トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ビクファルバのお屋敷

私の住む町にもうひとり外国人女性が暮らしている。
とはいっても、彼女の故郷は隣国ハンガリーのブダペスト。
ルーマニアの中のハンガリー文化圏であるこの町は、
彼女にとって外国とは呼べない近さがある。

レーカは、ブダペストで美術史を勉強した後、
ハンガリーの文化遺産保護協会で働きはじめ、
トランシルヴァニアに残された古いハンガリーの教会や屋敷などを視察しにやってきた。
そこで、画家のアルパールに出会い、結婚をした。

彼らはやがて、ある村で売りに出ている一軒の屋敷に出会った。
「ほかにも興味を持っている人がいるんだけどね・・。」
と持ち主が言うので、あわててブダペストへ戻り、
自分のアパートを売りに出して、ようやく手に入れたという家。

共産主義時代に貴族の所有していた屋敷や土地は荒らされ奪われてしまい、
トランシルヴァニア地方の貴族文化も一時断絶してしまう。
その屋敷も、元の持ち主の手に返されたときには
ぼろぼろに荒れ果てていたのだろう。
せっかく自分の手に入った先祖の屋敷や土地も、
没落してしまった貴族の子孫にはどうにもすることができない場合もある。

彼らの家もはじめはひどい状態で、住めたものではなかったらしい。
何年もかかって、丁寧に修復をかさね、
ようやく昨年のクリスマスに暖をとれるほどにまでなった。
あたり一面が真っ白な雪で覆われた土曜日、
私たちはそのお屋敷へと招かれた。
白い風景の中に、漆喰の白さが際立ち、
現実味がないほどに美しい芸術品のように見える。

bikfalva2012jan 013

1830年の年号が刻まれた、石造りの門。
太陽と月はセーケイの紋章で、
木彫りのセーケイの門にもよく見られるモチーフ。

bikfalva2012jan 017

門から一歩すすむと、
細く白い枝の隙間から夢のように美しい家が姿をあらわした。
赤レンガ色の1791年という文字が、
黄色がかった古い壁の上になまなましく
その生を強く主張しているようだ。

bikfalva2012jan 024

一同息をのんで、
その白々とした壁をすみずみまで眺めている。
「その窓の飾り部分は、左右対称でなくて
ひとつ間違えがあるんだけれど、そのままにして修復したんだ。」
と迎えにきたアルパールが言う。
貴族に属するものでありながらも、
そのナイーブな感性に思わず笑みがもれてしまう。

bikfalva2012jan 033

家に入ろうとしたところ、赤ちゃんがちょうど眠ったところだったので
村の散策に出かけることにした。
ビクファルバには、貴族のお屋敷が4、5軒もある。
そのうちのひとつには、別の友人の両親が住んでいる。
昔からの持ち主が住んでいる場合もあれば、
町から移り住んだ知識人階級の人たちが買い取る場合もある。
どちらにせよ、古い家の改装はたいへんお金がかかるということだ。

bikfalva2012jan 038

古くからの壁絵をそのままに、丁寧に修復されている。
ここでは失われつつある貴族の文化、
だからこそ価値の分かるものが大切に守ってゆかなければならない。

bikfalva2012jan 042

アルパールが足を止めていった。
「この村で面白いのは、
こんな風に小さな小道がたくさんあるということ。」
白い小枝がびっしりとトンネルのように覆っている小道には、
そりの跡がついている。
ここを一気に駆け抜けたら、さぞわくわくとするだろう。
先が見えない小さな道は、子どもならずとも
大人である私の冒険心をもかきたてた。

bikfalva2012jan 043

先ほどの石造りの大きな門のところから、
その屋敷の壁づたいに教会のそびえる高台の方へと向かう。

bikfalva2012jan 046

この教会には面白い話があるそうだ。
昔19世紀に、牧師さんがそれは立派なオルガンを注文したそうだ。
そのオルガンがあまりに大きすぎて、
教会の中に入りきらなかった。
そこで牧師は思いついた。
そうだ、教会の入り口を壊して、中にいれるしかない。
こうして、新しいオルガンと引き換えに、
教会の古い壁は壊されて、今にその跡をとどめていない。

bikfalva2012jan 059

足がすべらないように用心するには、
一歩一歩にしっかりと重心をかけて歩むこと。
雪国で生活しているにつれて学んだことだ。
その丘をのぼり終えたとき、
身を寄せ合い、からみ合った木のか細い腕の合間から、
巨大な教会の塔が目の前に開けた。

bikfalva2012jan 054

教会の後ろには古い墓地がある。
この木立はさらに先へと続いている。
今度は、道が細くなって下り坂。
急な坂を下ると、今度はモミの木立が曲がりくねって、
先へと誘導してくれる。

bikfalva2012jan 061

こうしてビクファルバを一回りして、
レーカたちの待つ家にたどり着いた。
厚い木でできた扉を開いて中へ入ると、
冷えた体をあたたかい空気がほうっと包みこんだ。
「よく、来てくれたわね。」
と出迎えにきたレーカの頬に、
私の氷のような頬がそっと触れる。

