トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

留坝の張良廟

雨の洛陽(ラクヨウ)で風邪を引いてしまい、
西の都、西安にたどりついた時にはずいぶん悪化して二日間も寝込んでしまった。
もう滞在日も少なくなったので、
最後の力を振りしぼって漢中へと向かった。

西安は、有名な始皇帝の秦から数えて
唐時代まで首都とされた歴史都市である。
秦の時代には咸陽(カンヨウ)と呼ばれ、
項羽と劉邦がその本拠地をめざして争った。
結果、劉邦は秦嶺山脈を越えて南の漢中へと左遷された。

当時は蜀の桟道とよばれる険しい道を通らなければならなかったというが、
今や山脈にはいくつものトンネルが掘られ、高速道路が突きぬけている。
漢中に近づくと、まぶしいほどに黄色い菜の花畑や
真っ白の手を広げたようなコブシの花が迎えてくれた。

僻地に追いやられ苦渋をなめた劉邦は、数年後ふたたび咸陽をその手におさめた。
漢中周辺には、その当時の歴史を伝える場所が残っている。
さらにバスを乗り継いで、留坝(リュウバ)という山間の町を目指した。
山が迫った道を、右へ左へくねりながら進んでいく。
左手には、明るい緑色した湖がどこまでもつづいている。

留坝は、漢中から宝鶏のちょうど中間あたりにある。
その近くに留候鎮と呼ばれる村があって、
漢の高祖(劉邦)の軍師、張良が祀られている廟がある。
張良は謎の多い人物で、韓という国の宰相の家に生まれるが、
その後、国を滅ぼされた恨みから秦の始皇帝の暗殺を謀ったこともあった。
暗殺に失敗したあと、今度は劉邦の漢を助けて秦を滅ぼし、
ついに天下を統一する帝国を打ち立てた。
漢の功臣として知られている。

後の三国時代におこった五斗米道の祖として知られる張魯が、
張良を祖先として祀ったのがこの廟の起こりであると言われている。
寂しい山間の村に着いたときには、もう日が暮れかかっていた。

ryuba 022

おみやげ物やが何軒かならんでいるほかは、何もない小さな村。
廟のとなりにホテルがあると聞いていたので、
がらんとした建物を覗いてみるが、内側から鍵がかかっている。
何度かいったりきたりして、
しばらくすると受付の人らしき姿が見えた。
扉をどんどん叩くと、やっと気づいて鍵を開けてくれた。

体の小さな、人懐こい笑顔の女性が迎えてくれた。
どうやら私のほかに宿泊客はほとんどいないらしい。
中庭に入ると、たおやかな姿の白い像が立っている。
後に留候に封じられた張良のことを記した、
史記の留候生家の終わりにはこう書かれている。

「張良の経歴を考えると、壮大魁偉なものとばかり思っていたが、
その肖像を見たらまるで美しい女性のようだった。」

はじめ高祖はその功をたたえて広大な領地を与えようとしたが、
張良は辞退し、高祖とはじめて出会った留の町だけで十分だと言ったという。
漢の世になると、一切政治からは身をひいて、
神仙になるための修行に励んでいたと伝えられている。
その謙虚な精神のために後世の人々からも讃えられ、
また道教の聖人として祀られるようにもなった。

ryuba 008

病み上がりだったが、髪を洗いたかったのでシャワーの蛇口をひねる。
どうしたわけか、いつまでたっても冷水のままだ。
表に出ると、予想通り、私の部屋のほかには一部屋しか明かりがついていない。
山の合間にうかんだ真っ白な満月が、ほのかな光で像を照らしていた。
受付のおばさんに問題を告げると、
「いい場所があるから。」と月明かりの中を手をとるようにして
シャワーのある部屋へと案内してくれた。

鳥のさえずりで目が覚める。
もうすでに、日は高く上っていた。
急いで身支度をすませ、一番に廟の方へと向かう。
どっしりとした石造りの門は、これまで見た建造物の中ではかなり古そうだ。

ryuba 018

ryuba 015

入り口に入ると、原色に彩られた道教の建物があった。
施しをしないので道士に白い眼でみられつつ、先へと進む。

ryuba 028

曲がりくねった石の回廊。
直線的な日本の美学に対して、
こちらでは曲線の美を至るところに見出すことができる。

ryuba 116

円形にくりぬかれた入り口を入っていくと、
うすぐらい竹林の中へと導かれる。

ryuba 068

せまい石段をのぼっていくと、遠くに山々が見渡せた。
留という町は、ここからはるか東の江蘇州にあったという。
どうして、こんな山奥に祀られているのだろうか。
一説によると、張良は仙人修行のために
この人里はなれた山間に潜んでいたと信じられている。
世界遺産として有名になった張家界も、張良の墓があるという言い伝えがある場所。
天下が治まった後に、次々に功臣が粛清されていったのに対して、
張良だけは身を清く保ち、最後まで疑われることがなかった。

ryuba 081

張良が住んでいたといわれる、小さな洞窟がある。
中に入ると、長い黒髭をたたえた像が座禅をくんでいた。
真っ赤な布が聖人の頭から、左右の従者の方へと垂れている。
数多く見た像の中でも、もっとも神秘的なもの。
あの激動の20世紀の歴史をもくぐりぬけてきたことに、ひそかに感謝した。

ryuba 080

李白をはじめ、数多くの文人に彼の功績は讃えられた。
石段にも詩が刻まれ、雨風にさらされながらもその形をとどめている。

ryuba 108

老子は言っている。
富や名声は一時のものではかない。それよりも魂の気高さを求めるべきだと。
荘子は言っている。
あくせくと身を削って生きるのではなく、真の自由をもとめるべきだと。
老荘の思想を、身をもって示した張良の生き方は
現代の人々の目にはどう映るのだろうか。
中国の西の片隅で、2000年以上の時を越えて信仰される廟にたどりつき、
言い知れぬ達成感をおぼえた。

ryuba 098

スポンサーサイト

Theme:海外旅行記
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|中国ひとり旅|2012-05-07_00:18|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
張良廟の写真、とても綺麗ですね!
ホテルの外観は13年前と変わっていませんが、
シャワー付の部屋ができていましたか!^^!

他の写真・記事もとても良かったです。
張良洞の方々もとても優しくて・・・T_T

色々な方々と出会い、ゆっくりと交流も持たれた
素敵な旅行で、非常に羨ましいです^^
Re: No title
愛良さま、わざわざご訪問くださってありがとうございます!
おかげさまで無事に張良洞にも張良廟にも行き着くことができました。

張良廟は、インターネットでとても古い白黒の写真を見つけて(おそらく50年以上前のものです)、その神秘的な様子に惹かれどうしても行きたくなりました。2000年をこえて、人々の張良に対する深い愛情が深く感じられ、満足でした。
シャワーはついていたのですが、温水も出ず、部屋の中はすごく寒かったです。

張良洞のおばあちゃんはやさしくて親切でしたので、お写真を送りました。
う州の辺りは、村のような小さな集落も古くてよさそうだったので、またいつか行きたいところです。

バスで1元足りないときに自然に差し出されたり、
朝ごはんをおばあちゃんにご馳走になったり、
警察官に恵んでもらったり、通りがかりのお兄さんに車で駅まで送ってもらったり。
数え切れないほど人に助けられました。
こちらからだと遠い国ですが、また行きたくてたまりません。