トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

蘇州の朋友

私が3日間過ごしたのは、
水郷の町にふさわしい運河の近くの小さなホステルだった。
1日目が終わって、宿に戻ると
同じ部屋に眼鏡をかけた若い女性がベッドに荷物を広げていた。
私を見るとすぐに中国語の挨拶が口をついて出たが、
「私、中国語できないの。」というと、すぐに理解したらしい。すぐに英語で返事が返ってきた。
「今日行ってきたところが素晴らしくてね。
西糖というんだけど、ほらこの写真見てよ。美しいでしょ!」
彼女はその観光地の写真を見せては熱烈にその美しさを褒めたたえ、
買ってきたお土産のをひとつひとつ取り出して見せ、
「あなたも絶対に見に行くべきよ!」と締めくくった。

Cocoの出身は、北朝鮮やロシアと接する中国最北端の黒竜江省。
彼女の携帯が鳴ると、
これまで聞いたこともないような耳に心地よい響きの中国語で話しはじめた。
「私、あなたの中国語が好きよ。美しいわ。」と心から言うと、
「少しインターネットで勉強してみたんだけれど、
発音がそれは難しくて・・。」

すると彼女は、大学で外国人のための中国語教師養成の学科に通っていたことを話した。
「いい、中国語の母音はA,E、I、Ü、U、Oとあって・・・」
この発音は、こういうの。ほら、言ってみて。うん、上手じゃない!」
すでに彼女は教師に早代わりしていて、
いつしか中国語個人授業がはじまっていた。

「ところで、明日の予定は決まってる?」
こうして、私たちは明日の行動をともにすることになった。
彼女は綿密な旅の計画をすでに立てていて、
まず清代の庭園を見に行き、食事をともにし、
別の庭園に行ったあと、夜は運河のクルーズに乗り、
三輪タクシーで古い建築の残る一角へ。
思いがけず、定番の蘇州観光を夜おそくまで満喫した。

庭園の竹林を見ているときに、こういった。
「竹は中国文化において、これを示すものなの。」
彼女の書きとめは文字には、「徳」とあった。
「そのまっすぐな形のために人の心の正直さを表していて、大切な要素なのよ。」

zhenzhou 224

「孝」についても、話題になることがあった。
「こんなこときっとアメリカ人に言ったって通用しないだろうけど、
私たちは旅行に行くときには必ず、家族や親戚にお土産を買っていくわ。
何だっていいけど、その気持ちを表すことが大切なの。」
私たちの親も祖父母も、そのご先祖さまの代からずっと知っていること。
私たちの血の中にも、同じ道徳がしっかりと流れている。

日が傾きかけたころ、彼女にこういったことがある。
「私ね、中国人は日本人のこと嫌いだと思っていたのよ。
だから自分が日本人だと言うのが、すこし怖かった。」
すると彼女は私の目をまっすぐに見すえて、こういった。
「あなたが中国人を好きなら、私たちだって好きだわ。
でももし中国人を嫌いなら、私たちだって嫌いなだけよ。」
心の中にひとすじの陽が差し込んできたような気がした。

zhenzhou 201

「中国人の声が大きいのはね。
そもそも人口が多すぎるからなの。
だって、これだけの人がいるんですもの、
大声で主張しなかったら誰も聞いてはくれないわ。」
東京の地下鉄の中は静かだと話すと、
「だって、日本は人が少ないから。」と彼女は当然のように言う。

食事のときに食べ物を散らかすというのは、私も聞いてはいた。
彼女も平気な顔で、お肉の骨などをテーブルの上に落としている。
ふと私が箸から取り落とした唐辛子を、
お皿のすみにそっと置いたのを彼女は不思議な視線を投げかけていた。
「日本では食べ物をテーブルに置いたりはしない?
中国ではね、テーブルに落ちたものは絶対に拾ってはいけないの。」
ここでは、浄と不浄の基準が違うのだ。
常識は国境を越えたら通じない。
これからは自分の習慣を変えていかないとと感じた。

彼女と過ごした数日間でさまざまなことを学び、
中国が驚くほど近くなった。
そして、最後の日の早朝、
ルームメイトたちが眠っている部屋をしずかに抜け出し、
動車組の出発する中心からひどく離れた西駅へとタクシーを走らせた。
次の目的地は、徐州。
いよいよ有名な観光都市から遠ざかり、内陸部へと近づいていく。


スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|中国ひとり旅|2012-04-06_12:14|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
とても理知的な素敵な女性とお話されましたね。
ホント、常識と言うのは様々で それはその地域の
気候や環境によるものですね。
それを知らされるのが 旅なんですね。
聖子さんが ヨーロッパの中で 少し噛み合わなかったもの…
東洋の空気を吸うことで 別の違和感はあるものの
腑に落ちることも多いはずです。
今後の展開が楽しみです。
Re: No title
霧のまちさん、
ひとり旅のいいところは、人との出会いだなとつくづく思いました。
同じ時期に同じ部屋になるという縁で、
二日間もいっしょに行動しました。
ひとりの人との出会いで、その国のイメージがぐんと良いものに変わる。
私よりも大分若いのですが、
たくさんのことを教えてもらいました。
ある文化の常識の違いを見たときに、
その背景を考えることって大切ですよね。

日本との違いもたくさんありますが、
ヨーロッパ生活の後だったので中国がとても近く感じられました。
不便な思いもたくさんしましたけれど、
それも含めて旅の面白さだと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。