トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

オジュドラのダイヤモンド

無機質な灰色の空から
弱々しい光りが差し込んでいた。
ただでさえ寒い日なのに、
ときおり吹いてくる風に身震いがする。
小さな村の外れの風景は、ますます心細さを煽るばかり。

ozsdora 003

私たちは、こんな寒い週末の日にオジュドラという村を目指していた。
その村の近くの川原には、「オジュドラのダイヤモンド」と呼ばれる石があるそうだ。
もちろんダイヤモンドといっても本物ではなく、水晶のことだ。
そんな宝探しじみた気持ちでバスに飛び乗り、
こうしてはるばるケーズディ地方までやってきた。

町外れでヒッチハイクを試みたはいいものの、
運転手は村の名前を間違えて別方向に連れて行った。
こうして私たちは目指す村から遠ざかってしまった。
5,6キロ歩いて分岐点へと引き返して、
さらに先へ進まなければならない。

ozsdora 009

ほんとうに村までたどり着けるのだろうかという不安な気持ちを抱きながら、
とにかく歩くしかない。
寒さを見越して、上から下までいっぱいに着こんできた。
息子が根を上げないかどうかが心配される。

二つ目の村で道を尋ねると、
左手に曲がるとオジュドラ方面であるという。
村の中心で足をとめ、しばらく車を待つ。
運がよくやってきた車には、運転手のおじいさん一人しか乗っていないようだ。
ヒッチハイク成功。
あたたかい車の中でほうっと息をつき、
冷えた手をこすり合わせた。

「知り合いでも訪ねにいくのかね?」
こんな寒い中を歩く人も珍しいらしく、おじいさんが尋ねる。
ダンナは、私たちがダイヤモンドを探しにきたことを告げた。
「あれは、雨が降った後が見つかりやすいそうだ。」
おじさんは言った。

村の中心に着くと、旅行者向けの看板が立っていた。
それによると、村を通り過ぎて山の中に入ったところにあるそうだ。
青い十字のマークの道案内に沿って、私たちは村の奥へ奥へと進んだ。

ozsdora 011

かつては美しかったであろう古い民家が崩れ落ち、
朽ち果てていくのを見るのは哀しいことだ。
割れた窓ガラスの中に、
家を守るようにして張りつけられた刺しゅうのクロスが痛々しい。

ozsdora 012

歩いていくうちに大きな村であることが分かる。
青い目印は、時に右に左にと場所を替え、
木や鉄柱へと移り変わりながら、
私たちを宝のありかへと案内してくれる。

ozsdora 018

家はやがて途絶えた。
寒空の下、山並みが青々と色を投げかけて浮かんでいる。

ozsdora 019

昼をとうに過ぎてから、ようやく太陽の光らしいものが届く。
ずっと歩いてきたせいもあり、ぐるぐる巻きにしたマフラーを取った。

道の端を小川が流れている。
小道はその小川をとびこえて、さらに先へとつづいていた。
光りが川の流れを照らすと、思わぬまぶしさに目がくらんだ。
冷たい流れの表面には、
まるで屈折する光りのように薄い氷が張っていた。
ダイヤモンドにも負けない、その輝き。

ozsdora 031

いくら走りとびをしてみても、とうてい超えられそうにもない川の幅だった。
大きな石をいくつか並べて、飛び石のようにして渡ると、
ひっそりと寂しい森の入り口が待っていた。

落ち葉をいっぱいに落とした森の道は、
のぼり道となって先へと続いている。
土が所どころ削り取られたようにして、
小さな小石の形をあらわにしていた。

土色の地面を目を皿のようにして、
米粒のような小さな輝きを逃すまいと凝視する。
この気の遠くなるような仕事にしばらく熱中をしたものの、
すぐに諦めの色が出てきた。
その時、ダンナが「あった。」と叫んだ。

その手のひらを観察すると、
米粒というよりゴマ粒のように小さな透明の欠片が確認できた。
こすって見せると、
四方八方がきれいにカットされた宝石そのもの。

この発見で、私たちの士気も一気に上がった。
崖の小石をほじったり、落ち葉を払ったりして探していると、
日陰のために体がじんと冷え込んでくる。

やがて、「見つけた。」という息子の声が響いた。
満面に笑顔が広がると、石よりもそちらの方が嬉しかった。
その小さな手の中には、先ほどのより大きな透明の石があった。

ozsdora 040

こうして小粒の宝をふたつ袋にしまうと、、
元の道へと引き返した。
もう日はオレンジ色を帯びて、
日暮れ前の様相をしめしていた。
11月ともなると、一日が過ぎていくのがあっという間だ。

