が、
意外なところに転がっているような気がします。

私にとって、その非日常の世界は
ジプシーの生活であることが多いです。
ウルクーにしろ、エルヌーおじさんにしろ、
このガーボルたちにしろ。

自分の常識とは違う中で生活している人たち。
足を踏み入れるのは冒険ですが、
それが不思議と忘れられない経験になるような気がします。