トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

冬のはじまり

冬は足音を忍ばせて、やってきた。
季節外れの濃い霧が、朝から晩まですっぽりと街を包みこむ。
湿った空気はからだの中を少しずつ凍りつかせていくようで、
すこし息苦しかった。

そんな日が、何日もつづいた。
ある朝、目が覚めると、
いつもの風景が真っ白に縁取りされているのに気がついた。
木々の細く入り組んだ枝の一本一本、
葉っぱの一枚一枚が丹念に描かれた絵画のようだった。
上から降ってくる雪によってではなく、
大気中の水分があらゆるものを一気に凍り固まらせた、そんな感じ。

その日は久しぶりに青空がよみがえり、
まぶしいほどに太陽が強く照りつけた。
そうして、みるみるうちにあの美しい白い絵模様を溶かしてしまう。
木の枝から、冷たいしずくがとめどもなく落ちてくる。

ICIRIPICIRI83 135

日陰では、氷の粒がしっかりと張りついているが、
消えてしまうのも時間の問題だろう。

ICIRIPICIRI83 136

キッチンの窓から見える、枝垂れ松。
黄色いとがった葉を一面にまとったその姿は、
毛皮をかぶった動物のようだ。
雨のようにぽたぽたと落ちる音とうららかな陽気は、
まるで春のはじまりを思い出させる。

ICIRIPICIRI83 139

季節のはじまりの雪景色が、
これほどに悦ばしく感じられるのはどうしてだろう。
ふだん見慣れたものが新鮮で、
いつまでもこの純白の景色が残ってほしいと願う。

ICIRIPICIRI83 150

もうすぐ11月も終わると、
雪と氷の季節がいよいよやってくる。

ICIRIPICIRI83 152
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2011-11-24_20:59|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ワァー もう冬のようですね。 寒そう・・・。
雪は 辺りを銀色に包んで 世界を一変させて
くれますが そのあとが大変ですね。

こちらは寒いと言っても 大したことはありませんが
きょう、石油ストーブを出しました。
頂いた クリーム、重宝していますよ。
乾燥してカサカサの皮膚にならないよう
毎日愛用しています。
Re: No title
霧のまちさん、もうすっかり冬景色になりました。
この雪もその日ですっかり溶けてしまいましたが、
また新しく雪が降るでしょうね。

雪景色は初めはほんとうに美しいのですが、
3月頃になるともう飽き飽きしてしまいます。
そして雪の溶けたあとは、コーヒー色に濁って
あまり良いものではありません。

クリームお使いいただけて、嬉しいです。
こちらは日本の二倍は乾燥していますので、
化粧水もクリームもぬったとたんに水分が吸収されるような感じです。
だから、こちらの人たちは年齢よりも年とってみえるのかもしれません。