トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ブカレストの唐人町

朝、息子を送り出したあと、
携帯電話が鳴った。
友人の父親が、これから仕事でブカレストへ向かうところだという。
日本から送ってもらう食材もそろそろ尽きてきたころだったので、
ブカレストの中華市場で買い物をしたいと思っていた。
あわてて支度をして家を飛び出した。
また雪がちらほらと降りはじめたところだった。

「雪が降っていたから先週の金曜日には出かけるのをやめたんだ。
そしたら、またこの調子だよ。」
友人の両親は、お菓子の工場を経営している。
月に何度か、品物を卸しにブカレストへ行かなければならない。

ちいさな町を出ると、
見渡す限りに真っ白な原っぱが広がっていた。
ちいさな町をいくつも通り過ぎ、国道を進むと
30分ほどでブラショフの町にたどりついた。

灰色がった青色をした山々が見る見るうちに近づいてくる。
このカルパチア山脈の間には、
プレデアル、シナイア、ブシュテニなどルーマニアでも名高い避暑地が連なっている。
進むにつれて、だんだんと雪の量も多くなるのがよく分かる。

iciripiciri85 001

1時間以上かかって、ようやく山脈の向こう側に出た。
もうここでは雪はすっかり溶け、
ここ数ヶ月味わっていなかった太陽の光の熱さに驚く。
平べったい土地にぽつんぽつんと並ぶ村々。
おもちゃのようなブリキの屋根が光でぎらぎらと照らされている。
トランシルヴァニア地方から東に出ると、
彼らハンガリー人は、自分たちがいよいよ「よそ者」であることが感じられるという。
ヨーロッパではなく、あそこはバルカンだという人もいる。

ブカレストもまぶしいほどの晴れた空で、雪がほとんど解けはじめていた。
途中、ホームメイドチョコレートやケーキなどの品物を
お得意さんのところで卸したりしながら、
私の目指す中華市場の前までやってきた。

二年ほど前に来たときにはなかった、
けばけばしい中華風の門がどんと構えている。
前にはじめてここに来たときには、
その巨大さに驚きあきれたものだ。
巨大なショッピングモールのような建物が全部で8つもあり、
どこを見ても同じような中国製衣類の店が立ち並んでいた。
真新しい建物の中に、荷台をひいたおじさんが
豆腐やら葱やらの食材を売り歩き、
退屈した売り子の若者たちが
その辺でヒマワリの種を食べ散らかしていたのも印象的だった。

今回来てみると、かつての活気がどこにもなく、
8つあった建物は3つになっていた。
中をのぞいてみると、半分以上にシャッターが閉まったまま。
人に聞き、ようやく目当ての食材店を探し当てる。
二つほどの棚にいっぱいに並んだ醤油瓶や見慣れないスパイスを注意深く吟味したあと、
買い物をしてその場を去った。

iciripiciri85 003

10年ほど前、隣の国ハンガリーのブダペストにも巨大な中国街があった。
それが今ではほとんどが姿を消して、
かつての跡地にはモンゴル人やベトナム人などがお店をしていると聞いたことがある。
ここルーマニアでも、
あれほどの中国人やお店がまるで魔法のように姿を消してしまった。
巨大な敷地と、立派な門だけがどこか不釣合いに立ちそびえている。

ルーマニアからも、西ヨーロッパやアメリカへと出稼ぎに行く人が跡を立たない。
私たちは渡り鳥のように、
ひとつの場所からまた別の場所へと飛び立つ自由があるのだが、
その姿がどこか哀しいものに見えるのはどうしてだろう。
逆に、一度も村から出たことのなかった
ダンナの祖父母の顔は満ち足りた表情をしていた。
空っぽのだだっ広い市場で、
今の世の中の不思議を考えざるを得なかった。





スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|その他|2012-02-19_18:50|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ロマンですねД
Re: タイトルなし
こういう感傷をロマンと言えるのかどうか分かりませんが、
目先のこと(お金や利益だけ)しか見えない人が多くいるのは残念なことです。


寂れましたか!
2009年にルーマニア人のさる御家に10日間ほど滞在した時、日本食を作ることになって、この中華街へ買い出しに行きました。

寿司を作るための酢とあんこを作るための小豆。

カルフールで巻きずしを作るための海苔や米は手に入ったのですが、酢と小豆はない。

この中華街でそれらしい酢と小豆モドキ?を購入。ご飯は炊飯器などはないので・・・普通の鍋で・・・。
中に入れるネタには困ったのですが…卵焼きときゅうりとカニカマなどで・・・なんとかしました。

でも驚いたのは・・・この中華街の巨大さ。
衣料品などが格安で売られていました。
でも・・・欲しいような物は売られていませんでした。

そうですか・・・この中華街が寂れていたんですか・・・・・(^_^;)
お久しぶりです
私はマレーシアに1年半程住んでいたことがあるのですが、その時に中国人の「お金好き」は身に滲みて感じました。商売のチャンスとあらば、どんなとこへでも出て行って、勝機がなければサッサと撤退。ドライで合理主義だと思いますが、政治的に不安定だったお国の歴史を考えれば、生き残るために培ってきた知恵がDNAに組み込まれてるのでは、とも思えます。土地への思い入れよりも、お金優先に考える事で、強くなったのかもしれません。
Re: 寂れましたか!
はじめまして、ムスケさん。
この中華街にこられたのですね。

二年ほど前は、この中華街自体も大きかったし、
食料品店ももっと種類が充実していました。
値段もとても安くて、ルーマニアではなかなか手に入らない
東洋食材ということで重宝しています。
ただ中華街がこう景気が悪いと、
この食材店もなくなってしまうのではないかと心配です。

フォークダンスをされているのですね。
現地の方々と交流ができていいですね。
Re: お久しぶりです
yuccalinaさん、お久しぶりです。
私はまだアジアの国にどこにも行ったことがないので、
中国人もここヨーロッパで会っただけです。
ヨーロッパのどんな田舎にも中華系のお店はあるのに、
まったく現地の文化に溶けこまないようなイメージがあります。
もちろん、ブダペストで留学していた友人もいましたが・・。

日本人と比べると、ずっと積極的に
言葉が通じない外国にも飛び出してしまう。
やはり国の歴史的背景によるところが大きいのかもしれません。

寂しいことに今のルーマニアの若者も、
中国人の事情とはまた違いますが、
ルーマニア人、ハンガリー人であるというルーツを簡単に捨てて、
西欧やアメリカにあこがれて出て行く人が多いです。