トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

クペツの楡(ニレ)の大木

謝肉祭がおわると、
幾分、太陽の光もあたたかさを増してきたようだ。
積もり積もった雪も少しずつ溶けはじめて、
長い冬のトンネルももう終わりに近づいているのが感じられる。

日曜日の昼ごろ、
バスに揺られてエルドゥヴィデーク(森の地方)へ向かった。
一年に一度、ひとつの木が選ばれて、
その年を象徴する木としての称号が与えられるのだが、
昨年はクペツのニレの木が選ばれたという。
今度は「ヨーロッパの木」の投票が今まさに行われているところで、
午後に祝典が行われる。

エルドゥーヴィデーグ(森の地方)は、森に囲まれた高原のような地形である。
自然が美しく、人々も素朴で大らか、
郷土愛にあふれるというイメージがある。
昨年に生誕100年を迎えた、民話収集家クリザ・ヤーノシュもここの出身である。

小さな村の中心では子どもたちがブラスバンドの練習をしているところで、
村の人たちも幾人か集まりはじめていた。
人でいっぱいになる前に木を見に行こうと歩きはじめる。
大木というと日本では神社がまず先に思い出されるが、
その木があるというのは村のはずれであるそうだ。

やがて家がなくなり、見渡す限りの白い平原が現れると、
冷たい風が吹きつけてきた。
冬の洗礼によって、前へ進む気力が萎えてくるのが感じられる。
それでも、雪野原の中にひとつ大きな裸の木のすがたが確認できると、
そこを目指して歩みを進めた。

KOPECI SZILFA 173

ニレの木で、ここまで大きな大木になるのは珍しいということだ。
樹齢400年の木と言われている。
Szilfaとだけ聞いて、あまりピンとこないのは私が南の出身であるためだろう。

KOPECI SZILFA 187

線香花火のように、無数のか細い枝が広い空にその腕を広げている。
まだ春の兆しは宿っていないようだ。

KOPECI SZILFA 189

やがて小型バスが到着し、村の人々もやってきた。
幼稚園のグループだろうか、
子どもたちが手をつないで、小さな体でその大木を抱きしめていた。

KOPECI SZILFA 194

今日の祭典の目玉は、友人のペーテル・アルパールによるアート・パフォーマンス。
巨大な氷のひき臼が作られ、その間には麦が巻かれている。
「昔、この場所には粉引き所があって、
そこで毎日のパンの糧が作られていたんだ。
村の人たちが寄り集まって、おしゃべりしてね。
そこから発想を得て、臼をひくという行為を
ひとつの儀式として皆でやってみたらどうかと思ったんだ。」
アルパールがこう語る。

KOPECI SZILFA 186

300kgもあるという氷に穴を開けて、四方からロープで縛りつける。
ブラスバンドの演奏や博物館館長による話で幕が開いたあと、
いよいよその臼を回すときがやってきた。
子どもたちがわっと集まって紐を手にしたほかは、めぼしい大人の姿は見えない。
それでも力を込めて紐を引くと、
氷の臼がゆっくりと回転をはじめた。

KOPECI SZILFA 218

しばらく回すと子どもたちは疲れてきて、縄を離してしまう。
地面に落ちた縄に足をとられる子どもたちを見て、たまりかねて私も参加した。
臼の周辺で回す分にはいいのだが、
円周から離れると当然のようにたくさん歩かないといけない。
縄に引かれて、雪ですべる足元を小走りのようにして駆けていくと、
すぐに息が切れてしまう。
助けを求めようにも、村の人たちは遠巻きに眺めているだけだ。

「君、もっと臼の近くで回さないと。
皆が、臼でなくて君を引っ張っているようなものだよ。」
と冗談まじりに館長のゾルターンが声をかける。
先ほどまで凍えるように寒かったのが、
臼のおかげで今は汗ばむように暑い。

息子はというと臼を回しながら、
氷の上に巻かれた麦を手でつかみとり頬張っていた。

KOPECI SZILFA 233

美しい氷の臼は、残念ながら麦をひくのには適していないようで、
回転する間に下に落ちてしまったものが多かったようだ。
それでも、その皆の手で回すという行為そのものが美しい。

KOPECI SZILFA 232

昨年の「日本の日」のイベントでお世話になったエディットは、
しきりに氷の臼のアイデアに歓心していた。
「この作品の形がなくなってしまうのは、本当に残念だけれど、
この麦の粒のいくつかが芽を出してくれたら素敵でしょうね。」

KOPECI SZILFA 249

かつて村の人々の寄り集まる場所であった粉ひき所はもうないけれど、
このニレの大木が人々を呼んでくれるといい。
やがて祭典が終わりに近づくと、
厚い雲の合間からわずかに太陽の光が差しこみ、青空さえ見えてきた。

KOPECI SZILFA 250

やがて春になると、
その弱々しい枝にも無数の若葉が芽を出すだろう。
雪国の木は、一年の半分は眠ったままだが、
だからこそ生命の輝きがいかに貴重なものであるかがわかる。

KOPECI SZILFA 239

あたたかいそよ風が若葉をゆらす春、
草のにおいが立ちこめる夏。
またいつか、この場所に来たいと願った。

KOPECI SZILFA 259

クペツのニレの大木の投票が、
日本時間の水曜日の朝7時まで有効です。
こちらのページから、メールアドレスと表示される英字(白い枠の中)を入力して
送信ボタン(緑のボタン)を押すだけで完了です。
(のちにメールアドレス宛に届く、メールの中に確認リンクがありますので、
それで最終的に投票が受け付けられます。)

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2012-02-28_06:40|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
木の周りを囲む子供たちが まるで天使のようですね。
風景がとても美しくて夢のようです。
大きな楡の木・・・日本でも大きな木は
ご神体と言われて崇められますね~。
Re: No title
霧のまちさん、
日本ほど古くて大きな木はこちらにはあまり見られませんので
樹齢400年の楡の木がこちらでは珍しいようです。
森も美しいですが、
やはり日本の神社の森のような神聖さはあまり感じられません。

むかし粉引き所があったころは、
村の人たちが木の下で集まってどんなにか和やかな風景だったかと偲ばれます。