トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

1月のそり日和

あつぼったい灰色の雲が
天から無数の白い粉をふらせて、
もう何日が過ぎただろう。
乾いた冬の大地を、真っ白な雪が覆いつくすと、
私たちの世界は一変してしまった。
大地に新たに生命が宿ったような、
何ともいえないわくわくした感じがする。

szanko 014

子どもたちは我先にと外へ飛び出し、
真新しい雪の感触を手で確かめたり、
お互いに冷たい雪の玉を投げつけたりして遊ぶ。
いっしょうけんめいに何かを作っている少年たち、尋ねると
「ネコの落とし穴を作っているんだよ。」との答え。

szanko 022

その日は、友人家族に誘われて、
町のはずれにそりをしに出かけた。
キャンピングカーに、子ども5人と大人4人を乗せて出発。
なだらかな丘が隣の村まで続く原っぱは、
夏には羊の放牧が見られていたのが、
雪が降ると、一面がそり場に変身する。

szanko 023

すでに何組かの家族が来ているようだ。
キュッキュッと片栗粉を踏みつけるような音をたてて、
体を雪に沈ませながらやっとのことで丘を登りきる。
「やあ。」とそこら辺にいる人たちが声を掛け合い、
ようやく、ブラーガ家の友人たちであることがわかった。

子どもたちはその急な坂を物怖じもせずに
そりで一気にすべり降りる。
クラシカルなそり型のものから、自転車型のもの、
プラスティックの円盤やちりとりのような形のもの・・・。
色とりどりの形もさまざまなそりが大集合している。

szanko 027

太陽はいつの間にか姿を消し、
白くにごった雲の向こうから弱々しい光を投げかけている。
丘の向こう側は林が広がり、ここをずっと突きぬけると、
ブラーガ一家が家を建てていた原っぱにたどり着く。

szanko 029

「ヴルジェルベ(谷の手前)へはもう行ったの?」
かつて彼らが家を建てていた原っぱ。
そこにはおととしの秋にジプシーの人たちが入り、
彼らの工具を根こそぎ奪っていってしまった。
そして、残された藁の山も昨年には火がついて燃え尽きてしまったという話だ。

「いいや、まだ行っていないんだ。
そうだ、行ってみようか?」とボティが尋ねる。
みんなの意見がまとまり、
新しいそり場を目指して出かけることに決まった。
子どもたちは仲良くそりにまたがり、
その列車を大人たちが引っ張っていく。

szanko 032

子どもは、楽しいことの前では寒さも疲れも感じないものらしい。
私もできることなら、一瞬でも彼らの年に戻って、
この雪の世界を楽しみたいくらい。

szanko 038

体についた雪をかきおとして、車に乗り込む。
町にいったん戻った後、
西へ進むとセントキラーイ村が見えてくる。
村のはずれの教会を過ぎた原っぱの向こうに彼らの土地がある。
すでにそり場と化した村の通りでは、
そり馬車が行き交っていた。

szanko 044

村を一望する丘には、
まだ手付かずの雪がたっぷりと残っている。
一番にすべる雪は、先のそり場に比べると滑りが悪く、
確かに物足りないかもしれない。
彼らが家を建てはじめ、
いくつもの夏をいっしょにすごしたこの土地は
何ものにも換えがたいものがある。

szanko 047

まだ冬ははじまったばかり。
子どもたちの好きな雪の季節はまだまだ続きそうだ。
スポンサーサイト

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(12)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2012-01-26_19:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

北の国の
寒さにひるまぬあなたは偉いです!
Re: 北の国の
どうもありがとうございます。
たまにはひるむときもあります。
肉体的に辛いというよりは、
精神的に冬の長さ、太陽の光に恋しい方が強いかもしれません。

日本でさえ
動くのが億劫になるんですが寒さに負けないコツはなんでしょうかД゜
Re: 日本でさえ
かえって暑さよりも、寒さはある程度なれることができると思います。
衣服で調節ができますから・・。

あとは好奇心でしょうか。
外にでて何かをしたいという興味があれば、
寒さも感じないと思います。
はじめまして
はじめまして、いつもあなたの素敵なブログを拝見しております。
私も一度だけみやこうせいさんのご案内でルーマニアを訪れました。
秋だったのでまだ暑かったのですが、今はすっかり銀世界の様ですね。
これからもいろいろな村々を紹介してくださいね。楽しみにしております。
Re: はじめまして
松田さま、はじめまして。
コメントをどうもありがとうございます。

みやこうせいさんとご一緒にルーマニアをご訪問されたとのこと、
きっと素晴らしい風景や人々との出会いがあったことと思います。
こちらで生活してもう4年になりますが、
あの有名なマラムレシュ地方でさえまだ行ったことがないんです。
そう思うと、まだまだ知らない素晴らしい場所がたくさんあるのでしょうね。

しばらくはこの寒さですので遠出はできませんが、
また暖かくなってから出かけたいと思います。
我が家には車もありませんが、
電車やヒッチハイク、歩きで気ままに動くのがまた楽しいです。
No title
いつもながら 冬の真っ盛りの寒さに負けない遊びに
感動です。  大きなソリも素敵ですね。
スキーやスノボなど すぐに高価な道具が浮かんでしまう
日本の冬とは 一味違いますね~。
こう言った雪の風景があるからこそ 春の新芽や土が
嬉しいのですよね。
Re: No title
霧のまちさん、はじめの年は冬のあまりの長さに
春は二度と来ないのではないかと思うほどでしたが、
ようやくこのサイクルにも慣れてきたところです。

こちらでは社会主義時代の名残でしょうか、
娯楽にお金をかけないということがとても魅力だと思います。
もちろん息子の学校でも、スキーキャンプに相当の額を払って
子どもを送り出すようになってしまいましたが・・。
こういう昔ながらの素朴さが失われないようにしたいですね。

No title
谷崎様
ルーマニアに住まれて四年もなるのですね。今年の日本は大変寒いです。ルーマニアはもつと寒いのではと思います。一昨年の9月15日から28日迄ルーマニアに行きました。デルタ、ブラシヨフ、シギシヨウㇻ、シビウ、クルージユ,ナポカ、マラムレツㇱ湯ウ地方。みや先生はマラムレツㇱユウが大のお気に入りのようです。ほとんどの村を歩いたそうです。ポイエ二村で泊りましたㇳランシルバニアとマラムレツシユウの民族衣装が全然違いました。是非マラムレツㇱウにも足を運んでください。
Re: No title
松田さま、
昨年の秋に行かれたばかりなんですね。
10日ほどで、それだけの地方を訪ねてこられたのですか。
マラムレシュは、ここからですと遠いので、
いまだに訪れる機会がないままです。
私もひとつマラムレシュのブラウスを持っていますが、
裁断のやり方が変わっていて、面白いです。
たくさんの美しい衣装が見られるのでしょうね。

No title
雪が積もったので子供たちと調子にのって橇遊びをしていたら、
杭に激突して足を怪我してしまい、街の病院に連れていかれました。
そしたら他にも橇で怪我して来た子供がちらほら…
おかげで帰国が伸びたことがありました。
でも楽しくてやめられないですよね!


Re: No title
そりは結構危ないみたいですね。
よく車で引いているのを見ますが、
友人も足を折ったといっていました。
そり遊びで帰国を延期なんて、大変でしたね。
私も数回はすべりますが、やはり子どもたちのようには遊べません。
子ども時代にこんな雪を経験していたら、
もっと冬が好きになれるのでしょうけれど。