トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

降りつもる雪とクリスマス

12月は子どもたちにとって、楽しみの多い月。
6日には聖ミクラーシュが、プレゼントを手に子どもたちのところを訪れる。
よい子にはお菓子でいっぱいの袋、
わるい子には玉ねぎと木の枝を・・・。
ほとんどは、お菓子も木の枝ももらうのが普通のようで、
子どもたちはその年一年の自分の行いを省みることにもなる。

アドベントのリースにろうそくの火をともし、
クリスマスのコンサートに耳をかたむけ、
町のイルミネーションを見て胸をおどらせ、
オーブンからただよう焼き菓子の匂いがいっぱいに満ちて・・。
あっという間に、クリスマスはやってくる。

今年、晴れて小学生になった息子は、
クラスのクリスマス会に参加した。
手作りのランプに、ろうそくのほのかな光が落ちる。
ステージには、天使さながらの白い服に身をつつんだ子どもたちの姿。

karacsony2011 010

歌をうたい、詩を朗読して、
貧しい人たちに施しをした聖人フェレンツの物語を演じる。
凍える人には服やブーツを、
飢える人には食べ物を・・。
今のように、物でいっぱいにあふれる社会で生まれ育った子どもたちに、
クリスマスの本当の喜びがわかるのだろうか。

karacsony2011 014

深夜に雪が降りはじめた。
真っ黒な闇の中を、ふわりふわりと羽根のようなちいさな塊が
次々と地面に舞い下りてくる。
そんな夜は、外に生命を感じさせる。
朝起きて、一番に見る銀世界の美しさは言葉にならない。

karacsony2011 020

太陽ははかなげに輝いて、
白い世界をやさしく照らし出した。
冬の短い一日が、しずかに流れていく。

karacsony2011 022

灰色の冬に白色が加わると、
どうしてこんなにも美しいのだろう。
いつもの見慣れた風景が、いつもとは違う。

karacsony2011 023

博物館の裏手に見られる、赤レンガの廃屋。
新しい展示場ができるという話を聞いたものの、
手付かずに残っている。
このままでいい、という気もしないでもない。
新しい何かが本当に必要なのか、よくよく考えてみる必要がある。

karacsony2011 024

雪が次第に、透明な氷へと形をかえていった。
あたたかい太陽で雪が溶けていく、みずみずしさが好きだ。
水のしたたる音が、春を待つ心にはじけてしみわたる。
これから幾たびも雪が降り、溶けては
この大地を洗い流すことだろう。

karacsony2011 028

2011年の年の暮れが、
こうしてしずかに幕を下ろそうとしている。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2011-12-29_04:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。

昨年は、東京と大阪の展示会場でお話をさせていただき、いろいろご教示いただきましてありがとうございました。

また、お目にかかれるのを楽しみにいたしております。
Re: あけましておめでとうございます
ギシュクラさん、
明けましておめでとうございます。
昨年は、ほんとうにお暑い中
東京、大阪会場ともお越しくださってどうもありがとうございました。
こちらこそ、有意義なお話をすることができ、
とてもうれしく思います。
また展示会の際には、ご案内をさせてください。
お目にかかれますのをこちらも楽しみにしています。