元の長い道のりのことを想い、うんざりとしていると
後ろから馬車がやってきて止まった。
山で木を刈ってきたおじさんが、
「さあ、乗りなさい。」と自分の腰かけていた席を譲った。

ここで大丈夫と私は木材の上に座った。
男たち三人がいすの上に腰を下ろすと、
おじさんは馬車を走らせる。
毛並みの美しい茶色い馬は、
時にカッポカッポとやさしく音をこだまさせ、
時に激しく地面を叩くようにして駆けていく。
移り変わる家並みをぼんやり眺めながら、
その音に心地よく耳を傾けていた。

ozsdora 043

おじさんは言う。
「あそこの山沿いのバイクのレース場を見てごらん。
あれを見なきゃ、ここに来た価値はないよ。」
「あの家を写真に撮りなさい。売りに出ているよ。」
村の人たちが誇りに思うものは、
私たちの価値観とはすこし違うようだ。

ozsdora 046

思わぬ馬車の旅を味わった後は、日が暮れない内に足を急がせる。
村の中心でヒッチハイクをすると、すぐに車が止まってくれた。
二人の少年がタバコをいっぱいにふかして、煙たかった。
町へ行きますかと尋ねると、
タバコをくわえたまま素直そうな瞳をこちらに向けてうなづいた。

車を降りるときにお金を差し出すと、こういった。
「その子にチョコレートでも買ってあげてください。」
こうして幸運がつながって、
不可能のように思えた道のりも魔法のじゅうたんに乗ったかのように、
難なく進むことができた。

いったい美しいものの価値は誰が決めるのだろう。
滅多に手に入らないもの、高いお金で取引きされるものを
私たちは疑うこともなしに良きものと決めているのではないだろうか。
その小さなダイヤモンドの輝きは、
いつでも寒い一日の冒険を思い出させてくれる。

gyemant.jpg



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|自然、動物|2011-11-17_00:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
うわぁ!!これは本当の意味でのダイヤモンドですねー。まさに宝物^^。
No title
心に残る旅でしたね。
それにしても 寒い日・・・道に氷が張ってますね~。
息子さんは こんな日の事を絶対に忘れないで
人生の大事な宝になると思いますよ。
水晶 私の実家近くにも昔 ありましたよ。
よく採りに行きました。 懐かしいです~。
Re: No title
この水晶を見てKotomiさんを思い浮かべました。
まるで削ったような形のまま見つかるなんて、驚きです。

ブログを見させていただいたのですが、とても素敵な本ができましたね。
ご自分でも楽しんでテーマを選ばれながらも、
きちんとプロのお仕事をされているのに心から尊敬します。
これからも完成度の高い写真ブログを楽しみにしています。
Re: No title
霧のまちさん、もう11月は寒いですよ。
有り触れた場所なのですけれど、
知らない場所に出かけていくことは
思いもよらない経験をもたらしてくれます。

私は小さい頃に鉱石や化石などには
一切関心がなく育ったので、こういう経験はしませんでした。
それでも、大人になってはじめてのことに出会えるのは
子どもがいるおかげだと思います。
今は買ったものだけで満足するような経験が多いと思いますが、
なるべく別の充実感を子どもに与えてあげたいです。
oszi szel...
Seiko chan,
nagyon szep a foto. nagyon hihanyzol seiko. sokszor rad gondolok. de kar csak egy het tudok pesten maradni..es nem tudok at menni hazatok latogatni. ide es oda ez mi sorsunk...puszi!! kicsikam,majd talalkozunk valahol...
nagyon buszkem rad...a hidegben...es huj a szel....
ziton
Re: oszi szel...
Szia, Zitonka!
Koszonom szepen a latogatast!
Milyen kar, hogy csak keveset maradtok Pesten..
Nem baj, majd meglatogatlak Tajvanba jovore.
Nekunk is hianyoztok nagyon.
Sokszor emlekszem vissza, amikor Miyazakiba jottetek.
Amikor lipinkaztattad Nicolat es Balazskat.

Sajnos, itt nagyon hideg van.
De milyen jo lett volna kirandulnank egyutt,
meleget foznank, sotnenk tesztakat...

Meg beszeljunk e-mailen! Puszi. Seiko