トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

徐州の二胡弾き

江南の水田の風景を、高速列車が北上をしていく。
だだっ広い見渡す限りが平面の風景は、
日本よりもむしろヨーロッパのそれに近いのだろうか。
枝ばかりのか細い木々が、一定のリズムで目の前を流れていく。
すると突然、乳白色の霧の中に信じられない光景が浮かび上がった。
上から下まで真っ白い衣装に身をつつんだ人が3人ほど
盛り上がった土の墳墓のまわりを回って歩いていた。
それはほんの一瞬だったけれど、
夢から目覚めたあとのようにぼんやりとした心地のまま、
写真で切り取ったようにはっきりとした残像がいつまでも目の奥から消えなかった。


徐州という町は、蘇州と同じく江蘇省に位置する。
古くは彭城(ほうじょう)と呼ばれる。
秦の始皇帝によって統一された中国初の帝国が10数年で滅びた後に、
楚(そ)の国の首都とされた町である。
項羽と劉邦の戦いとして有名な楚漢戦争の、重要な場所でもある。
歴史の旅の幕開けとして、この徐州を経由することにした。

漢王朝時代にも楚国として発展していたため、
皇族の墳墓もこの付近には多数見られるという。
町について、駅前でふらふらとホテルを物色して
ようやく部屋に落ち着いたあと、
町のはずれにある亀山漢墓を目指した。

墓の中に入ることができる、
石を積みあげた大きな洞窟の中に探険家のような気分で足を踏み入れる。
墓室の中に立ち昇る無数の削り模様は、
はじめ鍾乳洞のような年月の風化によるものだと思っていたが、
その模様が人為のものであることを知ったとき、
魂の安住を願う古代人の想いが痛々しいまでに感じられた。


バスの停留所へ向かったとき、
いすに腰かけて楽器を弾いている人の姿を見かけた。
あわただしく行きかうバスや車の騒音、
乗り降りする人の雑踏でともするとかき消されそうな音色と歌声に、
どこか心が惹かれた。
かばんからそっと小型ビデオを取り出して、撮影をはじめる。
目まぐるしく移り変わる町の風景とは一線を画する、
音楽によって生みだされたひとつの空間がそこにあった。

歯切れのよい独特の節に魂から搾り出すような声、
そして哀愁ただよう二胡の音階が重なり合う。
ビデオを構えていると、隣に立っていた中国人男性が身振りで
「撮っていると、お金をたかられるよ。」というようなことを合図する。
あわてて電源を切った。

バスがやってきたがどこか後ろ髪ひかれる思いで、
ずっとその場で演奏を聴いていた。
突然ぷつりと糸が切れたようにその手をとめると、
男は立ち上がって、のそのそと道路の方へ歩いていってしまう。
道路の真ん中で用を足した後、
またこちらに戻ってきた。
杖で段差をたしかめながら、慎重に歩く姿を見て
彼が盲目であることを確信した。
段差を注意深く、杖の先で確かめてから
やっとのことで元のいすに腰をかける。

手探りでいすの下にある荷物をたぐり寄せたので、
もう帰り支度をはじめたと早とちりをしてしまった。
近くに寄って慣れない言葉で、思わずこう話しかけていた。
「演奏 シテクダサイ。
5元、ハライマス。」
私の中国語が通じなかったのかどうなのか、
しばらく無言でパイプをくゆらせたあと、
古い木の板のようなものを
その強靭とは言いがたい足にひもで結びつけはじめた。
すぐに、それが楽器であることに気がついた。

男はパイプをふかしながら、
二胡の弦をゆっくりと弾きはじめた。
足に結んだ木の板が左足の動きにあわせてかち合い、
二胡の演奏に軽やかな拍子をつける。

zhenzhou 329

通行人たちは一見無関心のようで
次々と二胡弾きの男の前に小銭を落としていく。
演奏に心を動かされたのか、それとも身なりの貧しそうな男を哀れんだのだろうか。
アルミ銭が高く鳴り響くたびに、
男は歌の合間をみては「謝謝。」と小声でつぶやく。

今では中国を代表する民族楽器で高級な楽器である二胡だが、
もともとは農村に生きる貧しい人たちが演奏した楽器だったと聞く。
盲目の男の鳴らす二胡の音色と、
何かの物語を聞かせるような調子の唄を聴いているうちに、
その楽器の原点を見たような気がした。

zhenzhou 325

財布からお札を一枚取り出し、
小銭でいっぱいの箱の中に置いた。
盲目の男は、終わりのない物語を語る琵琶師のように
同じメロディーをいつまでも歌いつづけていた。
バスを待つのはやめにして、駅前のホテルへと足を向けた。






スポンサーサイト
comments(3)|trackback(0)|中国ひとり旅|2012-04-12_09:09|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
すごい熱演ですね~。  何か 物語を唱っているようですね。
足を使って鳴らすリズムも 生きていました。
それにしても 中国では街角の奏者に ちゃんと
お恵みを与えますね。  私も以前 そういう所に
居合わせました。   日本では なかなかしないんですよね。
Re: No title
霧のまちさん、
言葉が分からないのが残念でしたが
それでも何か伝わってくるような演奏でした。

何気なく音楽を聴いていた通行人の方々も
きっと感じるものがあってお金を落とされたのだと思います。
私も普通の生活の中ではなかなか足を止めないでしょうが、
こういうたびだからこそなお気もちがひかれたのだと思います。
そういうコミュニケーションが、素直にとれるようにしたいものです。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。