部屋の中には、
まだ生活をはじめたばかりの新鮮な空気が立ちこめていた。
「このツリーはね、村の森からもらってきたの。
小さいけれど、この村で過ごすはじめてのクリスマスのいい記念よ。」
ちょうど目をさましたばかりの赤ちゃんをあやしながら、レーカが語る。

bikfalva2012jan 067

「村の知り合いが、そり馬車に乗せてくれるというんだ。」
体が温まってきたところだったが、
息子はそり馬車と聞いて寒さも忘れてしまったらしい。
暖炉の火で乾いた洋服をふたたび身に着けて、表に飛び出す。
やがて、遠くからかすかに鈴の音が聞こえたかと思うと、
だんだんと馬車が近づいてきた。

bikfalva2012jan 081

二頭の馬に引かれた大きなそり。
シャン、シャンという鈴の音と、あたたかそうな羊の毛皮がかかった荷台。
あまりに幻想的な光景に見とれてしまう。
まるで、魔法使いが不思議な力で送り届けてくれたかのよう。

bikfalva2012jan 082

二頭の馬の首には、素敵なアクセサリーがかけられている。
「いいチェングー(ベル)ね。」というと、
「いいや。こちらがベルで、それは鈴だよ。」と村の青年がいう。

bikfalva2012jan 087

気がつくと、息子は誰よりも先に後部席に座っている。
「さあ、座りなさい。」
私たち6人がどうにかギュウギュウ詰めで座席に落ち着くと、
そりが勢いよく出発した。

bikfalva2012jan 090

シャンシャンと心地よい音を奏でながら、
半ば夢心地で雪と氷の道をすべった。
上下にはじけるように揺れる馬車と比べて、
そり馬車は船に似ていると思った。

ところどころ雪が大きく残っていたり、
解けはじめてみぞれのようになっていると、
そりがガシャガシャと音を立てて突きあたり、
馬がすこし苦しそうに足取りをゆるめたりする。
そんなときは私も顔をしかめて、彼らの苦しみを思った。
私たち6人どころか、連れの村の青年3人組も座っているから、
きっと相当な重さだろう。

私たちはいつしか村を出て、あぜ道に来ていた。
左には見渡す限り、白い原っぱが広がっている。
「ほら、鹿が見えるよ。」と指の指すほうには、
小さな黒い塊が白い雪の中にぼんやりと見えるようだった。
平原の冷たい風が、横顔に容赦なくたたきつけてくる。
しっかりと帽子をかぶり、反対側の山の方に顔をそむけた。

8人の大人とひとりの子どもをのせたそりを引き、
二頭の馬が隣村を一周してビクファルバに戻ってきた頃は、
空はうっすらと暗くなりはじめていた。

bikfalva2012jan 123

やがて、馬が動きをとめた。
友人宅の門の前に戻ってきて、
足を休める馬の体を見ると、真っ白な湯気のようなものが濃く立ちのぼっていた。
それが、汗のせいだと気づくのに時間がかかった。

誰かが私たちを運んでくれる。
そのものは、時に疲れ、弱音をはき、
そして時にはのどが渇き、食べ物を欲する。
冷たい空気の中にもくもくと立ちのぼる蒸気と、
彼らのつややかにぬれた体を見たとき、
言い知れぬ感謝の気持ちが湧きあがった。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2012-02-01_00:18|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
谷崎様
素適な雪の風景ですね。馬のソリなんて絵本に出てきそうな風景です。息子さんの赤い衣装が白い雪の風景にとても可愛いです。カロタセグ地方にお屋敷があるんですね。りぱな門で素敵な外観ですね。見た目はメルヘンですが長い冬は大変ですね。
Re: No title
松田さま、
コメントをどうもありがとうございます。

一面が灰色でいかにも寒々しく見えますが、
まだこの頃はちょうどよい寒さでした。
かえって今のように空が晴れ、
雪が降らないくらいに気温が下がるのは氷点下20度くらいです。

こちらのソリは村の男の人が
家族で楽しむために作ったものです。
こういう冬の楽しみは心が和みます。

ここはカロタセグ地方からはずいぶん遠いのですが、
もともとハンガリー帝国時代に特権身分の与えられたセーケイ人と呼ばれる
ハンガリー人が住んでいる地方です。
そういう昔の名残で貴族の屋敷なども多く見られます。
No title
東京の展覧会ではいろいろお話聞かせて頂きありがとうございました。
今日の東京はかなりの冷え込みでした。
雪のルーマニアは、心配していたより温かくてほっとしたのを思います。
馬車も橇も懐かしいなあ。
Re: No title
TOMOKOさん、ご無沙汰しています。
こちらも毎日寒いですが、
あたたかい室内に入ったときの部屋のぬくもりが
また冬のよさでもありますよね。

今年は雪の量が多く、こんなときにそり馬車は便利ですね。
町でもベビーカー代わりにそりが活躍しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。